猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

サマー・オブ・84

2021-03-02 22:16:05 | 日記
2017年のカナダ・アメリカ合作映画「サマー・オブ・84」。

1984年夏、オレゴン州の田舎町に暮らす15歳の少年デイビー(グラハム・
ヴァーチャー)は、超常現象や未解決事件などに興味津々で、現在近隣の町
で起きている子供の連続殺人事件への関心が高かった。ある日デイビーは向
かいの家に住む警官マッキー(リッチ・ソマー)がその犯人ではないかという
疑念を持ち、親友のイーツ(ジュダ・ルイス)、ウッディ(ケレイブ・エメリ
ー)、ファラディ(コリー・グルーター=アンドリュー)と共に独自の調査を
開始する。

ディスタービア」みたいなサスペンス映画なのだが、「ディスタービア」
よりずっとシリアスで怖かった。少年たちが近所の男を殺人鬼ではないかと
睨み、監視して調べるという内容は似ているのだが、「ディスタービア」は
割とコミカルだったがこちらはかなりテイストが違う。宇宙人や超常現象や
未解決事件などに関心が高いオタク少年デイビーは、あるきっかけから向か
いに住む警官マッキーが現在続発している子供の殺人事件の犯人なのではな
いかという疑惑を持つ。いつも一緒に遊んでいる親友のイーツ、ウッディ、
ファラディは信じられないものの、デイビーが力説するので調査に協力する
ことになる。
このメンバー、デイビーが特に個性のない少年で、イーツはちょっと不良っ
ぽく、ウッディは太っていて、ファラディは貧弱な感じのメガネ少年という
王道の顔ぶれだ。「スタンド・バイ・ミー」を思い起こさせる感じ。いろん
な理由から彼らはマッキーが犯人だと確信していく。しかし行動が行き過ぎ
てしまい、デイビーは両親からひどく怒られ、外出禁止を言い渡されてしま
う。それでも他の3人は夜こっそりデイビーの部屋に忍び込み、作戦を練り
続ける。ところが彼らはこの後とても恐ろしい目に遭うのである。
ちょっとユーモラスな雰囲気があった前半から、後半は一気にサスペンスフ
ルになる。まさかあんな展開になろうとは…。結局デイビーはある少年を救
出し、警察からは「君は英雄だ」と言われるのだが、その行為の代償は大き
かった。少年が助かったのは良かったが、デイビーがあまりにも事件に首を
突っ込みすぎたために大変な不幸が起きてしまう。そして底知れぬ恐怖を感
じる結末。デイビーが失ったものは多かった。正直ここまでバッドエンドに
なるとは思っていなかったので、衝撃的だった。後味の悪いラストシーンも
印象的で、なかなかおもしろかった。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« さくら、10年 | トップ | 今日から俺は‼劇場版 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (いごっそう612)
2021-03-03 06:00:01
これ僕も観ました。
おっしゃるように、スタンド・バイ・ミーぽくて、懐かしさもあり面白かったです。
少年が大人になっての続編とかあったら観たいですね。
少年が探偵のような映画多いですね。 (ウラジーミル・アスポン)
2021-03-03 10:46:15
コドモやティーン達が近所の怪しい住人を探って疑うストーリーの
映画は、かなり多い気がします。

警官を疑うんですね。

私もその組み合わせにスタンドバイミーを思い浮かべました。

事件に首をつっこみ過ぎたゆえの不幸は気になりますね。

バッドエンドは辛いですね、少年が出るもので・・・。
Unknown (杏子)
2021-03-03 15:46:25
>いごっそう612さん
コメントありがとうございます。怖いラストでしたね。
少年たちの友情が壊れてしまったので、続編があるとしてもやるせない感じでしょうね。
Unknown (杏子)
2021-03-03 15:54:03
>ウラジーミル・アスポンさん
コメントありがとうございます。そういう題材は多いですね。そして大人たちが信じてくれないというのも王道ですね。
主人公は人1人を助けたけど、彼がしたことは正しかったのかどうか…
悩ましい結果になります。
とても後味悪かったですが、おもしろかったです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事