猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

ブラインド・マッサージ

2020-11-07 22:24:37 | 日記
2014年の中国・フランス合作映画「ブラインド・マッサージ」。

幼い頃に交通事故により視力を失った若手のシャオマー(ホアン・シュアン)。
目が不自由であることを理由に破談になりながらも、結婚を夢見て見合いを
繰り返す院長のシャー(チン・ハオ)。客から「美人すぎる」と評判だが、自
分にとって何の意味も持たない「美」に嫌気がさすドゥ・ホン(メイ・ティ
ン)。そんな視覚障害者たちが働く南京のマッサージ院にシャー院長を頼っ
て同級生ワン(グオ・シャオトン)と恋人のコン(チャン・レイ)が駆け落ち同
然で転がり込んできた。彼ら2人によって、平穏だったマッサージ院の日常
に緊張が走るようになる。

ロウ・イエ監督による、盲人マッサージ院で巻き起こる人間模様を描いた映
画。シャー院長が経営するマッサージ院で働くシャオマー(ちょっと坂口健
太郎似)は、1番年下のようだ。彼は幼い頃の交通事故により視力を失ったが、
「いつか視力が戻る」と周囲から言われていたもののそれが嘘だったという
ことを知って、自殺未遂を起こしたこともある。首筋の傷痕が痛々しい。シ
ャー院長は何度も破談になりながら、めげずに見合いを繰り返している。美
人だと言われているが、自分の顔を見たことがないホンにとって美は意味の
ないものであり、美人と言われることにうんざりしている。他にも数人の従
業員たちがいるが、彼らは住み込みで働いているようである。
皆仲が良く、平穏に毎日を過ごしていたが、ある日シャー院長の同級生のワ
ンとその彼女のコンが駆け落ちのようにして転がり込んできて以来、マッサ
ージ院の静かな日常に変化が起きる。ワンは自分も全盲のため、全盲の女性
との結婚は許さないと両親に言われていたのだ。シャー院長は快く彼らを受
け入れるが、シャー院長とシャオマーはコンに興味を持ち、惹かれるように
なってしまう。この辺はよくわからないのだが、コンはちっとも美人ではな
いし、それにお互いに見えていないのにどうして惹かれたりするのだろう。
何が基準になっているのだろうと、不思議に思った。
やがてシャオマーは同僚に無理矢理連れて行かれた風俗店で、マン(ホアン
・ルー)という女性を本気で好きになってしまう。まあ、これはわかる。シ
ャオマーは度々風俗店を訪れるようになるが、そんなにお金持っているのか
な、と思った。私はこのシャオマーとマンのエピソードが1番好きだ。物語
は淡々と進んでいくように見えるが、結構起伏がある。ワンの弟が借金を作
って、怖い人たちが催促に来ているのに、弟は行方をくらまして両親がオロ
オロしているところをワンが助けに行くエピソードがあるが、その時のワン
の思い切った行動がすごい。不肖の次男をどうにもできないのに、両親はワ
ンの結婚を反対する資格なんてないのではないだろうかと思った。
おもしろいなと思ったのは、マッサージ院のスタッフは何度か集合写真を撮
っていたが、それを誰が見るのだろうかということ。皆目が見えないのに。
スタッフの食事の世話をしているおばさんくらいしか見られないのではない
だろうか。それがユーモラスだった。ラスト近くで物語は大きく動く。ああ、
こんなふうに終わるんだなと思った。ラストシーンも良かった。静かだが愛
を感じられるいい映画だった。


良かったらこちらもどうぞ。ロウ・イエ監督作品です。
二重生活




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント   この記事についてブログを書く
« ゴーストライター | トップ | ホテル・アルテミス ~犯罪者... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事