猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

隣の影

2019-11-30 22:30:27 | 日記
2017年のアイスランド・デンマーク・ポーランド・ドイツ合作映画「隣の影」
を観にいった。

アイスランドの閑静な住宅地で暮らす老夫婦インガ(エッダ・ビヨルグヴィン
ズドッテル)とバルドウィン(シグルズール・シーグルヨンソン)は、ある日隣
家の中年夫婦エイビョルグ(セルマ・ビヨルンズドッテル)とコンラウズ(ソウ
ルステイン・バックマン)からクレームをつけられた。インガらの庭にそびえ
立つ大きな木が、いつもエイビョルグが日光浴をするポーチに影を落としてい
るのだ。それをきっかけにいがみ合うようになった2組の夫婦は、何の証拠も
ないのに身近で相次ぐ不審な出来事を全て相手の嫌がらせと思い込むようにな
る。その頃、妻アグネス(ラウラ・ヨハナ・ヨンズドッテル)と揉めてマンショ
ンを追い出され、インガらのもとに転がり込んできた息子アトリ(ステインソ
ウル・フロアル・ステインソウルソン)も、庭のテントで寝泊まりして隣人の
監視を手伝う羽目になる。やがてインガが可愛がっている飼い猫が失踪し、1
本の木を挟んで激しく対立している両家の人々は狂気に満ちた暴走を始める。

些細な隣人トラブルが恐ろしい事件へと発展していくサスペンス映画。老夫婦
インガとバルドウィンの家の庭に根づいた大きな木が日差しをさえぎり、隣家
のポーチに影がかかっている。その影にストレスをため込んだ隣人の中年夫婦
エイビョルグとコンラウズがクレームをつけたことが始まりだった。温厚なバ
ルドウィンは庭師を呼んで木の手入れをすることを約束するが、妻のインガは
「あの木には触らせない」と反対する。ある日バルドウィンが外出しようとす
ると、車のタイヤが全て何者かによってパンクさせられていた。インガは隣人
夫婦の仕業だと断定する。息子のアトリは近所の子供のいたずらではないかと
言うが、インガは聞き入れない。そして隣家でも庭の花壇が荒らされるという
出来事があり、エイビョルグは不信を募らせる。やがてインガは防犯カメラを
設置し、両家の対立はじわじわと深刻化していく。
ブラック・ユーモア・サスペンスみたいな物語かと思っていたが、ここまで常
軌を逸した展開になるとは。怖い映画だった。主要登場人物は3組の夫婦で、
彼らはそれぞれ問題を抱えている。インガとバルドウィンは長男の失踪(恐ら
く自殺している)、次男アトリとアグネスは夫婦不和、エイビョルグとコンラ
ウズは不妊の悩み。そこへ来て木の問題。そして老夫婦と中年夫婦の家で不審
なことが起こり、何の証拠もないのにお互い相手の仕業だと思い込み、2組の
夫婦は激しくいがみ合うようになってしまう。全てが悪い方向へ向いていくの
だ。アトリも自分の離婚問題や両親の隣人トラブルや兄の自殺で憔悴していく。
そしてインガのペットの猫が姿を消したことで、これも隣人の仕業だと思った
インガはとんでもない行動に出る。
この物語の1蕃のトラブルメーカーはインガだろう。隣人からクレームをつけ
られても木の手入れをさせず、隣人に失礼で挑発的な発言をし、長男の死を未
だ受け入れられずに誕生日のお祝いをしたりする。バルドウィンやアトリはそ
んなインガを持て余している。インガがもう少し謙虚だったら、優しさを持っ
ていたら、終盤の悲劇は起こらなかったはずだ。アトリの離婚問題にしても、
確かにアトリが悪いのだが、アグネスももう少しアトリの言い分を聞いてあげ
られなかったのだろうか、と思う。アトリが1蕃気の毒である。
エンドロールで「この映画で動物は傷つけてはいません」というテロップが流
れるのだが、それが救いか。しかし身も凍りつくようなラストシーンである。
とてもおもしろかった。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント   この記事についてブログを書く
« 絶対の愛 | トップ | リバー・ランズ・スルー・イット »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事