猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

真夜中の虹

2015-05-29 05:27:40 | 日記
1988年のフィンランド映画「真夜中の虹」。
フィンランドの北の果て、ラップランド。炭鉱の閉鎖で失業したカスリネンに、白いキャデ
ラックの鍵を託し、父は自殺する。カスリネンの南を目指すロング・ドライブが始まった。
ヘルシンキに向かう途中、2人組の強盗に有り金全部奪われ、仕方なく日雇い仕事に
出たその帰り、駐車違反の切符切りのイルメリと知り合う。家のローン返済のため複数
の仕事を抱えて働きづめの彼女と、その息子リキに、カスリネンは不思議な愛情を抱く。

続けてアキ・カウリスマキ作品。彼の主義・思想とも言える、社会の底辺にいる人たちを
描いた映画である。主人公のカスリネンはついていない。働いていた鉱山が閉鎖され、
旅の途中で強盗に金を奪われ、キャデラックも手放すことになり、その後見つけた強盗
の1人に飛びかかり、逆に自分が捕まって刑務所送りになってしまう。
それでも恋人関係になったイルメリが待っていてくれるのが救いだった。刑務所で同室
になったミッコネンと親しくなり、イルメリが差し入れの中に潜ませていたヤスリを使い、
2人は刑務所を脱走する。そして偽造パスポートを作る資金のために、強盗までする。
皆でメキシコへ行くためだ。
カスリネンは不運だが、自分の道を切り開くために積極的に動く。強盗は褒められた
行為ではないが、カスリネンやミッコネンにはその方法しかなかった。メキシコ行きの
船に乗るために。
いつも通り、セリフが少なく静かな映画だが、心に残るものがある。失業して住む所も
失くしたカスリネンは、教会が経営する宿泊所(大部屋にベッドがたくさん並べてある)
に寝泊まりするのだが、やがて宿泊代が払えなくなって追い出されてしまう。教会が
経営しているのなら、もう少し親切にしてくれてもいいのに、と思った。そういえば「過去
のない男」にも教会関係の施設が出てきたが、あれは食事を配給しているだけだった
ろうか?カウリスマキの映画を観るとよく思うが、フィンランドはあんなに不景気で失業
者が多いのだろうか。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ
コメント   この記事についてブログを書く
« ハムレット・ゴーズ・ビジネス | トップ | 私は告白する »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事