猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

ボルベール<帰郷>

2016-04-19 05:23:25 | 日記
2006年のスペイン映画「ボルベール<帰郷>」。
失業中の夫と14歳の娘パウラを養うために、せわしなく働くライムンダ(ペネロペ・
クルス)。明るくたくましい彼女にも、10代の頃、確執のあった母イレーネがその
まま父と一緒に火事で亡くなってしまうという苦い過去があった。ある日、夫が
「本当の父親じゃないから」と言ってパウラに関係を迫り、抵抗したパウラに刺し
殺されてしまう。ライムンダは娘を守りたい一心で、夫の死体の処理に奔走し、
事件の隠蔽を図る。そのさなか、今度は故郷のラ・マンチャに住む伯母の急死
の知らせが。ライムンダの姉ソーレが葬儀へ駆けつけたところ、彼女はそこで
死んだはずの母の姿を見たという町の妙な噂を耳にする。

ペネロペ・クルス主演の人間ドラマ。いかにもヨーロッパ映画らしい映画。ライム
ンダは気性は激しいが明るくたくましい女性。姉のソーレは反対に温厚な性格。
2人は衝突することも多いが、まあうまくやっている。おとなしいタイプのソーレが、
何故こっそりと無許可で美容室をやっているんだろう、とは思うが。夫が失業し、
今まで以上に仕事に励むライムンダだが、ある日娘のパウラが父親に乱暴され
そうになり、パウラは父親を殺してしまう。近所の廃業したレストランの冷凍庫に
夫の死体を隠すライムンダ。そうこうしているうちに今度は愛する伯母が亡くなっ
てしまう。
物語の中のライムンダはいつもせわしなく動き回っている。次々に事件が起き、
息つく暇もない。それでも彼女は希望を失わず、常にやれるだけのことはやる。
これが前向きなラテン系女性の特徴なのだろうか。夫が娘の本当の父親では
ないというのは本当である。娘は知らなかったのだ。見ているだけで感動を覚
える女性たちに比べて、ライムンダの夫も父もクズ男である。この対比が女性
たちの気丈さをいっそう強調している。
ライムンダが母に教わった歌を歌うシーンや、母に「話したいことがたくさんある
の」と言うシーンはとても素敵である。悲しくて切なくてホロリとする、人間賛歌
である。
ペネロペ・クルスは一見スマートに見えるけど、胸がバーン!お尻がバーン!
のラテン系女性なのだと、改めて思った。



人気ブログランキングへ

映画(全般) ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« ワールド・ウォーZ | トップ | ケープタウン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事