猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

スノー・エンジェル

2019-05-06 21:19:22 | 日記
2007年のアメリカ映画「スノー・エンジェル」。

学校ではマーチング・バンド、プライベートでは中華料理店のアルバイトに励む
高校生アーサー(マイケル・アンガラノ)。両親の不仲に困惑している彼は、学校
で風変わりな少女ライラ(オリヴィア・サールビー)と出会い、恋に落ちる。しか
し、なかなか自分の気持ちに素直になれないでいた。そんな彼のバイト先の同僚
で1児の母でもあるアニー(ケイト・ベッキンセイル)。彼女はアルコール依存症
の夫グレン(サム・ロックウェル)と別れ、娘と新生活を始めようとしていた。一
方、問題行動の多かったグレンは仕事を見つけて改めて3人で暮らしたいと考え
ている。ところがある日、彼らの娘が行方不明になってしまう。

「スノー・エンジェル」というタイトルからロマンティックな映画を想像してし
まうが、重たい人間ドラマである。両親の不和に悩む高校生の恋愛と、問題行動
の多い夫との関係に悩む女性の家庭の問題が交互に描かれる。最初は人間関係が
少しわかりにくいが、わかってくるととてもおもしろくなる。高校生アーサーの
父親は家を出て行ってしまい、アーサーは困惑する。一方学校では写真撮影の好
きなちょっと変わった女の子ライラに恋をするが、なかなか進展しない。アーサ
ーのアルバイト先の同僚アニーは、昔アーサーのベビーシッターをしていた女性
で、2人は親しい。アニーは夫グレンと別居し、4歳の娘を1人で育てている。
グレンはアニーと娘とやり直したいと思っていて、接近禁止命令が出ているにも
関わらず何かとアニーに付きまとう。だがアニーも、友人の夫と不倫をしており、
最低だ。友達を裏切っているのだ。ところがある日、アニーとグレンの娘が行方
不明になってしまい、2人の関係は悪化の一途をたどることになってしまう。
夫婦不和、不倫、アルコール依存症、DV、接近禁止命令、銃と、アメリカの問
題が次々と明るみになっていく。アメリカだけの問題ではないものもあるのだが。
妻と娘とやり直したいと思っていたグレンの精神はどんどん壊れていってしまう。
アニーも、「私は悪くない」などと言って、自分勝手。勝手な大人たちの犠牲に
なるのはいつも子供たちだ。ラストは本当に悲劇的。ここまでひどい終わり方を
するとは思っていなかった。アーサーのマーチング・バンドの成功と恋の成就が
救いか。重たい、悲劇的な映画だったけど、おもしろかった。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« イノセント・ガーデン | トップ | the EYE【アイ】 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Kamoko)
2019-05-13 08:54:44
ケイト・ベッキンセイルにサム・ロックウェル出演なら面白そうですねー!
重い映画は連続しては見れませんが、時々どっぷり重たい世界に浸かりたくなります。
Unknown (杏子)
2019-05-13 13:58:44
>Kamokoさん
コメントありがとうございます。おもしろかったですよ!
どっぷり重たい世界に浸かりたい時にはうってつけの映画です。アーサーのエピソード以外全く救いがないのですから…
オススメです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事