シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

みえない雲

2006-12-30 00:26:34 | 映画「ま」行の作品
30日公開の独映画「みえない雲」・・・実はドイツ映画祭にて「黒い雲」という邦題名で7月に鑑賞済み 題名が変わったので、タイトルを変えて記事はその時にUpしたものを 以下コピペ 「みえない雲」・・・ドイツ公式サイト 国内公式サイト ドイツのフランクフルトに近い原子力発電所で事故が発生。 高校生ハンナとクラスメートで恋人のエルマーの街にも警報が鳴り響く。 発電所に隣接する街は被爆。直接の . . . 本文を読む
コメント (19)   トラックバック (16)

2006年マイベストシネマ 

2006-12-29 00:35:29 | マイシネマランキング
とうとう年末がやってきちゃいました・・・やり残した事はまだまだあって年を越せるのかぁー?というところですが、とにかくこれをやらなきゃブログは終れませんー。・・・ってなことで、頑張ってセレクトしました 今年は昨年からすると一挙に鑑賞数が跳ね上がり…というのも映画祭によく行ったことが理由の一つですが、出来るだけ良質な作品を見たい!と欲望熱が上がってしまったのでした。その数・・・165本>>> 上には . . . 本文を読む
コメント (75)   トラックバック (65)

愛されるために、ここにいる

2006-12-28 01:13:43 | 映画「あ」行の作品
あまりにも不器用で、あまりにも愛おしい。素直になれたら誰だって楽なのだけど、そんな事わかっててもなかなか出来ない人間もいるのよ。 今年の見納めになった作品でほんとに「小さな宝石」を得た気分になった。 タンゴの独特なリズムと官能的なステップ。ただ見てるだけではなく自分も踊ってみたくなってきてしまったりして。オーロラをみてクラシックバレエをやるぞ!とか思ったばかりなのに、今度はタンゴよ。爆 見てるだ . . . 本文を読む
コメント (15)   トラックバック (19)

フランキー・ワイルドの素晴らしき世界

2006-12-27 23:34:04 | 映画「は」行の作品
聴力を失う・・・日常に溢れる騒音からは逃れたい、仕事でさえ聴く音さえからさえも逃げ出したいと思ったことはあるけど、全くの静寂の世界にある日突然突き落とされたらどうなってしまうのだろう・・・。 私も人事ではなく、ある時期耳鳴りと聞こえにくい時があって、結構動揺したりもした経験があるから余計に見入ってしまったのだけど、その時は全く聞こえなかった訳でもなかったから楽観的にいられた。 この映画の主人公フ . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (6)

映画鑑賞index 12月編

2006-12-26 15:55:01 | movie index☆まとめ
今年もあと一週間をきりましたが・・・そろそろ映画の年間ランキングを皆様お考えの時期だと思いますが、私はといえば昨年より約2倍の鑑賞数に膨れ上がり、その中で一番を決めろ!と言われても中々難しいものがありまして・・・。 とりあえず12月の映画鑑賞、私の感想記事は以下のとおり(13本) シャーロットのおくりもの日本語版も見ましたー 武士の一分 イカとクジラ 硫黄島からの手紙 オーロ . . . 本文を読む
コメント (2)

シャーロットのおくりもの

2006-12-23 23:14:15 | シャーロットのおくりもの
試写会にて。念願の「シャーロットのおくりもの」を見て参りました 子供の頃にアニメを劇場で見て、ずっと私の心の中で温められてきた珠玉の宝物のような作品。。。 私の映画好きはここからスタートしています。 また原作も全世界4500万部を超えるロングセラーな作品なんですね。 日本ではあまりなじみが無くとも、各国の公式サイトからすると大変多くの国々でヒットしているのがわかります。 原作も大ファンなのです . . . 本文を読む
コメント (85)   トラックバック (54)

ベルリン・フィルの「パフューム」CD

2006-12-23 16:03:26 | music
1985年のドイツベストセラー小説“パトリック・ジュースキントの「香水 ある人殺しの物語」が原作の映画「パフューム」 先日映画を見ましたが(私の感想はこちら) とてもすごい映画でありました。その時に聴いた音楽が忘れられなくてCDを買ってまで聴いてます。笑 ベルリン・フィルハーモニーとサイモン・ラトルが始めて手がけた映画音楽。 手がけたといっても彼らが作曲したわけではなく演奏を担当し、作曲はTO . . . 本文を読む
コメント (4)

王の男

2006-12-21 23:02:06 | 映画「あ」行の作品
16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセンと相棒の女形コンギル。都で時の王ヨンサングンが、妓生上がりの官女と日夜遊び呆けている噂を聞きつけた2人は、芸人仲間と宮廷を皮肉った芝居を始める。 興行は人気を博すものの、一座は侮辱罪で逮捕されてしまう。重臣に「王を笑わせることができれば、侮辱ではない」と反論したチャンセンたちは、死をかけて王の前で芸を披露する。彼らの芸は王を魅了することができるのか… . . . 本文を読む
コメント (22)   トラックバック (21)

もうすぐ公開「シャーロットのおくりもの」

2006-12-20 19:01:25 | シャーロットのおくりもの
まるで宣伝隊ですが。。。 皆様ぜひぜひ、クリスマスには大事な人と「シャーロットのおくりもの」も見てくださいましー。 goo 映画にて「シャーロットのおくりもの特集」」などUPされました。 シャーロットの吹き替えをするジュリア・ロバーツインタビュー動画と、メイキング動画が見られます♪ 雪が見たいというウィルバーと一緒に奇跡を体験♪ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

あるいは裏切りという名の犬

2006-12-19 22:03:37 | 映画「あ」行の作品
原題「36 QUAI DES ORFEVRES」…フランス、オルフェーブル河岸36番地にあるパリ警視庁に、二人の警視がいた。 一人は仲間からの信頼厚く、正義を信じるレオ・ヴリングス(ダニエル・オートゥイユ)。 もう一人は権力志向の強い野心家のドニ・クラン(ジェラール・ドパルデュー)。 市内で多発する現金輸送車強奪事件を巡り、交錯する男たちの思惑。ドニの裏切りで、レオはすべてを奪われ投獄される。7 . . . 本文を読む
コメント (58)   トラックバック (47)

人生は、奇跡の詩

2006-12-18 19:09:12 | 映画「さ」行の作品
'03年、イラク戦争直前のローマ。大学教授で詩人のアッティリオは、最新刊も高い評価を得ており順風満帆。だが彼の心は、すべて美しき伝記作家・ヴィットリアのものだった。 彼女との結婚式を夢見るほど思いつめているが、現実では常につれない素振り。そんな中、彼女は著名な詩人フアドに会うため、バグダッドに向かう。しかし戦火に巻き込まれ、意識不明の重体に。一報を聞いたアッティリオは、彼女を救うため東奔西走する . . . 本文を読む
コメント (18)   トラックバック (19)

ベーコンブラザース in Blue Note TOKYO

2006-12-18 00:41:47 | music
12/17 ブルーノート東京にて ケヴィン・ベーコン初来日というのもとても意外~ . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

オーロラ

2006-12-16 23:53:52 | 映画「あ」行の作品
クラシックバレエの世界最高峰パリ・オペラ座全面協力、「エトワール」の・ダヴェルニエ監督がトップダンサーと創り上げたファンタジー。 最近バレエ鑑賞もちょこっとかじってる私。昨年パリ・オペ来日「白鳥の湖」はマリ=アニエス・ジロを見たくて行ったのに、怪我で途中降板。 リベンジは映画の大画面でとなった。 それにしてもバレエを知ってる人にはかなりおいしいこの作品。スター・ダンサーが何人も、そしてパリ・オ . . . 本文を読む
コメント (24)   トラックバック (15)

硫黄島からの手紙

2006-12-10 01:36:35 | 映画「あ」行の作品
2006年、今年の映画初めは「男たちの大和」を見たのだった。その時に書いた私の言葉を思い出した。 「今年始めに男たちの哀しき美学に泣いた」 ここで登場する人物達は、兵士としての美学を全うするか、当時としてはそうではなく生き延びて戦い続けるかの選択を迫られる。 生き続ける事は死んじゃうよりも辛いということが、その映像を通してひしひしと伝わってくる。「潔い」という言葉は、この場において果たして本当 . . . 本文を読む
コメント (50)   トラックバック (75)

映画鑑賞 公開覚書

2006-12-08 22:54:40 | 公開映画覚書
12/9~公開映画作品の覚書き・・・ 12月は忙しいと勝手に思い込んでるんですな。笑 確かに仕事も家事もやり残した事がないか探していると、後からザクザクでてきて忙しくなくとも結局本当に忙しくなってたりするものでー。 あら探しはしない、汚いものには目をつぶる・・・では、いけない!のですね 普段の心がけが、年末の大掃除の命運を分けます爆 映画も見逃したものはないか?とかやってると、後から沸いて出 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (6)