シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

46億年の恋

2006-08-28 01:48:55 | 映画「や」行の作品
三池ワールドは初心者なんでお手柔らかに・・・なんて思っていたけど。 やられましたねー。いきなり私の心を掴んだのは金森穣の熱い魂を感じるダンスだった。ダンス好きならわかると思うけど、肉体の表現を冒頭でやられてしまったら、この男だけのワールドに入り込まざるを得ないでしょ。 男臭さ感じる作品。容赦ない燃え滾る動のパワーと、内に秘めた静(聖)なるパワーのせめぎ合い。一応サスペンス風に話は進むのだけど。 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (9)

マシュー・ボーン 「エドワード・シザーハンズ」 その4

2006-08-28 00:59:08 | dance・ballet
8/26(土)ゆうぽうと簡易保険ホール 18:00~ この日はかなりハプニングがありまして・・・。 何があったかというのは日記の方に書きました。 ところで。 この日はサムのエドワード。三回目。 実は彼ってユーモアの部分がとても引き立つんだなってよくわかってきました。 哀しさのほうが先に見えちゃうので、どうもその辺が思い違いをしていたようです。もちろんパンフにはご自身もユーモアの表現の方が得意だ . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (3)

ブラウン夫人のひめごと

2006-08-26 12:24:31 | 映画「は」行の作品
ジュテーム・シネマ・フェスティバルの2作品 最終日にまたしてもぎりぎりで鑑賞。 でも、思いのほかすごく良かったので見逃さなくてよかったー まず「ブラウン夫人のひめごと」 監督はローラン・ブーニング そして個人的に特筆すべきは…音楽はマイケル・ナイマン すごく情緒溢れるスコアで表現が豊か。とても聴き入ってしまった。 南仏のリゾート地リビエラ。いくつかの束の間で淡く切ない恋。 年老いた元外交官の . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (3)

マシュー・ボーン「エドワード・シザーハンズ」その3

2006-08-25 00:47:01 | dance・ballet
8/24(木)ゆうぽうと簡易保険ホール 14:00~ 今日はサムのエドワード。 これがまたすごく良かったのですよ。 初日はやはり緊張していたのでしょうかね。 今回の彼のダンスはすごく伸びやかでキレもあって、何よりも楽しんでるって感じを受けたのですが。 表情も硬くなく、結構リラックスしていた気がしました。 指(はさみ)の先まで神経を集中しているような、そんな繊細さも感じましたし、ジャンプも以前 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

ユナイテッド93

2006-08-24 01:13:30 | 映画「や」行の作品
見てからなんていうのか…。ずっと言葉が出てこなかった。 どこか言葉にするのも難しくて言いたい事が上手く言葉に出来なければ、いっそのことずっと書かないでおこうかと思った。 でも未熟ながら・・・自分の記憶に留める分だけ少しだけ書いてみようかと。 実はこの作品は見たくなかったのでなく、何よりも見たかった。むしろあの日起きた事が真実味がなく自分には映画のようだったので。 だからこの映画が現実のような . . . 本文を読む
コメント (34)   トラックバック (50)

マッチポイント

2006-08-20 18:33:55 | 映画「ま」行の作品
アイルランド人のクリスは、英国の上流階級に憧れる野心家。 高級テニス・クラブのコーチになり、金持ちの息子・トムと親しくなる。 ある日トムに誘われてオペラに行くと、トムの妹・クロエに気に入られる。 やがて交際が始まり、クリスはクロエの父親の会社の社員になり二人は結婚、クリスの人生は前途洋々に見えた。 しかしクリスはトムの恋人・ノラとも浮気を続けていた。 ノラを愛しているが、クロエが与えてくれるリッチ . . . 本文を読む
コメント (55)   トラックバック (68)

マシュー・ボーン 「エドワード・シザーハンズ」 その2

2006-08-20 17:10:41 | dance・ballet
8/19(土)18:00~ 今日はエドワード役がリチャード・ウィンザーでした。 もう違うキャストで見られる幸運に恵まれて、嬉しいの一言。 でも初回って意外と目線が欲張りになっているもので、重点的に何かを集中的に追ってるとかしていない為に、そんなに細かいところは覚えていないものです。 実はサムのエドワードもじっと凝視していたわけでもなく、この舞台はあまりにもダンサーが多いこともあって視覚的情報 . . . 本文を読む
コメント (9)   トラックバック (1)

マシュー・ボーン‘ズ エドワード・シザーハンズ

2006-08-17 11:59:22 | dance・ballet
8/16 ゆうぽうと簡易保険ホール 19:00~ (キャスト表はこの記事の一番下に記述) 指折り数えて待ってました。 一晩寝て起きても興奮冷めやらぬ今・・・ ちょっとイタイ私の鑑賞記、ネタばれありで思いっきり書かせていただきます。 未見の方は危ないと思ったあたりで読むのをご遠慮くださいね。。。 まず一言。 これは映画の「シザーハンズ」そのものではありません。 全くの別物です。それに一応バ . . . 本文を読む
コメント (15)   トラックバック (4)

ジダン 神が愛した男 ~ZIDANE

2006-08-16 12:03:00 | 映画「さ」行の作品
これはサッカー映画ではない。 2005年4月23日 サンティアゴ・ベルナベウにおける、レアルマドリード×ビジェアレアル戦でのジダンのみを、17台のハイビジョンカメラやズームで追いかけ、90分間という試合を長回しで撮影した、「仕事中の男の肖像画」である。 華麗な足さばきやプレーはもちろん出てくるのだが、それらを期待して見ると見事に裏切られる。絵画としての肖像画に近い、ジダンという人間を映像を通し . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

ヴァンパイヤは猛威を振るう・・・

2006-08-16 00:09:53 | その他
V.V.は自家感染する・・・とおっしゃる首都クロムのElieさまのブログより、面白そうな記事を無理やり持って帰ってきました!笑 実はこの頃ヴァンパイヤ熱にうなされていた私。。。 先日CSでブラッドピットとトムクルーズの「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイヤ」も偶然見たばかり。久々に改めて見ると又新鮮な驚き… そしてミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイヤ」ウィルスが活動し始めちゃいましたようでして . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

愛と死の間で

2006-08-13 22:25:14 | 映画「あ」行の作品
アンディ・ラウのファンなら泣いて喜ぶ作品でしょうか。ファンでもなくても泣きましたが。笑 別に初日初回を狙わなくてもよかったかなと思いつつ、写真までもらってしまった…。どうしよう ところで。 病気ネタは涙腺がすこぶる弱いワタクシには反則技なのに。 泣くだろーと予測して行ったがホントにこみ上げるものがあった。 特に後半。最後の最後に… すれ違う二組の夫婦。接点は事故で亡くなった最愛の妻の心臓。 夫 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (6)

狩人と犬、最後の旅

2006-08-13 18:21:29 | 映画「ら」行の作品
ノーマン・ウィンター(本人)ロッキー山脈で罠猟を続けてきたラスト・トラッパー。ナハニ族インディアンの妻のネブラスカ(メイ・ルー)と犬そりを牽く7頭の犬達とともに厳しくも美しい大自然の中で暮している。(公式サイトより) 厳しくも美しい・・・そんな映像に寄り添えるだけでも気持ちは安らぐ。 動物達との共存。猟をしながら生態系を調節する彼ら。 必要な分だけ猟をする、という台詞が胸を突く。 人は毛皮欲しさ . . . 本文を読む
コメント (20)   トラックバック (16)

ハード・キャンディ

2006-08-11 23:52:37 | 映画「は」行の作品
ハード・キャンディ・・・ 1. コ-ンシロップから作ったキャンディ 2.堅いけど砕けやすいキャンディ 3.○○した○○スのこと。キャンディと呼ばれているのは、ビッチ(女)たちがキャンディと同じくらいそれをなめるのが好きだから。 4. (名詞)ヘ○○ンの俗語 goo禁止ワードにひっかかりそうなんで、はっきり書けない。爆 意味からしても甘いキャンディー(お話)ではない事がよくわかる。 「赤」という . . . 本文を読む
コメント (23)   トラックバック (19)

ブライアン・ジョーンズ ~ストーンズから消えた男

2006-08-10 23:01:04 | 映画「は」行の作品
ビートルズとかローリングストーンズ世代とは一回りくらい、いや、もっと??(笑)下の世代になるので、もちろんリアルタイムでは聞かなかった音楽たちで、R&Bなんてどこか大人びた音楽というイメージがあり、ティーンエイジャーの頃はこれが大人だ、みたいな感覚で随分と背伸びをして聴いていた気がする。 薬とアルコールの影響で偶発的な溺死として公表されたが、時代のアイコンであったブライアンの死は幾度となく謎とし . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (15)

シャーロットのおくりもの♪雑記

2006-08-09 13:36:03 | シャーロットのおくりもの
先日今年のアメリカでクリスマス公開映画「シャーロットのおくりもの」についてもろもろ書きましたが、スタッフのKoji Yamaguchiさんからコメントまでいただきました。ありがとうございます♪ imdbのフルキャストページ「Visual Effects」にもお名前がきちんと載ってましたので、お知らせがてらお礼にリンク貼らせていただきます。 色々、映画のお仕事もされてますね~チェックしちゃいました . . . 本文を読む
コメント (2)