シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

クラシカル・クロスオーバー その3

2005-11-30 22:13:22 | music
先日発売になったばかりのエンヤのアルバム「アマランタイン」を聴いた。5年ぶりというからファンにとっては待ちに待った作品集なのでしょうね…

優しい声の響き、癒しのリズム。ケルト音楽からきているような独特なリズムと壮大感。ケルト民族に流れる自然と一体になる喜びや、そこに生きるプライドなんかが感じられる。
多重録音という独特なスタイルで「エンヤ」という確立された音楽。

宇宙と子供を宿した母体の神秘に通じる、なんともいえない感じが心地良さを生み出しているのでしょうか。「エンヤ」という音楽に守られた一種の安心感を人は感じ、愛してやまないのだと思う。

1.レス・ザン・ア・パール
2.アマランタイン ※1st Single Panasonic[VIERA]&[DIGA]CM曲
3.イッツ・イン・ザ・レイン
4.イフ・アイ・クッド・ビー・ホウェア・ユー・アー
5.ザ・リヴァー・シングス
6.ロング・ロング・ジャーニー
7.菫草(すみれぐさ)※日本語詞曲、Panasonicうす型テレビ[VIERA]2004CM曲
8.サムワン・セッド・グッバイ
9.ア・モーメント・ロスト
10.ドリフティング
11.アミッド・ザ・フォーリング・スノウ
12.ウォーター・ショウズ・ザ・ヒドゥン・ハート

「すみれ草」・・・映画「ロード・オブ・ザ・リング」に提供した「メイ・イット・ビー」はこの作品の中ででてきた架空の言葉「エルフ語」で歌詞が書かれているらしいが、独自の言葉で曲を書くことを取り入れたのが「すみれ草」で、日本語によるもの。芭蕉の俳句からヒントを得て書かれている。

~~~~~~~~~~~~
ものの哀れ
紫色の花
春の花
と 冬も小雪
はらはら
自然の美かな
ああ!緑の葉と
秋の色
風の声
鳥のさえずり
悲しい海
喜びの海

小石
アヤメ草
~~~~~~~~~~~~

聴いていると不思議にしっくりくる。日本語・・・言われないとわからないかも。
幻想的・・・

鼓動がリズムと一体化してきて曲に入り込めば、自分と見つめあうことも出来るし、温かな何かを感じることも出来る。自然や宇宙の一部だという事を知らされる・・・そんなエンヤの音楽。
でも、どこか物足りなさも感じる。どこまでも伸びていく女性特有の高音の響きが少ない気がする。・・・これはこれで好きだけど。








アマランタイン
エンヤ
ワーナーミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
めざましテレビ (サクラ)
2005-12-01 10:54:37
今朝丁度彼女の特集をしていて、

生ではなかったですが「アマランタイン」を歌ってました。

美しい歌声に心が洗われるようでしたよ。

アイルランド出身というのも、ジェリーファンとしては気になるところです。



着物が好きで今回も既に購入したということでした。

彼女の愛のイメージは赤なので、赤が多く入ったものを選んだそうです。
ケルト (charlotte)
2005-12-01 21:25:17
サクラさん、こんにちは。

ケルト魂には本当魅せられてしまうこの頃です。

リバーダンス以来、興味は尽きません!



エンヤって着物が好きなんですか…赤い着物なんて七五三の時に着た以来ですわ~あはは

随分日本びいきですね。愛のイメージが赤。う~ん、私は逆に白かなあ。

今回のアルバムは私にはちょっとインパクトに欠けますけど、やはり日ごろ疲れているせいか癒されました。
ENYA大好きです! (WildChild)
2005-12-10 20:41:30
ニューアルバム"Amarantine"をリリース日にゲットしました。

これまでの作品に比べると自然や人間の心を超越した崇高さが感じられます。

"Sumiregusa"は昨年のPanasonicのVIERAのCMに出てきたときよりも一層厚みを増しましたね。

エンヤとしてはあのままではちょっと物足りないと思ったので、あの後手直ししたのでしょう。

今回はゲール語の曲はありませんでしたが、ローマが考えた架空の言語"Loxian"の歌が何曲か入っていました。

トールキンのエルフ語の影響を受けて作ったのです。



エンヤって着物が好きなのですか?

私も着物は時々着ます。赤が入ったものも持っています。
こんにちは (charlotte)
2005-12-11 08:52:10
WildChildさん 

コメントありがとうございます!

ファンなのですね!とっても詳しいようで。色々教えてくださいね。

架空の言語でという発想が凄いなあと思います。

日本語もそこに関与しているときくと、ちょっと嬉しかった!

あの心地良さは、女性特有の母性をくすぐる声の周波数によるものなんでしょうかね?

とっても幻想的で、寝る前に聞くとそのまま自然と眠りにつけます。

コメントを投稿

music」カテゴリの最新記事