猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

女は女である

2021-10-04 22:18:16 | 日記
1961年のフランス・イタリア合作映画「女は女である」。

書店に勤めるエミール(ジャン=クロード・ブリアリ)はキャバレーの踊り子
アンジェラ(アンナ・カリーナ)と一緒に暮らしている。ある日アンジェラが
突然、赤ちゃんが欲しいと言い出す。それも24時間以内に。2人は意見が
合わず、アンジェラは「それなら他の男に頼む」と言う。エミールは動揺す
るが、勝手にしろと答えてしまう。そこでアンジェラは、同じアパルトマン
に住むいつも自分にちょっかいを出してくるアルフレード(ジャン=ポール・
ベルモンド)に頼むと宣言する。

ジャン=リュック・ゴダール監督のコメディ映画。アンジェラは一緒に暮ら
している恋人のエミールがなかなか結婚しようとしないため、結婚するため
に赤ちゃんが欲しいと言い出す。エミールは一応その案に賛成はするが、ア
ンジェラの「じゃあ、結婚ね!」という言葉に「まだ妊娠してもいない」と
冷静に答える。では24時間以内に妊娠したいと言うアンジェラにエミール
は困惑する。そしてアンジェラは「あなたが嫌なら他の男に頼む」と言い出
し、エミールは承知せざるを得なくなってしまう。
あらすじをざっと書くととてもバカバカしい映画である。恋人と結婚したい
のはわかるが、恋人との子供でなくてもいいのだろうか。他の男との間に子
供を作って、そして結婚しようというのだろうか。それでもさして問題がな
さそうな会話に、これがフランス人の道徳観念?と笑ってしまう。エミール
はあまりにアンジェラが赤ちゃん赤ちゃん言うので腰が引けてしまい、2人
で街に出て、通りがかった紳士に「この子と寝てくれないか」などと声をか
け、「今は無理だ、忙しい」と断られたりする。フランス映画のセリフのお
もしろさは本当に絶妙。
彼らと同じアパルトマンに住んでいるアルフレードはしょっちゅうアンジェ
ラに声をかけていたが、アンジェラはいつもかわしていた。けれどもアンジ
ェラはこの際アルフレードでいいと思い、彼の誘いに乗り、ついに彼と寝て
しまう。とにかくユーモラスで粋な映画で、登場人物たちがいきなり画面の
方を向いて(観客に向けて)しゃべったりする。無意味な行動もたくさんある。
でもそれがおもしろいのだ。エミールとアンジェラがケンカをして、もう口
もききたくないとなり、お互い本の表紙に書いてある言葉で自分の心境を表
現し合うところなんか、なんてバカバカしいのだろうと思う。
アンナ・カリーナが赤いカーディガンのボタンを全部留めてセーターとして
着ていたのがかわいかった。他にも赤のチェックのスカートとかコートとか
髪型とか、60年代のファッションがとても魅力的。目の保養になる映画で
もある。ラストシーンもいいし、アンナ・カリーナのコケティッシュな魅力
が全開の映画だった。


良かったらこちらもどうぞ。ジャン=リュック・ゴダール監督作品です。
勝手にしやがれ
気狂いピエロ



映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« MINAMATA-ミナマタ- | トップ | 恋人たちの食卓 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
意味がやっと分かりました。シュールな映画ですね。 (ウラジーミル・アスポン)
2021-10-05 13:01:53
このブログで解説されてこの映画「女は女である」…やっと意味が理解できました。
ストーリーがよく分かりませんでしたから……。
シュールな感じがするし、いきなり歌い出したり意味不明で……。

ハリウッドのミュージカルはいきなり歌い出すけど意味は分かりますが、
フランス映画は難しいですね。
コメディに相当するんだろうけど、意味のよく分からない映画ですね。

前衛的というか……
ミュージッククリップみたいな
映像の切り取りを見させられているみたいな…。

映像はとっても良かったです。
アンナカリーナも可愛いしメイクも髪型も
ファッションもなかなか素敵です。
60年代のカラフルさが最高です。タイツも赤ですね。
アイシャドーもきっぱりブルーで目立ちます。

独身なのに子どもが欲しい理由がよく分からなかったです。
子供が欲しい理由が、結婚を急いでるのだとしたら、
逃げごしな相手に子供が欲しいと言ったら、余計逃げられないですかね……。

こっそり妊娠にこぎつけようとするはず……。

理屈で考えちゃいけないんですかねぇ……((+_+))。

結婚とかでなく…ただ単に子供を望むだけなんでしょうかねぇ。

早く妊娠したいからって、別な男に頼むと言い出していますね。
しかも、恋人も悪乗りしてますよね。アルフレードに…
この子と子供を作ってくださいみたいな事を言い出しますね。

通りがかった人にこの子と子供を作る人に寝て下さい……みたいな場面もあり…
いきな言っても断られますね……。

最後の落ちとしては、完全に自分の子供でないとなると問題だから、
エミールはアンジェラと子作りしていたという事になりますね。
でもアルフレードの子供である可能性も残りますね。
もし妊娠しても……。
それでいいんだというアバウトな感じが平和ですね。
Unknown (杏子)
2021-10-05 18:12:41
>ウラジーミル・アスポンさん
コメントありがとうございます。シュールというか…ほんとにバカバカしい映画です(笑)
映画をご覧になったのですか?
いきなり歌い出したり踊ったり、でもミュージカルとは言えないんですよね。
映像はいいですよね。アンナ・カリーナがとても魅力的です。

結婚するために子供を作ろうとしているのに、恋人以外の子供でもいいのか?
というところがとてもフランス映画的ですね。エミールはそれでもいいんでしょうか。
よくわからない関係ですね。
通りすがりの男性に頼んで「今は忙しい」と断られるシーンは笑っちゃいました。

メインキャストのジャン=クロード・ブリアリ、アンナ・カリーナ、ジャン=ポール・ベルモンドが
既に故人なのは淋しいです。
ベルモンドはつい最近亡くなりましたね。
監督のジャン=リュック・ゴダールもかなりの高齢です。
ベテラン俳優や監督の人たちにはまだまだ頑張って欲しいです。
「女は女である」はプライムに。 (ウラジーミル・アスポン)
2021-10-06 16:15:17
「女は女である」は、Amazonのプライムにあって簡単に観られるので、観てたんです。
アンナカリーナが亡くなった時に同じアンナカリーナの「女と男のいる舗道」の事が誰かのブログ記事で紹介されていて、それが観たくてプライム内を検索したけどありません。そのかわりにこの映画「女は女である」の存在を知りました。
コメディだけど観てもよく理解できなかったものが、今回の記事でやっとわかりましたよ。
ゴダールさん以外亡くなりましたね。ベルモントさんは国葬級の葬儀だと、フランスに住む日本の人のブログにありましたね。
Unknown (杏子)
2021-10-06 23:27:00
>ウラジーミル・アスポンさん
コメントありがとうございます。Amazonプライムにあるんですね。
「女と男のいる舗道」もいずれ観たいと思っています。
ヨーロッパ映画大好きです(^-^)
ベルモンドは大スターだったので、国葬級の葬儀でも不思議はないですね。
フランス国民にとても愛された俳優でしたね。
それにしてもジャン=なんとかって名前の人、多いですね〜( ̄▽ ̄)

コメントを投稿