シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

映画あれこれ・・・ちょっとぼやっきー

2007-04-30 01:58:27 | 映画あれこれ
イタリア映画祭、始まりましたね。 私は28日は出かけていないのですが、お出かけになった方はいかがでしたでしょうか。 29日は一日朝日ホールに缶詰で、私としては初めて一日4本鑑賞の暴挙にでました。さすがに疲れちゃったのですけど、29日はどれも私には面白くてとても有意義でした。感想は少しづつアップしますので。 こんなにもイタリア映画祭で感銘を受ける作品に出会えるなんて思いもせず。 …というのは今回映 . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (1)

バベル

2007-04-29 16:37:15 | 映画「は」行の作品
一発の銃弾がつなぐ、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、それぞれの物語 . . . 本文を読む
コメント (26)   トラックバック (47)

明日、君がいない

2007-04-28 12:29:39 | 映画「あ」行の作品
原題 「2:37」・・・オーストラリアの新鋭ムラーリ・K・タルリ監督。弱冠19歳で挑んだ、若くて最も瑞々しい思春期に抱く心の闇と、その痛いほど純粋で繊細且つ脆く淡い想いを描いた衝撃的な作品。 . . . 本文を読む
コメント (17)   トラックバック (16)

公開映画覚書 4/28~編

2007-04-27 23:13:25 | 公開映画覚書
今週からGW突入の方も多いと思いますがフリーの私にはさほど関係なく、いつも休みみたいな感じだし、いつも仕事みたいな感じだし・・・。 それにしても先週今週とかなりやばいくらい、見たい映画作品が目白押し。 どうすりゃいいんだーとスケジュール編成に日々悪戦苦闘しておりまする。 待ちに待ったイタリア映画祭も開催されますのよ。昨年は一作品しか見られなかったので今回はかなり行っちゃいますよー。ほくほく。 ・ . . . 本文を読む
コメント

ロストロポーヴィチ 人生の祭典

2007-04-27 21:57:33 | 映画「ら」行の作品
現役のロシア人音楽家夫婦が歩んだ波乱の半生と、人生最後の初演に挑んだ音楽と、表現の喜び・・・ . . . 本文を読む
コメント (13)   トラックバック (3)

ハンニバル・ライジング

2007-04-26 12:05:16 | 映画「は」行の作品
トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に続く映画化第4弾 . . . 本文を読む
コメント (44)   トラックバック (37)

こわれゆく世界の中で

2007-04-24 22:23:30 | 映画「か」行の作品
BREAKING AND ENTERING . . . 本文を読む
コメント (19)   トラックバック (12)

ドレスデン、運命の日

2007-04-23 21:56:30 | 映画「た」行の作品
一夜にしてその美しい街が崩壊・・・ 戦後60年たった今、歴史の中に埋もれた悲劇をストレートに描いた作品 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (13)

ブラック・ブック

2007-04-22 23:35:51 | 映画「は」行の作品
2006年のオランダ映画祭で作品賞、監督賞、主演女優賞の主要3部門の受賞。 さらにアカデミー賞外国語映画賞部門、オランダ代表作品。 . . . 本文を読む
コメント (20)   トラックバック (20)

クイーン

2007-04-22 00:37:45 | 映画「か」行の作品
エリザベス女王の苦悩 . . . 本文を読む
コメント (54)   トラックバック (64)

映画公開覚書 4/21~編

2007-04-20 23:18:30 | 公開映画覚書
4/21~の東京方面公開映画覚書 . . . 本文を読む
コメント (9)

300 ~試写会にて

2007-04-19 17:56:16 | 映画「さ」行の作品
300人VS100万人!? . . . 本文を読む
コメント (83)   トラックバック (82)

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

2007-04-17 22:27:24 | 映画「た」行の作品
ぶどうとパン・・・{/fuki_cute/} . . . 本文を読む
コメント (24)   トラックバック (43)

春のめざめ

2007-04-17 01:01:54 | 映画「は」行の作品
思春期の少年が夢想する“聖”と“俗”の世界を描いた文学的作品 . . . 本文を読む
コメント

パラダイス・ナウ

2007-04-16 13:40:18 | 映画「は」行の作品
自己犠牲で得られるものとは? . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (9)