猫のひたい

杏子の映画日記
☆基本ネタバレはしません☆

九月に降る風

2012-06-30 01:50:36 | 日記
BSでずっと前に録画しておいた「九月に降る風」という台湾映画を見た。
すっごく良かった。7人の男子高校生と2人の女子高生の青春映画である。
その中でもイェン、タン、イェンの恋人のユンが中心になっている。
7人の少年たちは少し素行が悪く、度々学校にいる教官から呼び出しをくらっている。
「またいつものメンバーね」と言われる。
でもそんなに悪い子たちではなく、見ているとなんだか日本の高校生を連想する。
誰かの家に夜遅くまでいておしゃべりをしたり、ゲームをしたり、ビールを飲んだり、
バイクで出かけたり(台湾の高校生ってバイクに乗ってる人が多いんだなあ)、ナンパしたり、
デートをしたり、プロ野球の試合を見にいったり、勉強したり。
学校の雰囲気(校舎のデザインとか制服とか)も日本によく似ている。ついでに顔も
ほとんど日本人と同じなので、とても親近感が湧く。
浮気症のイェンにやきもきするユンだが、本当はイェンはユンを愛している。
そしてタンもユンにほのかな想いを抱いている。
ずっと続くかに思えた彼らの日常に、ある出来事が起き、彼らの心のバランスが崩れていく。

この映画は2008年の作品なのだが、1996年が舞台になっている。その年、台湾で
プロ野球の八百長疑惑事件が起き、国民の大きな関心となったらしい。
何度かそのニュースの場面があるのだが、本当のニュース映像だと思う。
イェンたちも、好きな選手や球団に裏切られた思いで、野球から離れていく。
それが物語の中で大きな軸になっていると思った。

ラストシーンがまた良かった。最後に野球選手が出て来るのだが、その人は本当の選手で、
ゲスト出演をしている。その人に「ピッチャーできる?」と聞かれたタンが、喜んで
ボールを投げるシーンで終わるのだが、それがすごく良かった。
映画の好きなラストシーンの上位に入るな、私の中で。
あ~この映画、映画館で観たかったなあ すごく残念。
私は華流マニアなので香港や台湾の映画をよく観るのだが、その中でもかなりいい映画だった。
切なくて、悲しくて、それでいてキラキラして瑞々しい、そんな映画だった。
コメント