シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

ダイヤモンド・イン・パラダイス

2006-02-28 15:47:51 | 映画「た」行の作品
これは007のコメディ版ルパン3世 エメラルドグリーンのバハマの海を見ながら、泥棒家業から引退したマックス(ピアース・ブロスナン)と恋人のローラ(サルマ・ハエック)はゴージャスに生活を堪能していた。 彼らに翻弄されながらもFBI捜査官のスタン(ウディ・ハレルソン)は、豪華客船「セヴン・シーズ」に最後のナポレオンダイヤモンドが展示されているの知って、挑発し逮捕しようと彼らに近づく。 見所とし . . . 本文を読む
コメント (18)   トラックバック (37)

経験バトン

2006-02-28 01:04:33 | baton
バトンが続きます~ カリスマ映画論の睦月さんより「経験バトン」を受け取りました! 睦月さん、いつもの文章から抱くイメージとちょっとかけ離れていて、すっごく面白い方です ますます魅力を感じますわ~ いつもありがとうございま~す! 早速お答えを・・・ ※ルール : 経験したことのあるものには○、ないものには×付ける。  そして、1個だけ質問を増やして5人にバトンをまわす。 ■入院 : . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (5)

アウトサイダー DVD

2006-02-26 15:31:07 | 映画「あ」行の作品
ここでポニーボーイがある詩人の詩を想う。 みどりなす自然のいぶき きびしいさけびを秘めて 純金 芽吹く葉は 花ひとつ だが それも たまゆら やがて葉は葉と落ちて エデンの園は 悲しみにしずみ かくて夜明けは 日に移る 輝くものは輝きのままにとどまらず (原作より) この詩に感銘を今でも何か受けてしまう。 そしてこれが、ジョニーが最期の時にポニーボーイとダラス(マット・ディロン)に向かって . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (3)

ランブルフィッシュDVD

2006-02-25 10:56:32 | 映画「ら」行の作品
マット・ディロンに魅せられているこの頃~初恋復活の兆し…笑   今の私が見てみると、悪いけどすごく面白い! あのですね、ストーリーはさほど面白くないと感じるかも。 でも映像が素晴らしい!! まるでモノクロ写真をコマ送りで見続けているような感じ。どのシーンも構図がすごくセンスがいい。 遠近感ある撮り方で、ここの場面にどの位置に立つとカッコよく決まるか、っていう所をちゃんとおさえている。 だから . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (3)

色バトン

2006-02-24 11:33:43 | baton
色バトン・・・を「ミチの雑記帳」のミチさんより受け取りました~! ミチさんのイメージか・・・う~ん、ご自分ではビタミンカラーとおしゃってましたね♪私からするとミチさんのイメージは「すみれ色、ヴァイオレット」ですわ~! う~ん、宝塚お好きだったって聞いたし(爆)可憐な花のイメージ。でも、ちゃんと主義主張もしっかりとなさっているような。 ミチさん曰く、私は「アイスブルー」だそうで・・・ ブログカ . . . 本文を読む
コメント (13)   トラックバック (6)

眠れる森の美女

2006-02-23 00:29:29 | dance・ballet
「眠れる森の美女」東京バレエ団 2月21日 18:30~ 東京文化会館大ホール オーロラ姫:       吉岡美佳 デジレ王子:       ウラジーミル・マラーホフ リラの精:        上野水香 ガラボス:        芝岡紀斗 フロレスタン国王:    重石太志       王妃:     坂井直子 カタラビュット/式典長   野辺誠冶 「プロローグ」 妖精キャンディード(純真の . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

アサルト13 要塞警察

2006-02-22 01:39:11 | 映画「あ」行の作品
「13」・・・っていう数字は不気味~ 外は猛吹雪、大晦日。老朽化のために閉鎖になる13分署の最後の日は残された仲間うちでそっと終わるはずだった・・・ 悪天候の為に凶悪犯たちを乗せた護送車が立ち往生し、13分署に緊急搬送されてくるが・・・ 結構息をつかせぬノンストップアクション。 緊張感が持続できる描き方はとてもリアルな心理劇こそ!!手持ちカメラが多くて酔いそうなるが、視点があちこち変わって . . . 本文を読む
コメント (18)   トラックバック (37)

ウォーク・ザ・ライン

2006-02-20 19:49:57 | 映画「あ」行の作品
ゴールデングローブ賞<ミュージカル・コメディ部門>主要3部門受賞 作品賞・主演男優賞「ホアキン・フェニックス」・主演女優賞「リーズ・ウィザースプーン」 アカデミー賞5部門ノミネート 主演男優賞・主演女優賞・編集賞・衣装デザイン賞・音響賞 ジョニー・キャッシュ・・・1950年代エルヴィス・プレスリーやカール・パーキンスと共に黄金時代を築き上げたカントリーロカビリーの先駆者。 ボブ・ディラ . . . 本文を読む
コメント (38)   トラックバック (70)

ナイト・オブ・ザ・スカイ

2006-02-19 03:01:12 | 映画「な」行の作品
原題・・・「LES CHEVALIERS DU CIEL」 しいていうならフランス版の「トップ・ガン」←1986年に公開されるもっと以前に同作の原型ともいえるフランス人気コミックの、30年もの時を経て映画化された作品 ←ブノア・マジメル・・・お髭フェチの私から言わせるとまだ生やすお年ではないでしょう~!?!笑 もうちょっと年をとってからのほうがお似合いですわ。 でも、なんだかんだといって . . . 本文を読む
コメント (16)   トラックバック (35)

クラッシュ その2

2006-02-17 17:40:59 | 映画「か」行の作品
なんとなくあとからじわじわくる作品「クラッシュ」 先日公開後まもなく見てきたのですが、なんとも又見たい気持ちに押されて見てきてしまった。ネタばれなしではありませんからご注意を・・・ 先日見たときの感想はこちら 群像劇だとどうしても印象の薄いものもあると思う。 なんとこれだけの評判の作品にしては途中まで、「なんでこれがノミネートされる作品?」とまで思ったくらい。自分はひねくれているのか?・・・な . . . 本文を読む
コメント (41)   トラックバック (38)

PROMISE~無極~

2006-02-16 12:20:11 | 映画「は」行の作品
アジアのどこか「未来における3000年前から」現代へ届けられた「約束~PROMISE」 ・・・映画的にはスゴク面白い作品ですよ。映像のインパクトさ、無限の発想力、ありえないと思わせる技てんこ盛り。ありえない…なんて思わせない映像の支配力に屈して何も言わずに楽しんだ。 加えて音楽が結構秀逸だったと思うのですが。SAYURIほど中華和風洋風ミックスでうるさくなく、でもストーリーには十分絡んで、見て . . . 本文を読む
コメント (28)   トラックバック (52)

ジャーヘッド

2006-02-13 17:03:51 | 映画「さ」行の作品
戦争映画というより兵士達の日常を描いた人間ドラマ。 この作品では一切人を殺さない主人公達…緩慢とした日々に悶々としながらも、淡々と物語りは進む。私の知ってる戦争映画とまるで違う。 若いうちのエネルギーというものは破壊力を秘めていると思うが、それらを発散させる矛先もなく待つことを強いられる。 自分自身との戦い。こんな描き方もあるんだなと、目からうろこ。 劇中、マスコミのインタビューや内部の取材 . . . 本文を読む
コメント (25)   トラックバック (59)

クラッシュ

2006-02-12 19:46:07 | 映画「か」行の作品
連鎖する衝突。そこから繋がっていく人の運命。 ロサンゼルスは孤独な街。人種によって居住区が分かれているこの街で、偶然の事故が人種を絡ませる。そして差別偏見を浮き彫りにさせる。 監督はミリオンダラーベイビーの製作脚本でアカデミー賞ノミネートされたポール・ハギス。この作品で監督デビューを果たす。 この作品には主人公と断言できる人物がいない。逆を言うと誰しもが主人公。短い上映時間の中でその人物達の . . . 本文を読む
コメント (64)   トラックバック (109)

W杯を前に・・・

2006-02-11 11:20:05 | その他
まったく最近情報に疎くなってしまったのですけど・・・ イル・ディーヴォ情報をお届け ”6月開幕のFIFAワールドカップ・ドイツ大会の公式テーマ曲が、4人組の多国籍ボーカルグループ、イル・ディーヴォの「タイム・オブ・アワ・ライヴズ」に決まったことが7日、分かった。8日にも、FIFAが発表する。先月発売のセカンド・アルバムが、全米総合チャート初登場1位を記録するなど、すでに世界的スーパースターの彼ら . . . 本文を読む
コメント (2)

オリバー・ツイスト

2006-02-10 22:43:48 | 映画「あ」行の作品
サム・ウォーターって名前、意外といいねえ…笑  孤児で育ったオリバーが無垢で純真な心のまま困難に負けず生き抜く原作の映画化。 80億円かけたセットには、かなりのリアルさを感じ圧巻。でも、でも、暗い映像…もともとロンドンは曇や雨が多いのでしょうけど、色彩感度が本当に低く暗いイメージ。炎や衣装のオレンジ色がその暗さを強調するかのよう。 孤児院が暗いイメージの施設という先入観をも与えそうな感じ。実際 . . . 本文を読む
コメント (25)   トラックバック (52)