シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

カポーティ

2006-09-30 23:00:41 | 映画「か」行の作品
言わずと知れた「冷血」の作者、トルーマン・カポーティ 実際の彼は知る由もないのだけど、フィリップ・シーモア・ホフマンが徹底的に研究したとあっては、スクリーン上にいたのはまさにカポーティ、その人であったのだろう。 予告編で何度も聞いてきた高い声。独特の身振り。 保守的な時代にあってもすでにゲイとしてカミングアウトしていたという彼の素顔に迫る今作品には、多大な期待を寄せていただけに公開が待ち遠しかっ . . . 本文を読む
コメント (35)   トラックバック (60)

フラガール

2006-09-30 01:40:13 | 映画「は」行の作品
躍らせてくんちぇ~♪ ダンス好きにとってはもっとダンスシーンが見たくもあったけど、あったかい心のつながりに何度も涙をもらいましたー。 昭和40年・・・この頃にはどこにも「一山一家」のような精神があったのだと思う。関わり合う人々それぞれが家族同然であり、映像的には色彩彩度がかなり薄いのだけど、どこか暖色系に包まれた繋がりを見れるし。常磐ハワイアンセンター設立に向けて奮闘する炭鉱町の人々の熱いヒュ . . . 本文を読む
コメント (48)   トラックバック (49)

薬指の標本

2006-09-30 00:43:43 | 映画「か」行の作品
とらわれていたい・・・ 21歳のイリスはある夏の日、炭酸飲料工場で薬指の先端を失う事故にあう。 それがきっかけで近隣の港町へ引越し、標本室で働くことになる・・・ よく言えば幻想的でものすごくエロティック。 イリスの肌に粒のような汗が伝っている様なんかは、湿気がありじとっとした暑さが想像できるし、とてもなやましい。 少女のような無垢な存在が、その若さと無防備なほどに何かへの好奇心と憧れじみたも . . . 本文を読む
コメント (20)   トラックバック (15)

奇跡の朝

2006-09-30 00:40:30 | 映画「か」行の作品
ある朝突然亡くなった家族が、生前の姿そのままに戻ってきたら・・・ 現実にはどう考えてもありえない話を大真面目に語っているので、実にリアルに思えてくるような錯覚に陥った。 蘇生者たちはゆっくりと歩き続ける。その姿はやはり不気味で血の気がないのがわかるようにはなっている。 低体温でもあり、表情に乏しく言葉の表現も生前の記憶に伴うことしか話せない。 思考というものはストップしているようだが、普通に生 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

記憶の棘

2006-09-29 22:35:52 | 映画「か」行の作品
ジョナサン・グレイザー監督独特の、行間で見せる作品というか心を見るものに読ませるような映像が、冒頭から最後まで続く。 ジョギング中の一人の男を執拗に追うカメラといい、二コール演じるアナの表情をアップで撮り上げるその手法に、否が応でもひき付けられる。 デプラの音楽もかなり印象的。もう少し抑えて欲しかった気もするけど。 あくまでも人物の心理に視点を置かざるを得なくて重々しい感じ。 終始演じ手の息 . . . 本文を読む
コメント (17)   トラックバック (21)

イルマーレ

2006-09-29 22:32:42 | 映画「あ」行の作品
私は映画通でもなんでもないし、例によって韓国版は知らないので何がどうとは言えないし、きっと比べてしまうと思ったので事前にも見てません。 見終わってみると、違いはどうなんだろうと気にはなったけれど。 この作品自体は結構ロマンティックに仕上げていて、初めて見る私にはなんとなく大人のファンタジーに思えて入り込めた部分と、現実的な事にちょこっと重ねたりして複雑な心境になった部分とで、半々かな。 サンド . . . 本文を読む
コメント (19)   トラックバック (29)

シャーロットのおくりもの・・・雑記

2006-09-22 09:59:10 | シャーロットのおくりもの
最近「シャーロットの贈り物」と検索するとこちらがよくヒットするらしく・・・お越しいただくお方が増えているようですが・・・ . . . 本文を読む
コメント (2)

キンキー・ブーツ

2006-09-21 12:44:05 | 映画「か」行の作品
突然の父親の死で、倒産秒読み寸前の田舎の靴工場を相続したチャーリー。悪戦苦闘する彼の前に現れた、救いの女神は・・・ドラッグクイーンのローラだった! ドラッグクイーンたち(♂)の悩みは小さな女性用の靴を無理やり履いていること。チャーリーの悩みは、工場を救うための新商品の開拓。 両者の利益が一致したとき、前代未聞の男性用SEXYブーツ作りが始まった!しかし、自分たち自身が「自分らしく生きたい」と手 . . . 本文を読む
コメント (26)   トラックバック (31)

2006-09-19 18:55:47 | 映画「や」行の作品
船の上で暮らす老人と少女がいた。10年前、老人がどこからか連れてきて以来、少女は釣り人を運ぶ船の上から一歩も出ないまま、もうすぐ17才になろうとしていた。 それは、老人と少女が結婚する日でもあった。老人は、カレンダーに印を付け、その日を心待ちにしていた。 少女に、いたずらする男がいると、老人は弓で威嚇して彼女を守った。その弓を放ってする弓占いは、釣り人に人気だった。老人と少女は、固い信頼で結ばれて . . . 本文を読む
コメント (20)   トラックバック (27)

惑星・・・(冥王星付き)

2006-09-18 20:43:39 | music
「太陽」を見たらむしょうに聴きたくなった、ホルストの惑星♪ 冥王星が惑星から外されちゃったことで、話題のCDになったサイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏の「惑星・・・冥王星付き」 この最高の組み合わせで演奏された21世紀の新しい「惑星」に、コリン・マシューズ作曲の「冥王星」とベルリン・フィル委嘱「小惑星(アステロイド)」の世界初演も収録。 CDだとわかりづらいものがあ . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (1)

太陽

2006-09-18 12:09:36 | 映画「た」行の作品
闇は、まだ明けなかった・・・好きな事には没頭し饒舌に語りどこか天真爛漫さが見え隠れする、ごく当たり前の普通の人間、天皇ヒロヒト。 . . . 本文を読む
コメント (31)   トラックバック (44)

最近バトン

2006-09-15 21:45:26 | baton
少しご無沙汰してましたバトンがカリスマ映画論の睦月さんよりまわって来ました。  睦月さん、スマップのコンサートに行かれたようで・・・楽しかったご様子が、どうもワタクシの「シザーハンズ」ラプソディーと重なり、もうこれしか書くことないでしょって・・・もちろん書きます。笑 あ、もういいよって言わずにこれを見かけた方は諦めて読んで行って下さいな。 1.最近の嬉しかったことは? ・・・そうですね、 . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (4)

ルイーズに訪れた恋は・・・

2006-09-13 17:26:19 | 映画「ら」行の作品
銀座テアトルシネマにて公開中、年下の男性とのカップルは入場料がお二人で2,000円・・・らしいけれど。一日カップル誰かにお願いすれば良かったなあ。爆 そう、「ディア・フランキー」のリジーの様に。笑 40歳を目の前にして、離婚しながらも安定した仕事とそれなりに充実した毎日を送る彼女だが、やはり過去の楽しかった時の思い出は忘れられないようだった。 どこか高校生の頃が楽しかったらしく私も当時の夢を . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (4)

マシュー・ボーン ザ・カーマンDVD

2006-09-13 00:31:26 | dance・ballet
先日までマシューの「シザーハンズ」にはまりにはまった私の見苦しい狂詩曲をここでも書いてきましたが、マシューつながりで「ザ・カーマン」のDVDをお借りすることが出来まして!借りてないで買えば~ぁ?!ってところですが。笑 クラシック作品を現代に置き換えて舞台化するマシュー・ボーンの世界ですが、この「THE CAR MAN」はかの有名な「カルメン」から作られているのが綴り字をみればなんとなくわかります . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

アガサ・クリスティーの 奥様は名探偵

2006-09-11 14:47:37 | 映画「あ」行の作品
美しく広がる田園のお屋敷で、悠々自適な生活を送る、好奇心旺盛な奥様、プリュダンス。 夫のゼリベールは、頼りないところもあるが、夫婦仲はよく、今も時折熱い夜を楽しむほどの愛妻ぶりだった。 ある日、ゼリベールの叔母が老人ホームで亡くなり、遺品を整理していたプリュダンスは、その中の一枚の絵に胸騒ぎを覚える。調べてみると、この絵の持ち主だった老婦人が失踪したことが分かる。 事件の予感“親指のうずき”を感 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (16)