猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

エッセンシャル・キリング

2020-05-19 22:59:15 | 日記
2010年のポーランド・ノルウェー・アイルランド・ハンガリー合作映画「エッセン
シャル・キリング」。

アフガニスタンでアメリカ兵を殺したアラブ人兵士ムハンマド(ヴィンセント・ギャ
ロ)は米軍に捕えられ、厳しい尋問を受けた後、移送される。護送車の事故に紛れて
脱走したムハンマドは、傷の痛みと飢えに苦しみながら、雪に閉ざされた深い森の中
を逃走する。

イエジー・スコリモフスキ監督による全編主人公のセリフがないという異色作。第
67回ヴェネツィア国際映画祭で審査員特別賞と最優秀男優賞を受賞した。アフガニ
スタンで米兵を殺したアラブ人兵士のムハンマドは、米軍に捕まり拷問を受け、どこ
かに移送されるが、護送車の事故に紛れて逃走する。それからのムハンマドはただひ
たすら雪の中を逃げる。民間人を殺して車を奪ったりもする。観ている方も寒くなり
そうな雪の森の中をとにかく必死で逃げるのだ。ムハンマドのセリフは一切ない。悲
鳴やうめき声くらいは上げるのだが。何故しゃべらないのかわからないが、とにかく
全くしゃべらない。
ムハンマドは傷を負っており、その痛みや飢えに苦しんでいる。蟻を食べたり樹皮を
剝がして食べたり釣り人から生魚を盗ったりする。彼が赤ん坊に授乳している母親に
取った行動は驚いた。しかし人間は極限状態に置かれるとああいうこともしてしまう
のかもしれない。銃を突き付けられた母親は不運でしかない。
ムハンマドは逃げ続ける。休んではいられない。凍死するからだ。けれども最初は米
軍の追手から逃げていたのが、途中からはどこへ行けばいいのかわからなくなる。そ
れでも止まる訳にはいかないのだ。退屈そうな映画に思えるかもしれないが、83分
という上映時間と、ヴィンセント・ギャロの鬼気迫る表情演技が素晴らしく、私はお
もしろく観られた。終盤少しホッとするシーンもあるが、ムハンマドの血が付いた白
馬が佇んでいるラストは印象的である。全編セリフなしで演じ切ったヴィンセント・
ギャロはすごい。




映画評論・レビューランキング

人気ブログランキング

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 評決の行方 | トップ | ラスト・シャンハイ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (じゃが太郎)
2020-05-20 19:13:57
拷問を経験した逃亡犯なら、そりゃ必死に、凶暴になっちゃいますよね。敵意の固まりのような生物。恐ろしい。
先日見たテレビドラマでは小学校の先生が間違って屋上に閉じ込められてしまい、飢餓状態になって鉢植えの砂を食べてました。いよいよ飢え死にするかという状態になったら人は屋上から飛び降りちゃうのかなと、ちょっと考えちゃいました。ホテルの火災の時がそうでしたね……。
Unknown (杏子)
2020-05-21 03:03:15
>じゃが太郎さん
コメントありがとうございます。逃亡犯としては命がけですからね…。
鉢植えの砂ですか。人間飢餓状態になったらそういうこともするのかもしれませんね。
火災の時は飛び降りても助からないとわかっていても炎から逃れるために飛び降りてしまうってこと、ありますよね。悲惨ですね…。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事