シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

シャーロットのおくりもの 応援中~

2006-11-30 23:50:00 | シャーロットのおくりもの
ここは公式ブログでもなんでもありませんが、勝手に「シャーロットのおくりもの」を応援してます 一応トップスレッドのまましばらくこの記事をおいておきますので・・・ 随時追加していきますんで、興味ある方はたまにチェックをお願いします。 (サントラ情報、試写会情報その他もろもろ追記しました) US公式サイトでサントラの視聴ができます USサイトの左端に「サウンドトラック」とウィルバーがフラッシュで現れま . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (2)

映画鑑賞index 11月編

2006-11-30 22:24:59 | movie index☆まとめ
もう11月も終わり・・・年末に向けてラストスパートに入りますね~ 今月もたくさんの素晴らしい映画たちに出会う事ができました。 何か取り付かれたように映画ばかり見ているこの頃。 何か私の中では「今見ておかねば…」というものばかりで、とても印象深い作品達でした。 以下、11月に鑑賞したもの15本の私の映画感想記事へのリンク張っておきます。 父親達の星条旗 エコール 明日へのチケット . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

そして、世界は恋におちる

2006-11-29 23:44:56 | music
・・・なんか映画の題名みたいですね~笑 IL DIVOのサードアルバムのコピーなんですが。 「IL DIVOがうたう。極上のロマンスが、そこにある。そして、世界は恋におちる」 うーー、コテコテ~ 三枚目のアルバムが出ました~。 なんだか来日公演のチケットがすごい事になってますが。まさにプレミアチケット。私がもし明日の生活に困っていてどうしようもなくて、えーいチケットを売ってしまおう!と思って売り . . . 本文を読む
コメント (4)

ディパーテッド

2006-11-27 16:55:32 | 映画祭
東京国際シネシティフェスティバルにて . . . 本文を読む
コメント (60)   トラックバック (88)

オフサイド

2006-11-26 16:08:08 | 映画祭
第7回東京フィルメックスにて・・・ 今年はフットボール作品結構見たけど、その中でもとても良かったなと思えたこの作品。 イランでは女性のスタジアム入場観戦は出来ないことになっているらしいのだけど、なんとかして潜り込もうとする少女達の姿を描いている。 W杯出場権を賭けてバーレーンと戦うこの試合に、なんとか入り込むために男装したりしている彼女達なんだけど、黙っていればそれなりに男っぽく見えるんだよね . . . 本文を読む
コメント (16)   トラックバック (22)

パフューム

2006-11-26 00:43:57 | 映画祭
東京国際シネシティフェスティバルにて… . . . 本文を読む
コメント (66)   トラックバック (78)

ちょこっとバレエねた

2006-11-25 10:55:37 | dance・ballet
ちょこっと、ばれえ部員になってちっとも目が肥えませんが・・・すごく年下の彼に夢中になってしまいましたー。爆 まだ弱冠19歳?のダニエル・シムキン君ですー 最近友人に色々教えてもらって、まだまだ少ししか知らないのですがーこれがすごいんですのよ。 公式サイトはここなんですが。 私のホセ(あ、もう私物化してます。すんません)にはないのに、HP持ってるなんてすご過ぎですー。 ウィーンオペラバレエのダンサ . . . 本文を読む
コメント (26)

007/カジノ・ロワイヤル

2006-11-23 17:52:23 | 映画祭
21作目にしてジェームズボンドのピュアなラブストーリーにも触れる今作品。公開に先がけて見てまいりました。 かなりボンドのイメージと違うとかなんとか色々言われ続けてきたらしいダニエル・グレイクのジェームズ・ボンド・・・ボンドのイメージというと私にはショーン・コネリーなんだけど、ショーン@ボンド以上の活躍を魅せてくれて私はご満悦 で、なんでグレイクがボンドのイメージじゃないのかー??「レイヤーケー . . . 本文を読む
コメント (65)   トラックバック (100)

キング 罪の王~THE KING 

2006-11-21 17:04:53 | 映画「か」行の作品
海軍を除隊した21歳の青年エルビスは、一度も会ったことがない父親に会うため、テキサスの小さな町を訪れた。 しかし招かざる客のエルビスは、父デビッドに拒絶される。デビッドは今では教会の牧師になり、妻と高校生の息子と娘がいる幸せな家庭を持っていたのだ。 やがてエルビスは父の娘、つまり自分の妹である16歳のマレリーに接近し、関係を持つようになる。それは悲劇の始まりだった…。goo映画より 復讐劇とい . . . 本文を読む
コメント (22)   トラックバック (23)

三峡好人

2006-11-20 00:08:17 | 映画祭
第7回東京フィルメックス オープニング作品「三峡好人」 ヴェネチア映画祭でサプライズ上映されて金獅子賞獲得。16年前に分かれた妻子を探している男性と、2年前に出稼ぎに来たまま帰らぬ夫を探す女性の、二人の主人公を軸に変わっていく中国の姿を映し出す。 舞台は三峡ダムの建設が進んでいる古都、奉節。 カメラはフィルムじゃなくてHDカメラで撮っていて、これまた鮮明な映像。まるでドキュメンタリーな感じに私 . . . 本文を読む
コメント

RENT

2006-11-19 01:23:00 | ミュージカル・演劇・舞台
ブロードウェイミュージカル「RENT」 11/17 14:00~新宿厚生年金会館 映画でこの作品を初めて見たので、これまでの舞台と比べようもなく映画との接点を探して見ていたような気がする。映画「RENT」の私の感想記事はここで なにぶんそういう見方をしていたので、セットや演出なんかが個人的な判断基準になってしまうんだな。 もちろん、歌は本場のミュージカルとくれば上手いであろうと予測はできたし、 . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (3)

麦の穂をゆらす風

2006-11-19 00:24:00 | 映画「ま」行の作品
麦の穂をゆらす風・・・アイルランドの伝統歌の名曲♪ イギリス支配への抵抗を歌う歌で、19世紀後半から広くアイルランドで歌われるようになりアイルランド抵抗のシンボル的な曲でもある。 詩はロバート・ドワイヤー・ジョイスのもので、愛する人の死をきっかけに独立運動へ参加する、祖国を愛する青年の歌。 映画の中でもイギリスの冷酷な武装警察隊に拷問にあい殺されてしまったミホールという青年の葬儀でこの歌が歌われ . . . 本文を読む
コメント (47)   トラックバック (64)

ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー

2006-11-15 23:32:20 | 映画「な」行の作品
ナオミ・ワッツの幻の初主演作品。 「ザ・リング」や「キング・コング」などでヒロインを演じるようになった彼女。無名時代、ハングリー精神いっぱい明日のハリウッドスターを目指して奮闘する様を描いていく作品。 フィクションだったはずなのに途中で本当にハリウッドスターに登りつめてしまっって、嬉しい誤算?のようなドキュメンタリー風にもなっている。 根性あるのよ、これが・・・。 車には全てのオーデションで役 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (2)

クリムト

2006-11-14 13:48:28 | 映画「か」行の作品
「年内多忙につき、簡単ゴメン!記事です。」…これBrilliant DaysのマダムSさんちから勝手にテイクアウト。爆 どうしても上手く言葉に出来ない作品ってありますよね?(え、私だけ?) 随分と前に見て言葉にできなかったのはシャラマンの「レディ・イン・ザ・ウォーター」とこの「クリムト」 どうもクリムトという人の伝記映画だとばかり思っていたものでして…汗 それにクリムトに対して勉強不足という点 . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (10)

サラバンド

2006-11-14 12:12:30 | 映画「さ」行の作品
かつて夫婦として生活をともにしたマリアン(リヴ・ウルマン)とヨハン(エルランド・ヨセフソン)は、離婚後30年ぶりに再会する。 一方、ヨハンの近くで暮らす彼の息子のヘンリック(ボリエ・アールステット)とその娘カーリン(ユーリア・ダフヴェニウス)は、剥き出しの父娘愛のなかで愛憎をたぎらせ、痛みと苦しみの感情を〈サラバンド〉(バッハの《無伴奏チェロ組曲第5番》)にぶつけていく…。公式サイトより イング . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (4)