猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

ホテル・アルテミス ~犯罪者専門闇病院~

2020-11-12 22:22:21 | 日記
2018年のイギリス・アメリカ合作映画「ホテル・アルテミス ~犯罪者専門
闇病院~」。

暴動が日常と化した近未来のロサンゼルス。高額な会費と引き換えに最新医
療と身の安全が保障される会員制闇病院「ホテル・アルテミス」には、傷を
負った犯罪者たちの訪問が後を絶たない。70代のナースのジーン(ジョディ
・フォスター)は助手兼用心棒のエヴェレスト(デイヴ・バウティスタ)と共
に彼らの治療を一手に引き受けていた。ある日、銀行強盗で重傷を負った兄
弟を受け入れたことから、ホテル・アルテミスは開業以来最悪の事態に見舞
われる。

サスペンス?なのかよくわからない映画だった。22年も続いているホテル・
アルテミスは犯罪者専門の会員制闇病院である。ここには連日負傷した犯罪
者たちが押し寄せてきて、てんてこまいの状態である。診療に当たるのは70
代のナースのジーン1人。彼女が手術から何から全てやっているのだ。ジー
ンは皆からナースと呼ばれているが、実は元医者で、ある理由から医師免許
を剥奪されている。だから闇病院でしか働けないのだ。ある水曜日、銀行強
盗で重傷を負った兄弟を受け入れたことから、ホテル・アルテミスは危機的
な混乱状況に陥る。
何だかよくわからない映画だった。次から次へと犯罪者がやって来て、病院
はバタバタしている。武器商人や殺し屋の女や銀行強盗兄弟などが押し寄せ、
更に色々なトラブルが発生し、高齢のジーンは息つく暇もない。彼女だけで
診療に当たるには忙しすぎるのだ。ジーンは何度も「今日は水曜日」と口に
していたが、ホテル・アルテミスの存続に関わる最悪の出来事が水曜日に起
きているという様子が描かれている。そもそもこんな病院兼ホテルが22年も
やってこれたのが不思議である。
ジーンは昔息子を亡くしており、そのことが度々彼女の頭の中でフラッシュ
バックしている。けれどもその描写も中途半端。物語は良く言えば盛り沢山、
悪く言えばとっ散らかっていてまとまりがない。私の理解力のせいかもしれ
ないが、「何がどうなっているの?」という感じ。殺し屋の女のアクション
シーンはかっこよかったし、ジーンとエヴェレストの絆も良かったと思うが、
あまりおもしろい映画ではなかった。
ジョディ・フォスター目当てで観たのだが、ジョディの無駄遣いという感じ。
ジョディはどうしてこの映画に出演しようと思ったのだろう。そしてどうし
て70代という老け役を引き受けたのだろう。変わったことがやってみたかっ
たのかな。特殊メイクのせいだが老け方とボサボサ頭にびっくりした。ラス
トシーンはまあ良かった。


11月9日はベルの17歳の誕生日でした。人懐こくてかわいいベル。まだまだ
元気で長生きしてね









ベルとノエルの関係は大体こんな感じ。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ブラインド・マッサージ | トップ | BAR(バール)に灯ともる頃 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鳥天)
2020-11-13 08:43:18
70代のジョディ・フォスター、カッコいい予感がするなぁ。あとでググってみなきゃ(*´艸`)
ベルさんのお誕生日合おめでとう!まだまだ一緒に時間を楽しめますように!
Unknown (杏子)
2020-11-13 13:53:04
>鳥天さん
コメントありがとうございます。知的な美貌のジョディ・フォスター、すっかりおばあさんになっていました。
でも彼女は何をやっても素敵ですね。
ベルにはちゃぴよりも長生きして欲しいです!(^-^)
Unknown (jagataro)
2020-11-14 16:13:02
ジョディさんは何らかの挑戦を自分に課してたのかもしれませんね。「無駄遣い」になるか「贅沢」になるか、評価の分かれ目ですね。
ベル姉さん、おめでとうございます。のんびり、健康にお過ごしください。ノエルちゃんの存在もいい刺激になってますよね。1日でも長い猫生を〜😸🐯🦁
Unknown (杏子)
2020-11-14 21:12:51
>jagataroさん
コメントありがとうございます。そうですね、ジョディは新しいことに挑戦してみたかったのだと、私も思います。
歩き方も変えてすっかりおばあさんになっていましたが、それでもかっこいいのが彼女です。
ベルもまだまだ長生きして欲しいです!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事