シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

クラシカル・クロスオーバー その3

2005-11-30 22:13:22 | music
先日発売になったばかりのエンヤのアルバム「アマランタイン」を聴いた。5年ぶりというからファンにとっては待ちに待った作品集なのでしょうね… 優しい声の響き、癒しのリズム。ケルト音楽からきているような独特なリズムと壮大感。ケルト民族に流れる自然と一体になる喜びや、そこに生きるプライドなんかが感じられる。 多重録音という独特なスタイルで「エンヤ」という確立された音楽。 宇宙と子供を宿した母体の神秘に . . . 本文を読む
コメント (4)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

2005-11-29 10:30:30 | 映画「は」行の作品
それぞれが変わっていく…新たな序章のような作品   今までの1~3作品と何が違ったと感じたか、というとまず映像の光のとらえ方。 それから音楽。 スケール感がもっと壮大にそして荘厳に。最初にポートキーでトリップするシーンなんかは本当に広大な自然を写し出し、陽の光に心奪われるくらいの映像とアングルですばらしかった。ワールド・カップのシーンには鳥肌立つくらいの盛り上がり。 今回は妙にリアリティを感じる . . . 本文を読む
コメント (34)   トラックバック (40)

パッション byスターチャンネル

2005-11-26 21:31:24 | 映画「は」行の作品
映画館では見る機会がなかった。録画しておいて後で見ようと思っても、なかなか見れなかった。…見たら、大画面で見なくて良かったと思った 見る前もかなり構えていた。ここまで人の醜い部分を容赦なく描き出し、それを受け止めようとした一人の(ここでは)人間の心の葛藤をごまかすことなく映像化している作品に、打ちひしがれた思いで心が痛かった。ちゃんと目をそむけないで全部見た。見終わって脱力感におそわれてしばらく . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

クラシカル・クロスオーバー その2

2005-11-24 09:52:27 | music
サラ・ブライトマン …アンドリュー・ロイド・ウェバー氏の元奥様で彼のミュージカルナンバーは当時最愛の妻、サラの為に捧げられた曲といっても良いほどであり、彼の業績によって常にミュージカルの世界ではトップの座に君臨することとなるが、その夫によるものというジレンマに悩み6年の結婚生活にピリオドをうつ。 その後クラシカルクロスオーバーという新しい分野を切り開き、第一人者となった。 毎回違うテーマに沿って . . . 本文を読む
コメント (2)

大停電の夜に

2005-11-22 23:08:10 | 映画「た」行の作品
こんな夜だから、突っ込み入れさせていただきます 私は映画に現実逃避しているので、邦画は実にリアルに感情を刺激し自分の頭の中に現実が容赦なく入り込んでくるからどうしても突っ込みたくなって仕方がない(笑)私には、邦画=現実なのです。一応このレビューは停電していて私の心の中は暗いということで、いつもは突っ込まないけど今回だから言わせてください(爆) 大停電…ありえますよね。でもクリスマス・イブの割 . . . 本文を読む
コメント (22)   トラックバック (32)

クラシカル・クロスオーバーその1

2005-11-20 23:00:00 | music
最近の流行「クロスオーバー」…クラシックと他ジャンルの音楽を融合させ、華麗で優雅でありながらもポップでカジュアルな音楽… IL DIVO…2003年結成されたばかりで、それぞれがオーデションで約2年かけて集められた。イタリア語でDIVA…歌姫の男性版。メンバーは多国籍で、ポップスですでにデビューしていたセバスチャン・イザムバードはフランス人。そしてクラシックを学びオペラや聖歌隊などの実績を持 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

ラベンダーとフランキー

2005-11-20 00:18:07 | music
今年のマイベスト作品の中の2本立て。上映があるときいてしまったら、新作さておいて見に行ってしまった… まず音楽がベスト。 「ランヴェンダーの咲く庭で」にてアンドレア演じるダニエル・ブリュールは、撮影の2ヶ月前までヴァイオリンの上下がわからなかったくらいだったにもかかわらず、その指使いや弓の弾き方など本当に弾いているように見える。 吹き替えのヴァイオリニストのジョシュア・ベルの音に私は恋に落ちた . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

イン・ハー・シューズ

2005-11-17 23:39:06 | 映画「あ」行の作品
私達は何度もすりむいて、自分だけの靴をみつける・・・INTRODUCTION 弁護士として働く姉とは反対にキャリアもない主人公マギーが誇れるのは、グラマラスなルックスだけ。若さというものは期限がある。 自分の登るべき道を四苦八苦して捜し求める彼女は、最近まで存在さえ知らなかった祖母の住むフロリダで、自分に合うシューズ(仕事と自分)を見つけ出す事になる・・・ 姉のローズは小さい頃からしっかりもの . . . 本文を読む
コメント (37)   トラックバック (46)

エリザベスタウン

2005-11-16 23:42:06 | 映画「あ」行の作品
一人旅に出たくなった…お気に入りの音楽と共に。 オーランド演じるドリュー。会社に大損害を与えてしまった事で解雇されて頂点からどん底に落ちる。自分自身の未来に希望が持てなくなり、更にそこに父が亡くなったと連絡が入る・・・ 向かった先はエリザベスタウン。親戚達に久々に会い、その中で出会ったクレアとの恋愛模様を絡め、自分自身取り戻していく再生の物語。 ・・・不謹慎にも私は握っていたハンカチを涙で . . . 本文を読む
コメント (15)   トラックバック (26)

ハウルの動く城 DVD

2005-11-15 13:13:43 | 映画「は」行の作品
密林から、あるCDがこない、こない、こない、…とずっと待ち続けていたら、ポストにメール便が!やったぁ、きたぁ~と思ったら、「ハウルの動く城」だった…ごめん、ちょっとがっかりした もう、詳しい内容忘れちゃったわ、というところなのでこれからゆっくり見させてもらってから感想をUPしようかと思います。 でも、私が頼んだのはDVD2枚組みのもの。 英語版の声優さんたちがちょっと気になったので載せておきま . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

ヒーリングmusic CD

2005-11-13 21:00:08 | music
サイレント・エモーション 「TERRA」…最新CMと癒しのTV&映画ヒット曲で綴るリラクシング&リフレッシュアルバム  中身はというと… 1.ハリーズ・ゲームのテーマ/クラナド (トヨタ「レクサスGS」CMソング) かつてエンヤも在籍したケルティック・グループによる地球的自然を感じる癒しのサウンド 2.世紀を超えて(ビヨンド・ザ・センチュリー)/アディエマス (NHKスペシャル「世紀を超え . . . 本文を読む
コメント (2)

ブラザーズ・グリム

2005-11-11 00:12:20 | 映画「は」行の作品
コメディじゃないの?ファンタジーなの?どっち? 事情があって冒頭から見ていない。赤頭巾の女の子が森に入っていく場面から見た。もしかして一番大事な場面を見逃した?冒頭からしてすでにへましてる私… 純粋なファンタジーかと思って見ていた。…ら、違った。これはコメディー!? ファンタジー作品を期待して見ていたら期待はずれになるのでしょうか。 個人的にはブラックというか、くだらない所で笑ってしまったりし . . . 本文を読む
コメント (28)   トラックバック (47)

ヴェニスの商人

2005-11-08 00:56:36 | 映画「は」行の作品
シェイクスピアの書いた37の戯曲の中で最も人気が高く、この作品が日本では初演。ロマンテックなラヴストーリー。スリリングな法廷劇。人権と復讐。…INTRODUCTIONより *かなりのネタばれ含みます 時は16世紀の末。そしてヴェニス。貿易商のアントーニオの元に、若い彼の親友バッサーニオがベルモントに住む才色兼備のポーシャに求婚する為に、借金を申し込みにたずねてくる。 アントーニオの全財産は船 . . . 本文を読む
コメント (37)   トラックバック (38)

ホセ・カレーラス テノール・リサイタル2005

2005-11-06 01:36:29 | music
私の愛すべき筋金入りのカレーラスファンのお姉さまに勧められたのもあったのだけど、一度でいいから聴いてみたかったそのプラチナ&ベルベットヴォイス…(勝手に命名)サントリーホールにて聴いてまいりました。 私は声楽の知識も全くないし、楽器以外のコンサートには仕事を抜きにしては出かけたことがありません。(クラシック) …なので、このような素晴らしいお方の感想なんておこがましくて書けるはずもないのです。だ . . . 本文を読む
コメント (9)

VPOのCD

2005-11-05 00:27:05 | music
シューベルトの交響曲全集をみつけた。 詳細はココで… タワーレコード ところで先日の来日コンサート以来、すっかりウィナートーンにはまっている私。 シューベルトプログラムで魅せてくれた記憶に新しいところだが、4枚組にしてはお値段も安くてカラフルCD そして録音は1987年から1993年にかけて少々前になるが又新たに2001年に再編集されたものらしい。若い頃のムーティの写真も掲載されている。ジャケ . . . 本文を読む
コメント (5)