シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

ベスト・オブ・アンドリュー・ロイド・ウェバー

2005-08-31 22:47:03 | music
オーケストラで聴くオペラ座の怪人…CD聴きました 珍しく密林にしては届くのが遅かった。今か今かとまちわびてしまったワ… ところで、これはウェバー卿のミュージカルナンバーをオーケストラでつづっていくCD。 アンソニー・イングリス指揮 ロンドン交響楽団 そして1991年録音。 ‘91年録音というのを知らずに聴いていたので、後でなるほど…と思ったのだが、それは後で記すとして… ☆オペラ座の怪 . . . 本文を読む
コメント (4)

オペラ座の怪人 再び

2005-08-29 01:31:44 | 映画「あ」行の作品
DVDがきてからまたオペラ座…にはまるこの頃。なんでこんなにも執着するのか…といえば、自分にも映画の中に感情移入しすぎて同じ要素があることだと思っている。 はっきり言ってこの映画は自分自身を知るようでかなり勇気がいった。 どれも全て抽象的に描いているような気がして、はっきりと明確に台詞で心情を語る訳でもなく、表情や態度しぐさで読みとらなければならないし、理解力をも試される。 実につながらないシー . . . 本文を読む
コメント

オペラ座の怪人DVD

2005-08-27 00:29:29 | 映画「あ」行の作品
コレクターズエディション…外箱はベルベット調でDVDは3枚それぞれ1枚ずつ、ファントム、クリスティーヌ、ラウルのキャラクターの表紙のものに収められている。そしてポストカード付き      特典映像はほとんど、パーフェクトガイドに付属していたDVDの豪華版という感じだった。もっと違うものを期待してた為に少し物足りなかったかな。ただし、エミー・ロッサムのスクリーンテストはお初だったか。後は未公開シーン . . . 本文を読む
コメント (2)

ベルリンフィルとサイモン・ラトル

2005-08-23 17:43:04 | music
2004年11月に来日に続き、今年もまたやってくる♪ 日程は ☆2005年11月20 日NHKホール ☆ベルリオーズ:「海賊」序曲 ☆ラヴェル:バレエ音楽「マ・メール・ロワ」 ☆ベートーヴェン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 ☆2005年11月21日サントリーホール ☆ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲 ☆アデス:アサイラ ☆R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」 今年はすご . . . 本文を読む
コメント (4)

オーケストラで聴くオペラ座の怪人

2005-08-21 21:50:00 | music
8/24発売のオーケストラバージョンのCD どうでしょう…いつもならどなたかの聞いた感想をもとに購入するのですが、今回は予約してみました 感想は後日聞いてから書きます DVD発売も近いし、ジェリー来日も近し楽しみは多いのだけど、DVDもう少しお安く出来なかったのかしらん…群を抜いて高いよ~でもファンにとっては安いのかなあ。特典なしだとつまらないし。 日本の貢献度かなりまた上がりますな… . . . 本文を読む
コメント (2)

サラマンダ-

2005-08-19 17:50:50 | 映画「さ」行の作品
ジェリー来日特集と言うわけではないのですが、たまたまスカパーで見たのでジェリー出演作品を少し… 永い眠りから覚めた巨大ドラゴン「サラマンダー」 少年クインは母の働いている地下の工事現場にて目撃。 その後炎を吐き全てを焼き尽くし、灰をむさぼり人を食べ、人類滅亡に陥れる。 生き残っている人々は要塞にただ隠れて飢えと恐怖に耐え忍ぶばかりでしかなかった。そして、そんなクインのもとにアメリカの義勇軍が現 . . . 本文を読む
コメント

ハービー・ハンコック in東京 Jazz 2005

2005-08-18 21:26:18 | music
2002年から続くJazzのイベント「東京 Jazz 2005」 8/20&21 東京ビックサイトにて 上妻宏光、ハービー・ハンコック、マーカス・ミラー、ゲイリー・バートン、TOKU、イヴァン・リンス、テレンス・ブランチャード・バンドら豪華アーティストの出演 どうしても都合がつかなくて行けない… Jazzはこの頃めっきり聞かなくなったけれど、ハービーの音楽は結構聴きやすい方では…と思う。 独 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

Finding NeverlandのDVD

2005-08-17 21:34:22 | 映画「は」行の作品
ネバーランドのDVDを見ました。映画館で見たのを含めると今回は3回目。 特に執着しているような気持ちはないのだけど、(買ってるから、何度でも見たいのでしょうが…笑)、やはり見てみたくなる作品は無意識に似たようなものを選んでいるみたいです。 母と息子が絡んでるもの。最近よく見ている。このテーマ意外と多い。大抵が子離れできずにいるか、息子がトラウマになってる母のストーリー。 でも、この作品に限っては . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

コールドマウンテン

2005-08-16 15:41:31 | 映画「か」行の作品
実は先日「アルフィー」を見ようと思ってシャンテまで出向いたのに、突然気が変わり「モディリアーニ」を見てしまった そんなこんなしていたらもう終わってる・・・ モディリアーニ見ちゃったら予告編で「マザーテレサ」等また見たいのが増えてしまった~ アルフィーどっかでまだ見れるでしょう…なんて思って気を取り直して調べたら、銀座シネパトスでまだ少し上映してくれるとの事。 行けるか分からないけれど、ほっと胸を . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

星になった少年

2005-08-15 19:32:42 | 映画「は」行の作品
星になった少年…我が家の少年と見ました 動物プロダクションを経営するおうちに、あるときお母さんの長年の夢だったゾウがやってくる。4人兄弟の2番目の哲夢はゾウの声が聞こえる!?! 「もっと仲良くなりたい…」夢は広がる。 タイにはゾウ使いという職業があり、学校まであるという。僕もゾウ使いになりたい… 哲夢は学校の友達にはなじめず、動物くさい…といじめられている。 お母さんには、それらから逃げたいが . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

クリスティアン・ティマーマンのラフマニノフCD

2005-08-12 21:23:55 | music
クリスティアン・ツィマーマン ラフマニノフ ピアノコンチェルト第1番&第2番 ボストン交響楽団 指揮小澤征爾 ツィマーマンは何年も前、来日リサイタルに出かけて聴いてからファン。 テクニックがすばらしいのは言うまでもないが(脱帽)、繊細さと迫力の演奏に圧倒される。 ラフマニノフは最近人気があるらしいけど、結構ロマンテックで感情的に盛り上がる要素があるこのCD 初心者でも聞きやすいと思う きめ . . . 本文を読む
コメント (2)

シザーハンズ

2005-08-11 03:00:53 | 映画「さ」行の作品
今頃なんで見てるかというと…あまりジョニー・Dにはいまひとつ興味なかったからなんだけど、 この頃どうも気になるのです。きっかけは「シークレットウィンドウ」 我慢できなくてスカパーで見ました。 友人が、よい! とか 大好き! というと、天邪鬼で興味が薄れてしまうのだけど、食わず嫌いで見てもいないのに「ジョニー・デップか…どうしよう…」 な~んて迷い、見るのが嫌になっていたのであります。 けど、 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (7)

モディリアーニ

2005-08-06 08:45:30 | 映画「ま」行の作品
「モディリアーニ」…本当の君が見えたら、その瞳を描こう… (ネタばれあります) 第一次世界大戦後の1919年パリを舞台に、わずか35歳で生涯を終えた天才画家モディリアーニと、彼が愛したジャンヌとの短くも熱く激しい、そして哀しい物語を描くお話。 カフェ・「ラ・ロンド」に世界中から若い芸術家が集まり、毎夜熱くその情熱を酒や煙草を呑みながら語りあう… 芸術に対する熱き想いをぶつけ合うさまがとても . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (10)

BPOのCD

2005-08-04 17:38:14 | music
サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 「アントーニン・ドヴォルジャーク 交響詩集」 まず、一言。私は今までドヴォルザーク…と言っていた。学校でも「ザーク」だった。いつの話だよって言われそう 「ジャーク」なんだ~。…と思ったのは私だけ? DISK 1 交響詩「金の紡ぎ車」 交響詩「野ばと」 DISK 2 交響詩「真昼の魔女」 交響詩「水の精(ヴォドニ-ク)」 . . . 本文を読む
コメント (2)