michigan's

〜my everyday life, とりあえずの日常〜

10/6 実家にて、いくら丼のお昼、鯛めしの夕。お墓で遭ったもの。

2019-10-07 20:22:51 | うちごはん
日曜日の午前中は、
諸事情により昨年の年末から行っていない気がする、実家のお墓参りに行って来ました。

ちょうど甥っ子が帰っているから、
男手があるというのを口実に、
いろいろ無理してやろうとする母が行くことを阻止し、
妹、甥っ子、私の3人でf^_^;


帰って来てからはすぐお昼の準備。
前日醤油漬けにしていたいくらが、
い〜ぃ感じに漬かっていました(^^)



一人分はこんな感じ↓






私は夕方には自分の家に帰ることになっていたけれど、
前日の買い物で生の鯛を買って来ていた手前、
夕飯のためにそれを責任持って料理することに。

お頭は煮付けに、
残りの部分は、焼いてご飯に炊き込み、
妹と一緒にかなり丁寧に骨を取り分けて、
鯛めしです。





その他のおかずは、
長芋、みょうが、にんじんの豚バラ巻き、
れんこんのきんぴら、
だし巻き卵、
昆布の佃煮、
レタス。

…実は私、
ここまで作りはしたけどこの夕飯は食べていませんf^_^;

お墓参りですごく汗をかいた後にいろいろなものを飲んだりしていたので、
あまりお腹も空いておらず、
食べずに実家を後にしたのです。

一人だと品数が揃わない最近の自宅での食事のために、
豚バラ巻きとレタスをしっかり持って帰る用意をしていたのにーーー‼︎

…それを入れたクーラーボックスを、
まるごと実家に置いて来たorz

家では、TKGと納豆を食べましたf^_^;



実はこの日のお墓参りですごいものに遭遇しました!

10ヶ月近くもお墓掃除に行かなかったために、
低いながらも山のところにある実家のお墓は、
隅々が落ち葉の山!

それを取り除くべく、箒で掃いたり掻き集めたりしていたところ、
落ち葉が取り払われたところから、ゴソゴソっと動く大きな黒い物体が!

ここからは、虫がダメな方はスクロールなしでお願いいたしますf^_^;






















そやつは↓



もしやG⁉︎

しかしでかい。
体長4〜5センチはありそう。

山にいるアリがでっかいように、
野生のGもでかいのか。

しかし、ここで早速、虫博士の甥っ子がスマホで検索を始めました。
そして、それはどうやら、民家などに出る普通のGではなく、「サツマゴキブリ」という種類であることが判明。

道理で、普通のゴキブリほど動きが素早くもないし、
かぶっていた落ち葉を取り去られても、
ゴゾゴゾと這って逃げはするものの、
塀のすみっこに到達したらそこでじっと動かずにいたりして、あまり警戒心とかもなさそうf^_^;

甥っ子が調べたところによると、
日本の暖かい地域のみに分布していて、
羽は退化していて飛んだりしないとか。

詳しくはこちら☆をどうぞf^_^;


実はこのサツマゴキブリについて、
家に帰ってから、今度はリサーチ力の妹が、さらなる情報を発見しましたf^_^;

このゴキブリは、普通のと違って見た目も可愛らしく(ホントか?)、
日本の南の方にしかいないというレア感もあって、
ペットとして飼う人がいるのだそう!
えーーーー( ̄∇ ̄)

しかも、他の虫などと違って、エサは生き餌の必要がなく、
人間の残飯などで良いので手軽なんだとか!

そしてなんと驚くことに、
このゴキブリは、ネットなどで1匹1000円近くで売られている!!

そしてそして、それを知って妹が言うことがふるっていました:

「そんならお墓には1万円分くらいいた(*゚▽゚)ノ」


…もう一度お墓に行って、捕獲して来ようかと話し合った私たちです^_^;