猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

ショコラ

2013-03-05 03:23:02 | 日記
ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ共演の「ショコラ」。
フランスのある村に、ヴィアンヌ(ビノシュ)という女性とその娘アヌークがやってきた。
親子は放浪の旅をしていて、行く先々でチョコレート店を開いていた。
この村でも、アルマンドという老婦人から家を借り、店を開いた。
頭の固い村長のもと、この村は古くから続く因習に支配され、人々は閉鎖的だった。
突然現れた女性と私生児にいい顔をしなかったが、ヴィアンヌは店を覗きにきた人に、
その人にふさわしいチョコレートを選び、それを食べた人が幸せな気持ちになることが
噂になり、チョコレート店は賑わうようになった。
夫の暴力に悩んでいたジョゼフィーヌという女性が、店で働くようになった。
村長やジョゼフィーヌの夫はおもしろくなかった。
ある日村にジプシーたちが流れ着いた。村人はジプシーを快く思っていなかった。
ヴィアンヌはジプシーのリーダー、ルー(デップ)の美しさに目を奪われ、やがて2人は
心を通わせるようになった。
だがヴィアンヌ親子がジプシーと親しくなったことで、彼女たちを良く思っていなかった
村人たちに冷たくされるようになる。
アルマンドは、自分の誕生日パーティを開く提案をする。ヴィアンヌは、村人、ジプシー、
区別なく招待し、チョコレート料理を振る舞う。
ところが、パーティの最中、ジプシーたちの船が放火された。ジプシーたちは村を出ていった。
そしてヴィアンヌも、次の場所へ旅立つ用意を始めた。アヌークは出ていきたくないと
言ったが、ヴィアンヌはもう心を決めていた。

ファンタジーっぽい物語だが、ファンタジーが苦手な私にもこのくらいなら大丈夫。
とにかくチョコレートがおいしそう。店に並べられたチョコを見ていると、食べたくなって
しまう。
ストーリーはどうってことないのだが、ジュリエット・ビノシュとジョニー・デップの
共演というだけでも見る価値あり。
この映画のジョニー・デップ演じるルーの美麗なこと。ジョニーは映画ごとにいろいろな
顔を見せてくれるが、ルーはとてもかっこよかった。
ただこの映画、アメリカ映画なんだよね。フランスが舞台で主演女優もフランス人なのだから、
フランス映画として作って欲しかったな。そこだけ残念。
コメント