猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

the EYE【アイ】

2019-05-11 23:22:31 | 日記
2002年の香港・シンガポール合作映画「the EYE【アイ】」。

2歳の頃に失明した女性マン(アンジェリカ・リー)は、20歳の時に角膜移植手術を
受け、視力を回復する。しかし、それ以来彼女は死者の姿が見えるようになってし
まう。心理療法士のワ・ロー(ローレンス・チョウ)はそれを信じようとしなかった
が、マンは手術中のインイン(ソー・ヤッライ)の死を直感したりと、重い試練にう
なされる日々。その現実を受け入れようとした時、マンは、鏡に映る自分の顔が、
他人が見ている本来の自分の顔ではないことに気づく。

オキサイド・パンと双子の弟ダニー・パンの共同監督によるオカルト・ホラー映画。
これはすごく怖かった。まず「手術をしたら目が見えるようになったが、見えては
いけないものまで見えるようになった」というシチュエーションが怖い。子供の頃
に失明したマンは、角膜移植手術を受けて視力を取り戻すが、同時にこの世ならぬ
ものまで見えるようになってしまう。心理療法士のワ・ローは初めは信じていなか
ったが、彼女と過ごすうちに信じるようになる。そしてその原因は角膜の提供者に
あるのではと思い、調べ始める。
臓器移植をしたら、元の持ち主の人格の一部などが移ってしまうのではないだろう
か、と思わせられる。角膜を移植したら提供者が生前見ていたものが、心臓を移植
したら提供者の心が反映されるようになるのではないか、と思ってしまう。科学的
にはどうなのかわからないが。マンの移植された角膜の持ち主はタイの女性で、彼
女は霊が見えたり予知能力があったりしたことがわかる。
霊の現れ方がとてもリアルな感じで、怖かった。マンがエレベーターに乗っている
時後ろにいるシーンなど、本当にゾッとした。ジャパニーズ・ホラーに似ているが、
また違う恐ろしさ。そして怖いだけではなく悲しいエピソードや感動的なエピソー
ドもあり、とてもおもしろかった。霊が見えたり予知能力があったりするのって、
不幸なことなんだなあ、色々と。タイの女性はそれで村人たちから嫌われ、悩んで
いた。私は見えなくて良かった。これは佳作だと思う。大好きな香港映画の1つで
ある。


良かったらこちらもどうぞ。オキサイド・パン監督作品です。
タイムリセット 運命からの逃走
レイン
(「レイン」は兄弟共同監督です)




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« スノー・エンジェル | トップ | アニエスの浜辺 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (marie)
2019-05-13 09:43:45
これ、2008年にジェシカ・アルバでリメイクされた方を観ました!
多分大まかには同じ内容なのだと思うのだけど、
ラストがいい意味で感動?のバッドエンドでしたが、
オリジナルは・・・違うみたいですねっ(^^;)

Unknown (杏子)
2019-05-13 14:10:37
>marieさん
コメントありがとうございます。リメイク版は観ていないのでわかりませんが、こちらもバッドエンドなのですが救いがある…という感じなので、同じような感じなのかもしれませんね。
でもアジアンホラーテイストの本作の方がおもしろいんじゃないかと思いますよ!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事