猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

アモーレス・ぺロス

2019-08-29 22:02:47 | 日記
2000年のメキシコ映画「アモーレス・ぺロス」。

・強盗で金を作り、破滅的な生活を送る兄ラミロ(マルコ・ぺレス)の妻スサナ
(バネッサ・バウチェ)を愛してしまった青年オクタビオ(ガエル・ガルシア・
ベルナル)。兄との生活の不満を打ち明ける義理の姉に贈り物をして喜ばせよ
うと、愛犬を闘犬に仕立て、金を作る。やがて、オクタビオは彼女との駆け落
ちを決意する。
・人気モデルのバレリア(ゴヤ・トレド)は、家庭のある男ダニエル(アルバロ
・ゲレロ)と不倫関係にある。ダニエルは家庭を捨て、彼女の愛犬と共にマン
ションでの生活を始める。
・常に数匹の犬と行動し、ごみ収集をしている初老の男エル・チーボ(エミリ
オ・エチェバリア)。外見は怪しいが、実は彼は名うての殺し屋だった。殺人
の依頼が舞い込み、そのターゲットの周辺を調査し始めるが、その一方、離れ
て暮らす娘を見守る父親でもあり、時に彼女の部屋へ侵入する。

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作品。メキシコ・シティを舞台
とし、同時に進行する3つのストーリーで構成されている。「アモーレス・ぺ
ロス」とは「犬のような愛」という意味で、どの物語にも犬が重要な役割を担
って登場する。そして、一見無関係に見える3つの物語はつながっている。最
初の物語で主人公のオクタビオは愛犬を闘犬にするのだが、このことが2つ目、
3つ目の物語に大きく関わってくる。
よくできた映画だと思った。どの物語でも人間のずるさ、悲哀、破滅といった
ものが描かれ、あまり救いはない。特にバレリアとダニエルの物語では、2人
は大きすぎる不倫の代償を支払うことになり、衝撃的なラストである。この2
人はこの先どうやって生きていくのだろう。ダニエルはバレリアから離れられ
ない運命になってしまった。
私が1蕃おもしろかったのはエル・チーボの物語である。彼が何故あのような
行動をとったのかわからない部分もあるのだが、この物語には多少の救いがあ
った。別れた妻によって、娘は幼い時から父親は死んだと聞かされ、娘の中で
は父親は存在しない。でもエル・チーボは遠くからずっと娘を見守ってきた。
娘を見かけても父親だと名乗れない。それがとても悲しく切ない。ラストシー
ンも良かった。
見応えのある、おもしろい映画だった。


良かったらこちらもどうぞ。アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作
品です。
レヴェナント 蘇りし者
21グラム




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 永遠に僕のもの | トップ | チェンジリング »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (美登利)
2019-08-30 20:30:54
はじめまして。私もこの映画のラストシーンがとても好きでした。
スマホからご投稿を拝読しましたが改行位置がズレてしまってるため読み辛いので勿体ないなと思い恐縮ながらコメントさせて頂きました。
Unknown (杏子)
2019-08-31 01:29:22
>美登利さん
コメントありがとうございます。ラストシーンいいですよね。
スマホからだと改行が変になるんですね。読んでくださって、ありがとうございました(^o^)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事