シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

キングコング

2005-12-21 21:52:02 | 映画「か」行の作品
映画は監督のもの・・・コングはピーター・ジャクソン監督そのものに感じた。容姿が似ているとかではなく、自分をここに閉じこめた感じ。


1933年版のリメイク作品。ピーター・ジャクソン(以降PJ)監督がこのコングに惚れ、人生の指針になった作品を自らの手で現代の最先端映像技術を駆使してよみがえらせた、実に感慨深い作品。監督自身が4作目の「ロード・オブ・ザ・リング」と称したように「ロード…」の成功があってこそ撮る事ができたという、着実でありながらなんというラッキーな映画人生。
運・・・というのも何かを後押しするものだろうか。

PJというお方は、子供の頃からはっきりした映画のビジョンというものがもうすでに出来上がっていて、自分自身のポリシーも監督としてのスタンスとしても明確なものをすでに確立している。そこが細部にわたるこだわりであったりする。単純に言えば、本当に映画というものを商売抜きにして大好きなんだ…という事。

結局は映画というものは監督の自己満足の世界。ただこのお方の場合、違うのはファンタジーも実にリアルな描写で現実的であり、ただのエンターテイメント作品ではないという事。映画というものから何かを受け取って欲しいというスタンスで作成していくから、非常に共感できる何かを織り込んでいくし、そこが他とは一線をしくように感じてならない。

私は現実逃避を映画に求める。でもそこではリアルに現実の私にも繋がっていて共感できるものを感じ取りたいと思う。
矛盾しているが、現実逃避していても現実感をそこに求めてしまう。共感できる描写でなければ感情移入できないから。
PJ作品はリアルさを徹底して描いていく所が、とっても個人的に大好きだ。コングの表情には架空の映像だとは分かりにくい位、とても自然で人間的。

ここでのコングは実にリアルなゴリラだが、ゴリラ以上に人間味に溢れている。
アンが必死でコングの前で芸をするシーンがある。芸を出し尽くして「もうおわり~」と言うがもっと見たい~といわんばかりのやんちゃぶり。その後の寂しげな表情にまるで3歳くらいの男の子を見ている気分になったほど。

夕陽をみて美しいものを共有するのにも人間と動物を越えたものを感じるし、孤独で生きてきたコングが何かを必死で守ろうとする一途なLOVEにも似た感情。そして最後はもうただ戦うだけしかなかった虚無感を目のあたりにしては、涙がとまらなかった
美女がコングを殺した…女は男を狂わす恐い存在だ(苦笑)

アンは予想を反してあまり悲鳴が少ない気がした。自分が「きゃあ~!」という悲鳴に反応してしまうほど、2作目のドワンは叫んでいた事しか覚えていない(汗)
それに比べ、今回のナオミ・ワッツのアンは、原住民やコングに対する恐怖感はあまり感じられなかった気もする位だった。恐怖というより驚愕という感じ。不況時代を生き抜く女性の強さなのかな。

ジャック・ブラック演じるカールはどことなく笑ってしまう。本当に映画が好きというよりは、ヒットさせて人からもてはやされる自分が好き…みたいな。ナルシストっぽいところをなんとなく感じて面白かった。決して悪人という様に描いているように見えず、コングを連れて帰ろうとしてもどこか憎めない姿に写った。

エイドリアン・ブロディのジャック。
この作品ではコングとアンに視点が向いたので、私にはインパクトに欠けた。
アンと恋におちる様も少し物足りなさも感じる。一生懸命アンを助けようと探しに行くがそこには純愛をあまり感じず。

それにジェイミー・ベルのジミー青年。リトルダンサーから随分成長した感じ。ちょこっとダンスするシーンがあったのでちょっと嬉しかった。
個人的に船長役のトーマス・クレッチマン一押し!

動物としての本能は、獰猛で、生きる為に食べ、眠り、子孫を残していく。
古代の生物達も架空のものだけど、実際に存在したかのようなクリーチャーに特撮。ぞわ~っと震えるくらい恐さがあり、現実にリンクする。

ここで音楽も。
音楽はジェームズ・ニュートン・ハワード。
アカデミー賞ノミネート6回 ゴールデン・グローブ賞ノミネート2回 グラミー賞ノミネート1回。
バットマン・ビギンズ(05)、ザ・リング2(05)、ザ・インタープリター(05)、コラテラル(04)、ヴィレッジ(04)、オーシャン・オブ・ファイヤー(04)、ピーターパン(03)など
音楽や音に対するこだわりもみせるPJ。音に対しても繊細に作り上げていく感性にもいつも感心する。ジェームズの音楽も多少うるささも感じたけれど、メリハリがきいていて上手い具合に鼓動を刺激させられた。

そして最近はまっているスタント。
アンのスタントダブルはMin Windle カールはRyan Carey ジャックはTony Marsh


こんな作品を前に、今なぜ「キングコング」なのか・・・
自然破壊への警告。(文明がコングを殺したともとれる。)
今だからこその技術。そしてそれらの技術でリアルさを追求した結果、そこでは登場人物とともに物語を共有し感動し何かを感じ取れる。ただの娯楽ではない、製作陣と俳優さんたちの結晶。・・・改めて映画作りの面白さを感じ、こんな作品に出会えた感動を9歳のPJになった気分で味わった。



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (50)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
« Jの悲劇 Enduring Love | トップ | 歓びを歌にのせて »

50 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
泣けましたね (azamy)
2005-12-21 23:41:50
こんばんは~。

わかっている最期とはいえそれまでのコングの可愛さやアンとの

触れあいを見ていたためか、泣けて仕方ありませんでした。



船長さんは私もプッシュしたいです!(笑)
また泣く (charlotte)
2005-12-22 01:23:13
azamyさん、船長さんに一票ありがとう(爆)

目がどことなくデヴィット・ウェンハムに見えたのです。



・・・動物って人間でいうと3~4歳の子供のかわいさがあるように思います。氷で滑って遊ぶシーンはコングの最後の幸せな時間だと思うと、涙が
charlotteさん★ (mig)
2005-12-22 02:32:51
こんばんは!

いつもコメントなどありがとう♪



そうです、ほんとに映画は監督のものだと思います。。

自分をここに閉じ込めた。。。。いい表現ですね



なんでこんなのリメイクするの!?って言いたくなる作品を理メイクする事も多い昨今、

これぞ最新の技術で、この映画を誰より愛する監督の手によって、復活したのを喜ばしく感じます

いま作ってくれて感謝
TBありがとうございました (ミチ)
2005-12-22 08:54:18
こんにちは~♪

トーマス・クレッチマンは大好きな男優さんですよ!

この映画に出ていると知らなかったので、船長を見たときに「あれ?」と思い、スッキリさせてナチスの軍服を着せて・・・・と脳内変換したら・・・トーマスという確信が持てました

冒険野郎の雰囲気が若き日のハリソン・フォードにも見えました(笑)
わたしも船長に1票 (悠雅)
2005-12-22 20:23:21
こんばんは。

TBありがとうございます。

わたしも船長に1票!

中盤までは、これは絶対船長がいちばんカッコイイぞ、と思ってました。

それが…後半はキングコングのほうに思い入れてしまいました。

コングの目の表情が科白以上に物を言っているように感じました。



本年最後の映画館で観る作品がこれでよかったです。
お返事 (cahrlotte)
2005-12-22 23:05:46
migさん、今だから作れて、ヒットさせることも可能になった…から、今「King Kong」なんでしょうね。

ホント、感謝ですね~。

migさんもよく色んな作品ご存知で、俳優さんも詳しくて感心します。私もジャック・ブラックも一押しです!



ミチさん、この作品見たら「戦場のピアニスト」が見たくなりました~

キャスティングは結構いろんな作品のつながりがあって面白いなあと思います。

トーマス・クレッチマンが若き日のハリソン・フォード!なるほど~



悠雅さん、船長さんにまた一票、ありがとうございます(爆)・・・ファンサイトになってますなあ(自爆)コングとアンはほとんど会話がないので、アイコンタクトと以心伝心って感じでした。

あの表情を作り出すのも大変苦労したようなので、その成果以上の出来を感じました。





TBありがとう♪ (マダムS)
2005-12-22 23:56:44
76年版を私も再見しました。

ジェシカ・ラングの絶叫とちょっとHなコングでしたね(笑)

そういえば、ジェイミー君踊っていましたね~もうちょっと観たかった^^

ブロディーとの絡みが嬉しかったクレッチマンさん!私も思わずインディー・ジョーンズみたいだ!と思いましたもの♪素敵ですよね^^
そうですね~。 (ぷちてん)
2005-12-23 00:12:59
こんばんは。



アンはコングに恐怖感を抱いていないとやっぱり思いましたよね。

もちろん最初は恐怖を感じるのはわかるのですけど、それもそんなに長くなかったし・・・・

監督が、コングが好きなんでしょうね~~。

コングを恐怖の怪物にはできないのですね。

愛すべきキング・コングになってました。



エイドリアン・ブロディは分が悪かったですね(笑)

あんなに一生懸命アンを助けようとがんばっていたのに、そのがんばりが恐竜や大きな昆虫との戦いのほうに目が行ってしまって・・・・^^)



映画館のスクリーンで見て大満足した映画になりました♪
76年版 (charlotte)
2005-12-23 00:13:01
マダムSさん、76年版はTVで見ました。

絶叫と、ちょっと子供(だったかな?!…爆)心にエロいなあと思った作品だったとしてしか覚えていません。たしかコングがドワンの服を脱がせたりしませんでしたっけ?

大昔(笑)なんでよく覚えてません!
恐そうじゃない! (charlotte)
2005-12-23 00:17:48
ぷちてんさん、そうか監督が好きだったから恐怖の対象にはならなかったのね~!目からうろこ…!

そうそう、エイドリアン頑張っても印象が薄いかも!ちょっとかわいそうかな。

迫力は映画館ならではですね

コメントを投稿

映画「か」行の作品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

68 トラックバック

キング・コング (まったりでいこう~)
わかっていたとはいえ、やっぱ3時間は長いですね~。見終わったあとはぐったりという感じでした。でもとても楽しめてそして泣けました。ええもう号泣ってほどに泣きましたですよ(笑) 髑髏島での出来事はなんだか異次元にでもさまよったかのようでしたね。いるはずのない恐
キング・コング (八ちゃんの日常空間)
待ちに待ったこの時がやってきた。今年最後の大作、ピーター・ジャクソン版キング・コングが14日水曜日からスタート。期待を裏切ることなく、現代の映画・映像技術をふんだんに使った監督自らの夢を実現させた映画だ。 大満足で帰ることが出来た。
キングコング/KING KONG (我想一個人映画美的女人blog)
小さい頃、初めて両親に連れられて行った映画がこの「キングコング」だったのをおぼろげに覚えてる、、、、いや最初は「寅さん」だったかな?(この時観たのはもちろんリメイクの方{/hiyo_en2/}) オリジナルは1933年。 特撮の先駆け、エンターテイメント映画の流れを変
キング・コング (ネタバレ映画館)
 大きな山をひとまたぎ~♪とやってきたキング・コング。驚愕のVFX、壮絶な恐竜との戦い、そして1933年のオリジナル『キング・コング』への深い愛情をも感じとれるが、観終わった直後の感想は「長かった・・・」であった。  オリジナル作品はSFXの先駆け、後世の怪獣映画
映画「キング・コング」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「キング・コング」★★★★ ストーリー:冒険映画撮影のために幻の孤島にやってきた監督のカール(ジャック・ブラック)、脚本家のジャック(エイドリアン・ブロディ)、女優のアン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)は、島で巨大な生き物に遭遇する。 前夜祭にて鑑賞
キング・コング (Alice in Wonderland)
孤独なコングの前に突如現れた女神、彼はすべてをかけて彼女を守りきった。 オリジナルのキング・コングは見たことがないのですが、こんな純愛ストーリーだとは思わなかったのでいい意味で裏切られて感動をもらいました。寂しさの裏に秘められた強い意志を持ったコングの...
キング・コング/ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ (カノンな日々)
ちょっとした個人的な思い入れもあって、この作品を観るのをずっと楽しみにしてたんですッ。先行上映に行こうかなとも考えたんだけど、3時間ちょっとでしょ。夜の回で観るのは体調的にきつそうだなと思って、万全を期して一般公開の初日にしたわけなんですが、なんとシネコ.
映画館「キング・コング」(2005年) (☆ 163の映画の感想 ☆)
とても楽しみにしていた作品。今回は、33年のオリジナル版と76年のリメイク版の予習もきっちりしてから観てきました。 「キング・コング」(1933年) 「キング・コング」(1976年) 過去の記事はこちらから ピーター・ジャクソン監督が、33年のオリジナル版を観て...
キング・コング (Akira\'s VOICE)
コングへの愛情がたっぷり詰まったド迫力の三時間!
キングコング (メルブロ)
キング・コング 上映時間 3時間8分 監督 ピーター・ジャクソン 出演 ナオミ・ワッツ ジャック・ブラック エイドリアン・ブロディ アンディー・サーキス 記者会見動画 51分  キングコングネット 英語だけど動画は右クリで保存できる NYプレミアの模様も見れ
キング・コング (悠雅的生活)
愚かな人間たちよ 摩天楼に響く彼の声を聞け 
わかりやすいエンターテイメント 「キング・コング」 (平気の平左)
評価:70点 キング・コング 3時間8分の上映時間+プレミアスクリーン+レイトショー+朝6時起き+キングコングの登場が約1時間後=眠い。 いや、ホント眠かったです。 筋は大体わかっているので、いつキングコングが出てくるのかと思っていたのですが、中々出てこ
『KING KONG』 (Brilliant Days)
2005年 アメリカ 監督・脚本・製作:ピーター・ジャクソン 出演:ナオミ・ワッツ/ジャック・ブラック/エイドリアン・ブロディ/トーマス・クレッチマン/コリン・ハンクス /アンディ・サーキス/ジェイミー・ベル 「Beautiful・・」 ’33年の白黒版オリジナル「キング
キング・コング (ぷち てんてん)
大寒波!!しかし、ものすご~い積雪にはならず。でも北陸地方など、大変なようですね。雪かきの大変さを思うと、他人事ではありませんよ。明日の朝は、かなり寒そうなので、水道管の凍結に気をつけなければ・・・寒くなる前、土曜日に「キング・コング」見に行ってきまし...
キング・コング (何を書くんだろー)
「キング・コング」 評価 ★★★★★ (4.8) 『あらすじ』  1933年、アメリカ・ニューヨーク。大恐慌の最中、喜劇女優として小さな舞台に立っていたアン・ダ ロウ(ナオミ・ワッツ)だが、劇場の客入りは悪く、遂に閉鎖されることに。路頭に迷...
「キング・コング」 (映画通の部屋)
「キング・コング」KING KONG / 製作:2005年、アメリカ 2005.
『キング・コング』 (ねこのひたい~絵日記室)
卓球はPINGPONGでピンポンです。 香港はHONGKONGでホンコンです。 なのに、どうして?
キング・コング (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  瞳だけで交わされる無言の純愛
気になる映画 キングコング (名前の無い日記)
昨日は友達の買物に付きあせれて映画までつき会う事に。 それがうえの『キングコング』 みなさんこの映画しってます?みた事なくても名前ぐらいは聞いた事はあるかな。 33年に初作が出てで、3時間7分という長時間映画となって帰ってきました。 ではネタバレなしに、ス
「キング・コング」 (雑板屋)
終始気分だれすることもなく、ずっと集中して観れた。期待も最初から全くなくて・・・。‘ま、200分間トイレ行かなくて大丈夫か?’程度に心配もそこそこで席に着いたほどだった。 ところが!これが結構面白い!次から次へと一難去ってまた一難という感じ。特にジャングル
KING KONG (毎週水曜日にMOVIE!)
「好きこそものの上手なれ」・・・・まさに実践する監督、ピーター・ジャクソン。 えらいです。がんばりました。 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで手に入れたお金をつぎ込む→自分の原点の映画をこれでもかというCGで描く→満足する→またお金が入る→また大好き
キング・コング(KING KONG) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「オレたちは強い」by赤木剛憲 それはキング・コングじゃなくって、スラムダンクのゴリだってば・・・ 「ゴリの穴は、オレが埋める」by桜木花道</font いや、だから・・・スイマセン、しつこくってm(__)m
キングコング (不景気風にロシアンフック、ステキなあの娘にオモプラッタ、そして金曜の夜にはシングルモルトを…)
|* ゜ー゜)うす バギーチャンプです☆ 皆からはバギちゃんって呼ばれて浮かれてましたが… 今では押入れの隅で埃カブッてますヽ(´ρ` )ノ 皆どぉしてんかな~マイティ・フロッグにグラスホッパー、ホーネットに。。。 黄色いホイルのホットショット懐かすぅいなぁ~
キングコング KING KONG (まぁず、なにやってんだか)
テレビ宣伝もしてるし、ラジオでも絶賛しているので、楽しみにしていた映画です。今度のレディースディに観ようと思っていたら、先週、近所の映画館の招待券が2枚当選したので、早速話題のキングコングを観ることにしました。地元新聞の投稿で当たったんです。うれしいなぁ
キング・コング(先行/映画館) (ひるめし。)
彼は彼女だけを信じた――― 彼女だけは彼を守ろうとした――― CAST:ナオミ・ワッツ/ジャック・ブラック/エイドリアン・ブロディ 他 ■アメリカ産 186分 キングコングってガメラとかキングギドラとかそんな類のゴジラの敵だと思ってました・・・。無知ってこわいです
「キング・コング」 (てんびんthe LIFE)
「キング・コング」 日劇1で観賞 一昨日訳ありで見損なった「キング・コング」縁あって本日鑑賞することが出来ました。腰が痛いので3時間頑張るためには環境のいいところで見ないといけません。先行レイトショーで、日劇か六本木と言われましたが、六本木で見たいけど帰
★「キング・コング」 (ひらりん的映画ブログ)
3時間超の長編モノなので、さすがのひらりんもナイトショウで観るのはやめ。 予習もしたし、いざ拝見・・・というところ。
映画のご紹介(76) キング・コング (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(76) キング・コング キング・コングは 資本主義の犠牲になった 「ナチュラルさ」の象徴だ。 キング・コングは、今までに、3回映画化されている。 初めて映画化されたのは、193
キング・コング (toe@cinematiclife)
いや~。泣いちゃった (^^;) 自分でもビックリなんだけどさぁ。 3回ぐらい泣いちゃって、ラストは号泣・・・。 ダメなんだよねぇ。動物モノ・・? <STORY> 大恐慌時代のアメリカ・NY。 資金をストップされる窮地に立たされた映画監督のカール(ジャック・ブラック)は
キング・コング (It\'s a Wonderful Life)
期待通りかなり面白い映画! 3時間もあるのでどっと疲れました。(笑) 最初の1時間位は、あれ?やけにマッタリ進むなと思いましたが、 コング登場から先は、ず~っと遊園地のライドに乗ってるような、 クライマックスが延々続く作品。 上のポスター、鑑賞前...
キング・コング (Room with a Story)
監督:ピーター・ジャクソン キャスト:ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ 【あらすじ】 1933年ニューヨーク。野心家の映画監督カール・デナムは、かつ
『キングコング』を見てきました (proof of existence blog)
3時間がアッという間に過ぎ去っていきました… もともとロストワールド的なネタが大好きだし、巨大生物ネタも大好き。 『宇宙戦争』の時に予告で見て、「まさに私好み!」っと期待して公開を待ち望んでいたんですが… 正直”期待したものほど泣きを見る”ことが多いんで.
映画:キング・コング ジャパン・プレミア (駒吉の日記)
キング・コング ジャパン・プレミア@国際フォーラムA 予告を見たとき、懐かしさよりもピータージャクソン監督痩せた! ジャック・ブラックはキングコング役じゃないんだ(失礼!)、やっぱりナオミ・ワッツは叫ぶんだ、エイドリアンはピアノ持参か?と衝撃でし
『キング・コング』 18日に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『キング・コング』 公式HPはこちら 1930年代の大恐慌時代のアメリカ、ニューヨーク,。野心家の監督のカール(ジャック・ブラック)。脚本家のジャック(エイドリアン・ブロディ)、そして不景気で路頭に迷う女優のアン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)。監督のカールは無
「KING KONG」をみた。 (今日も明日もカエラと映画とマンガ)
「自分がカッコわりィと思うことをオレはやらねー」by坊屋春道 どうも、久々の更新です。 んでもって、観てきましたよ キング・コング KING KONG (story)  1933 年、大恐慌時
キング・コング  -劇場- (坂部千尋のsparrow diary)
 ”ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還”でアカデミー賞をGETし{/kirakira/}ついでに最近ダイエットにも成功したピーター・ジャクソン監督の最新作キング・コングをみてきました{/kaeru_en2/}  これ本当はもっと昔に撮ろうとしてボツにされてたやつらしい{/hiyo_face/}
「キング・コング」完全無欠の娯楽大作 (soramove)
「キング・コング」★★★★ ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック主演 ピーター・ジャクソン監督 海図にも無い 髑髏(ドクロ)島での 映画の撮影。 1930年代の クラシカルな雰囲気は何となく まだ、キングコングの 居場所を感じられる。 ヒロインのナオミ...
映画:「キング・コング」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。原点は1933年の作品だそうですが、観たことがあるのか自分でもわかり
キング・コング (Tak.Arai の 今夜もナローマインド!)
観ました。 『キング・コング』 映像的に面白い、質の高いエンターテイメント作品として良くまとまっていると思いました。 感想を一言だけあげるとしたら、『ナオミ・ワッツがなんかよかった』 ってところですね。 役にうまくハマっていた気がしました
[ キング・コング ]あの夕陽をあなたと二人で見たかった (アロハ坊主の日がな一日)
[ キング・コング ]@吉祥寺で鑑賞。 史上最高のアカデミー賞11部門ノミネート、11部門完全 受賞を果たした[ ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 ]。 この快挙を成し遂げた監督ピーター・ジャクソンの、映画 監督を志すきっかけとなった[ キングコング ]。
『キング・コング』 (erabu)
監督、ピーター=ジャクソン。2005年米。SFアドベンチャー映画。出演、ナオミ=
キング・コング (Diarydiary!)
《キング・コング》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - KING KONG
リアルすぎる?新「キング・コング」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 旧作の「キング・コング」(1933年)は少年時代から大好きで、3回ぐらい観た記憶がある。新作の「キング・コング」を観たが、どうしても思い入れのある旧作と比較してしまう。「旧作を忠実に再現…」と書いているブログ、大絶賛ブログが多いようだが、そうかな、と首.
キングコング (土曜の夜は・・・)
すべてはここから始まった! 「キングコング」の登場は、1933年だそうで。。。 「キングコング」の大成功は、その後、続編「コングの復讐」(\'33)を生み、続いて傑作「猿人ジョ
『キング・コング』 (ラムの大通り)
----いやあ、ついに行ったニャあ。 「はい、ついに行きました(笑)」 ----ようやく観れただけに感慨もひとしおってとこ? 「そうだね。3時間超える長さも苦にならなかった」 ----なんで、そんなに観たかったの? これって、昔の『キング・コング』のリメイクでしょ? 「だっ
『キング・コング』 評価:☆☆☆シネマ (へんじゃぱサンデー)
見てきました、キング・コング。評価:☆☆☆シネマ
キングコング (映画倶楽部 祇園座)
モンスター映画の古典をリメイクして話題の映画「キングコング」を観てきました。 今日はメンズデーでさらにレイトショー、おまけに年末の影響かほぼ満席 こんなときに指定席制は便利ですね。 早めにチケットを買っておいて良かったです。 さて、この映画は予告編を観た.
映画のご紹介(79) キング・コング(1933年) (ヒューマン=ブラック・ボックス)
キング・コング ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(79) キング・コング(1933年) 70年前のキング・コングも 金髪美女好きだった。 年が明けて時間をもてあました。 年末にBSで録画した「ヤスキヨ復活」を観てしまうと、やるこ
キング・コング@品川プリンスシネマ:正月休み午後 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
&#63907;辛口注意&#63913; このマーク&#63907;のあるレビューは辛口意見です。 お読みになる場合には批判的感想ということを承知の上、ご覧下さいますようお願いいたします。
キング・コング (まつさんの映画伝道師)
第306回 ★★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「男根崇拝」と呼ばれるものがある。  日本でも地方の奇祭の中には男性のシンボルを模ったものを用いるものや、神社の境内などに祭っている所がある。これは「生産」や「開運」を.
ピーター・ジャクソン『キング・コング / KING KONG』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『キング・コング』(今年1作目) 公式サイト:http://www.kk-movie.jp/top.html原題:KING KONG製作:2005年アメリカ監督:ピーター・ジャクソン出演:ナオミ・ワッツ/ジャック・ブラック/エイドリアン・ブロディ 1930年代初頭のニューヨーク。野心家で大胆不敵な映
キングコング。 (それでいいら。)
元の作品をテレビかなにかでチラッと観た事はあるんですが……。 ↓ネタバレあり。 長い! もっとコンパクトにまとめられたのではないか。 コングに出会うまで、コングを捕まえるまで、長い。 始まって1時間たってもコングが出てこない!!!! やっと出てきた!と思っても
『キング・コング』レビュー/人間のエゴ、野獣の恋 (西欧かぶれのエンタメ日記)
今年の劇場映画鑑賞の1本目として、『キング・コング』を観にいった。悲恋モノだと聞いていたから、もしかするとと思っていたが、やっぱり初泣き。隣の人もグスングスンいってるものだから、同じタイミングで鼻すすっちゃったりして、ちょっと気恥ずかしかった…。 島の原
■キング・コング (ルーピーQの活動日記)
1933年ニューヨーク。野心家の映画監督カール・デナム(ジャック・ブラック)は、かつてない冒険映画を撮りたいという野望を持っていたが、撮影中の映画が製作中止になりかけていた。しかしカールは撮影の強行を決意し、幻の島を求めて脚本家のジャック(エイドリア.
映画のご紹介(81) キング・コング(1976年) (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(81) キング・コング(1976年) 性懲りもなく、またまた キング・コングです。 今度は、1976年もの。 12月にP.ジャクソンのキング・コングを、正月早々オリジナルのキング・
キング・コング-映画を見たで(今年2本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ピーター・ジャクソン 出演:ナオミ・ワッツ、エイドリアン・ブロディ、ジャック・ブラック、 トーマス・クレッチマン、ジェイミー・ベル、コリン・ハンクス、アンディ・サーキス 評価:90点(100点満点) 公式サイト 怒涛の3時間。 息を.
映画『キング・コング』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
『The Lord of the Rings』のPeter Jackson監督の最新作『KING KONG』を観て来ました。『LotR』での成功後、「是非とも『KING KONG』のリメイクを撮りたい!」と公言していたPJ監督ですが、まさにその情熱が籠もりまくった物凄い作品でした。上映時間は約140分と3時間強の長
キング・コング (ちつ子の調教シネマCAFE)
あたし思うのだけれど、世の中には映画館で鑑賞すれば非常に面白い作品なのに、 レンタル作品を家庭で鑑賞するとなると、その感動が半減してしまう映画って実際にあるのよね。 さらにそういった映画制作ばかりを手掛け、得意とする監督も存在すると思うの。 その代.
キング・コング (欧風)
帰省中冬休み映画観まくり計画、第1弾は「SAYURI」、第2弾は「ディック&ジェーン 復讐は最高!」。そして迎えた12/26(月)。第2弾までは実家から一番近い109シネマズ富谷で観たんですが、月曜日は2番目に近いMOVIX利府がメンズデー。 さて、何
キング・コング (色即是空日記+α)
『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督。 昔のキングコングは見たんだケドはっきり覚えてない。 まぁ、そのほうが比べなくていいかもしんない。さすが ピーター・ジャクソン監督!! やること派手! すっごい迫力!!   キングコングはもちろんの.
キング・コング・・・やっと鑑賞できました (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日「キング・コング」をやっと鑑賞してきました。 ということで、映画レビュー(初の劇場鑑賞時レビュー)。 やっと観れましたという感じ。長い映画だから結構時間作るの難しかったんですよね。 もう公開開始から1ヶ月も経ってることもあってか、劇場内は私とヨメを含めて
キング・コング (ぶっちゃけ…独り言?)
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 誰もが知ってる(かな?)でっかいゴリラのお話です。 このゴリラ、普段は人と同じ姿なのに満月を見るとゴリラに変身して大暴れ。 地球を滅ぼしてしまうくらいの力があるので、お尻に尻尾が付いてる ...
NO.154「キング・コング」(ニュージーランド・アメリカ/ピーター・ジャクソン監督) (サーカスな日々)
ナオミ・ワッツは日系であると、 僕は根拠もなく思い込んでいた。 本当に恥ずかしい話だが、最近まで、ナオミ・ワッツには日系の血が混じっていると思い込んでいた。どこで思いこんでしまったのだろう?謎である。(苦笑) そういえば、スーパーモデルでナオミ・ ...
キング コング 06年121本目 (猫姫じゃ)
キング コング KING KONG 舌の付け根を上あごに付けて、んぐ。 PING PONG 、HONG KONG 、、、なんで「キンコン」じゃないの? 2005年 ピーター・ジャクソン 監督ナオミ・ワッツ 、ジャック・ブラック 、エイドリアン・ブロディ 、トーマス・ク ...
キング・コング (2005年) ~劇場にて~ (三日月のしっぽ。)
  キング・コング・・・評価 5   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 記録映画の製作者達は、南海の孤島で巨大ゴリラ“キング・コ
キング・コング (シネマ通知表)
2005年製作のアメリカ・ニュージーランド映画。 全米2週連続1位、興行成績$218,080,025のメガヒット。 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が、特撮映画の古典的名作をリメイクしたアドベンチャー大作。30年代初頭のN.Y.。映画監督のカール...
キング・コング (<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅)
【公   開】 2005年 【時   間】 188分 【製 作 国】 ニュージーランド/アメリカ 【監   督】 ピーター・ジャクソン 【出 ...
キング・コング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 キングコングです!v(^ω^)v♪v(^ω^)v♪イェイイェイ♪シャカリキがんばろう!ってごめんなさーいっ!m(≧ω≦)m!どーしてもっやりたかったもので(・Θ・;)アセアセ…  というワケで、明日(12/17)から公開されるキング・コングの先行上映レイト・ショーの招待券が...