シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

イースタン・プロミス

2008-06-20 17:47:20 | 映画「あ」行の作品
「イースタン・プロミス」…東欧組織による人身売買契約

何かナオミワッツと約束でもするのかと思っていたもので;ロシアンマフィアの物語とは聞いていたのだけど、こんなノワールな作品だとは。まあ前作からすると多少はそんなバイオレンスな作品という事も予想は出来てはいたけど、だったらヴィゴはボスみたいな役どころかと思っていたら…運転手だった;爆
でも久々に彼をスクリーンで見て…以前にも増して品格と貫禄と色気を感じたのだよ。逞しいけれど筋肉質っていう訳でもなく、50歳にもなろうというのにお腹の出っぱりもないしセクシーなお尻をしてるのよね。大きなスクリーンでまさか全裸を見られるなんて嬉しすぎ。…いえ、ヴィゴの全裸なら「オーバー・ザ・ムーン」でちょこっと見てますが;お家のTVで小さかったし、しかも後姿だったような;爆
相変わらず見てるところが違うワタクシですが;彼のように口数が少なくても不思議と物を語れる役者は大好きだ。クローネンバーグ監督の作品たちはどうも私が得意とする分野の映画ではないのであまり見たことがないけれど、ヴィゴと組んでこんなノワール作品を作ってくれるなら、2作とは言わずもっと作って欲しいくらい。

クールで刃物がギラギラと黒光りする世界にビリビリと痺れ、そんな冷たい刃物が肉体を切り裂き血が迸る様は目を覆う以上に否応なしに惹き付けられてしまう。死んでしまうという事って、これほどに痛い思いして、苦しいという事を私達はしらなくちゃいけないって思うし。銃のように即死でないところが意地悪いのだけど、返り血を浴びたりお互いに斬りつけあって死闘を繰り広げる姿って、どこか生き残る為に相手を倒すのが必要だからと結構感じ取れる気がする。現代においては銃撃戦がほとんどだと思うから余計にそういうものを何か感じ取れてしまうというか…;

そして本作において印象的なタトゥー。
体に刻まれたタトゥーを見れば犯した罪や服役期間、嗜好など色々なことが分かるらしい。ヴィゴの体中は43箇所ものタトゥーがあったらしいけど、十字架、花に囲まれた骸骨、星、聖母マリアと子ども、足首の鎖なんかは目にとまって覚えているけど…手や指にも彫られていたっけ。背中には大きな教会のドーム。
それから、イギリスにはこんなロシアの裏組織があるなんて実は知らなかった私は、そのロシア訛りの英語とロシア語もかなり印象的で。
いったいヴィゴは何ヶ国語話せるのだろーか。もう、それだけ話せればオシャベリーナ。爆…なのに彼は寡黙だから好き;


ところで、、、本作での表と裏の世界の対比はかなり明確でわかりやすい。
“トランスシベリアン”というロシアン・レストランの外の世界…表世界で生きる人間の生活は意外に質素に見えたけれど、そのレストランの内部は結構豪華な内装だし、そこに出入りする人達はお金持ちのようだった。(パーティだから着飾っているのかどうなのか;)たくさんの豪華な料理が用意され、アコーディオンをバックに歌うところは温かい家族の繋がりにも見えて、アンナや彼女をとりまく家族関係とはまた違った対比が興味深かった。光りのあたる表世界に生きるアンナの方がなんとなく暗く、内にも何か秘めた辛さも感じられた。ロシア人とのハーフという彼女が異人種の恋人との間にできた子供を流産してしまったというのは、どうも私にも胸が苦しくなる事だったりしたし、そんな彼女が赤ん坊に固執してるのもわかるだけに裏世界へ足をつっこんでもどうにかして親を見つけてあげたいという気持ちには共鳴してしまえる。クリスマスからとってクリスティーヌと名付けているあたりも、なんかそんな気持ちが切なくて胸が苦しくなる。「題名のない子守唄」を少し思い出したりしつつ、、、
ナオミワッツは段々といい女優になっていくね。「ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー」のように本当に彼女は夢を手にしてるところがまさに実力なのだろうな。それにしてももっと普通のドラマにもオファーがくるといいのだけど;結構個性的な監督に好かれるタイプなんだろうか;爆

ヴィゴの役どころはそのレストランの中の人間なのに外で働く運転手で、表と裏、そのボーダーラインに立っているような感じに見えて結構謎めいていた。見ただけならやたらにサングラスが素敵にきまりすぎてるし、どうしても風貌は運転手以上にこわい人にしか私は見えなかったのだけどやはり運転手で;
そしてヴィゴと同じくヴァンサン・カッセルの登場が嬉しく。彼が思ったより繊細な演技をしてくれたので、ヴィゴ目当てな私だったはずなのにヴァンサンにもボスでキリルの父役のアーミン・ミューラー=スタールにも心掴れて、それが泣きのポイントだったりした。父と息子が絡む物語はどうも涙腺を壊されるのだな;
キリルはただ親離れできない放蕩息子には違いないのだけど、そこにはやっぱり汚れてはいても繋がりはあるのであって、父に対する何か満たされない想いを抱えお酒に溺れる様には見ていて胸が痛くなるのだった。そして彼を世話するニコライに向ける信頼以上な感情を、どこか寂しげな表情だったりまたお酒で間際らしてるようなところに垣間見て、切なく痛々しくも思えた。最初に登場する死んでしまった妊婦が妊娠した経緯を聞いて、それがキリルの心の傷の一つにもなってるのかなんて思ったら余計にギュッと締め付けられてしまうし;;普通ならその葛藤がゆえにお互いに嫌悪しちゃったりするのだろうけど、父も息子をほったらかすのではなく、またキリルも父の為に行動を起こすのが印象的。

ハワード・ショアのスコアも重厚ながら抑え気味な音楽使いが程よくて。
ここぞという時に流れる哀愁ある背景音楽に感情を刺激される。クローネンバーグといえばハワード・ショアを使うみたいだけど、私にはヴィゴといえばハワード・ショアな音楽がぴったりくる。スラブ系の雰囲気が合うのかな。またロシアといえばチャイコフ好きーな私。爆 …なんとなくSWAN LAKEな音楽が流れるレストランのシーンはちょっと嬉しかったりした。


ヴィゴのどうもただならぬ雰囲気やたたずまいを持ってるところとか、どうもこの組織に溶け込んでいそうでどうもそうではない感じが心に引っかかっていたし、刑務所暮らしが長く15歳で感情を捨てたなんて言っていた極悪人が、ロシアンバイクに乗ったアンナにただ興味を持ったという感じ以上に優しく接する事があるだろうかと、どうも最初から随分疑問を持って見ていたので、後半に待ち構えていた展開にどこかホッとしたの。ニコライは、とことん役柄を追求しその人物になりきって演技ともいえない本人になりきってしまうヴィゴそのものなんだな。これは私的にはアカデミー賞を取らせてあげたかったと心底思った。

(追加加筆あり)


Eastern Promises [Original Motion Picture Soundtrack]
Nicholas Bucknall,Robert Hill,Howard Shore,Russian Traditional,Howard Shore,London Philharmonic Orchestra,Nicola Benedetti
Sony Classical

このアイテムの詳細を見る
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
製作年 : 2007年
製作国 : イギリス=カナダ
配給 : 日活
上映時間 : 100分

キャスト・スタッフ - 監督 : デヴィッド・クローネンバーグ
出演 : ヴィゴ・モーテンセン 、 ナオミ・ワッツ 、 ヴァンサン・カッセル 、 アーミン・ミューラー=スタール 、 シニード・キューザック

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれる。意識を失くした少女は、女の子を産み落とし、息を引き取る。バッグに入っていた手帳にはロシア語で日記らしいものが書かれており、少女がロシア人であることが分かる。手術に立ち会ったアンナは、少女の身元を確認するため、ロシア料理レストランのオーナーに相談すると、自分が日記の翻訳をしようと申し出る。しかし、その後、謎のロシア人、ニコライがアンナに近付き始め…。
[ 2008年6月14日公開 ](goo映画より)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« ブルー・ブルー・ブルー | トップ | 公開映画覚書 6/21~編 »

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アカデミー賞 (Campanula)
2008-06-20 19:35:13
でしょでしょ!?主演男優賞あげたかったわよね!ヴィゴさんの怪しさ・妖しさ炸裂でしょ?でも一瞬見せる優しい眼にまいっちゃうの。
明日から本格的に雨のようです。その前に無事に鑑賞できて良かったですね!
Campanulaさん (シャーロット)
2008-06-21 12:56:29
ですです!笑
オスカーは逃したけど、でもノミネートされた方々はそれぞれに強烈な個性をお持ちで誰が主演男優賞をとってもおかしくはなかったと思いますー。
「怪しさ・妖しさ」かぁ・・・私は「謎・艶」って感じかなー。意味不明;
うんうん、時折サングラスの下から優しい表情を覗かせていましたね。
生写真は縁がありませんでしたけど、やっぱりさっさと見に行きたかったので~す
やっぱり音楽 (swallow tail)
2008-06-21 15:04:48
シャーロットさん、こんにちは。

やはりシャーロットさんはしっかりと音楽にも着目してたんですね~
スワロはもう、それどころではありませんでした・・・

>光りのあたる表世界に生きるアンナの方がなんとなく暗く、
>内にも何か秘めた辛さも感じられた
そうなんですよね。
裏であるはずのロシアンレストランは光がまぶしいくらいで、人も多く
それとは対照的にアンナの家は灯火が寂しげでした。
温かいはずなのに・・・
その対照的な様子がものすごく胸にずしーんときちゃいました。

いや、もっとずしーんと衝撃的なのはあのシー・・・(略)
ヴィゴに感電 (真紅)
2008-06-21 17:46:55
シャーちゃんさん、こんにちは。コメ&TBありがとうございました。
『オーバー・ザ・ムーン』オススメですか? ずっと気になってる映画なんですよ。
ヴィゴのそんなシーンがあるなら、尚更気になって夜も眠れない(爆)。
キリルと父の物語も、血の繋がりを感じさせてよかったですね。
ヴァンサン・カッセルが繊細な演技だったというのはホント、感じましたね~。
私はDDルイスにも圧倒されたんですが、ヴィゴにも獲らせてあげたかったです、オスカー。
ノワールの傑作だと思いましたです。
ではでは、また来ますね~。
まいどどうもです (くまんちゅう)
2008-06-21 20:33:06
ヴィゴはアカデミー取ってもいいような素晴らしい演技でしたね。今年はレベル高すぎでしたでしょうか?でも、いつか取れると確信しましたです。
渋くて強くて優しい人物像。
アラゴルンもこの演出だったらなぁ、と今更思ってます。
ショアの音楽も効果的でよかったです。
シャーロットさん、おはようございます! (アイマック)
2008-06-22 11:02:00
ヴィゴってもうすぐ50歳になるの??
ぜんぜん若いし、ごつくないけどしまってるね。
あの格闘、相手が服着てて自分はハンデあるのに、いやー凄かった。
演出がうまい。
クローネンバーグ監督はヴィゴのこと好きなんだと思ったよ。
彼も期待に応えてる。次もこのコンビでまたつくってほしいなあ。笑

そうタトゥーも印象的で、日本のヤクザに通じるものがあったりしてね。

>「題名のない子守唄」を少し思い出したりしつつ、、、

背景といい、よく似てますよね。根深い。
とにかくキャストもはまってたし、ヒストリーよりインパクトありました。
『オーバー・ザ・ムーン』私も見たいです。

ハラショー (かえる)
2008-06-22 12:59:01
ズドラストヴィッチェ。
「イースタン・プロミス」って、私もてっきり、ヒューマンドラマ風味な温かな約束のことなんかだと思っていたので、この題材は意外で興味深かったです。
サウナの死闘などは話題になっていたらしいですが、私は前知識を全然入れてなかったし、同じく予告も観てなかったから、こーんなシーンがあったのかーととても楽しめちゃいました。
ナオミはいい女優だと思うんですが、今回に限っては(いつもか?)どうでもよかったですー。
個人的にはスラブ系の女優さんの方がよかったかも。
でも、それを言ったら、ヴァンサンはロシア系に見えないだろうってことになるので、キャスティングはこれで完璧。

これはみんな絶賛なのに、なんで、「裏切りの闇で眠れ」は誰もかってくれないんだろう・・・
ロシアン・レストラン (となひょう)
2008-06-22 17:26:01
こんにちは。
TB&コメントありがとうございました。
いやぁ魅せられました、ゾクゾクしましたー
ボスのお店、高級そうでしたね。
冒頭、アンナが料理の味見をさせられてましたが。ボルシチ?美味しそうでした。ボス~、私にもくださいぃぃぃ

そうそう、ストーリー展開も意外なものでしたが。
そこもまた大袈裟なことはなく、スマートに進行していったところが上品に感じたポイントでしたねー。
ヴィゴは寡黙でしたね。
実を言うと、アラゴルン様と出会う前は、ヴィゴってストイックでセクシーという意味では余り気になっていなかったんです。
ギラつかないスマートな色気、それを実感させられました。
色香という意味では、アラゴルン様よりニコライの方が魅惑的だったかもしれません。
とにもかくにも陶酔しきりの本作でございましたー
swallow tailさん (シャーロット)
2008-06-22 18:07:56
この作品ってあまり背景音楽はないですね。だから緊張感がでますし。音楽に注目するなんて、、、音楽そのものがあまり無いですからそれどこじゃないのもよくわかります。私だってヴィゴの裸が大事だし。爆
って実は私、裸のシーンより、衣服を着てるヴィゴが好きだったりするんですよ。あるまーにの服かっこよすぎ。

それと、、、アンナの家は質素な家でした。ちょっと訳あり家族の家はなんとなく暗かったですよね。
が、ラストに出て来る家の様子は最初の頃とうってかわって幸せに満ちていたように見えてました。そして、ヴィゴの最終カットにでてくるあのレストランはやはり闇の世界に見えました。最初と最後で逆転して見えたんですよ。それも面白い魅せ方だなって思いました。
真紅さん (シャーロット)
2008-06-22 18:29:17
こにちは。
シャーちゃんさん・・・ってなんか変?爆 わはは
えっとー、オーバー・ザ・ムーンですが。
ちょっと若くてせくしーなヴィゴが見られますよ。素っ裸で確か泳ぐシーンがあって…ダイアンレインと、もにゃむにゃってやってます。爆
もっと眠れなくなったかしらん。わははー

そう、元々ヴィゴもヴァンサンも好きだったりする私はやはり贔屓目になりますわ;
そんな彼らのデリケートさをビシバシと感じてもう最後は泣きましたですよ。
それと、父と息子の絆を描くものなら、もっと葛藤が前面に押し出される作品が多いと思うのですけど、この作品はそういうものはあまりなかったですね。だから心理的な繊細さをどこまで感じ取れるかで見方も変わるのでしょうか。
でも間接的にお互い(キリルと父)を大事に思う姿を見たような。…でもそうすることで他人が殺されるかもといった状況になってしまうのがハラハラドキドキで。
ヴィゴもノミネートされた時は他の方々もいい役者ぞろいでしたよね。激戦?



コメントを投稿

映画「あ」行の作品」カテゴリの最新記事

35 トラックバック

イースタン・プロミス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ここでしか、生きられない。』  コチラの「イースタン・プロミス」は、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の監督デヴィッド・クローネンバーグと主演ヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、6/14公開となったR-18指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観...
密やかな闇~『イースタン・プロミス』 (真紅のthinkingdays)
 EASTERN PROMISES  クリスマス間近のロンドン。出産直後に死んだ少女を看取った助産師のアンナ (ナオミ・ワッツ)は、ロシア語で書かれ...
『イースタン・プロミス』 (ラムの大通り)
(原題:Eastern Promises) ----この映画、ヴィゴ・モーテンセンが アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたんだよね。 「うん。だけど、 もっと多くの賞にノミネートされてもよかったんじゃないかな。 デヴィッド・クローネンバーグの、 これはいい意味での成熟を感...
イースタン・プロミス (ネタばれせずにCINEるか)
ビゴ・モーテンセン&デビット・クローネンバーグのコンビによるバイオレンス・シリーズ第2弾は、ロンドンが舞台のロシア版ゴッドファーザーといった趣の作品。ロシア料理店オーナー兼マフィアのボス・セミアンの下で運転手を勤めるニコライがビゴ・モーテンセンの今回の...
★「イースタン・プロミス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、珍しくバイオレンスモノを3本取り揃えてる「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目(2本目は「リボルバー」、見逃したのは「シューテム・アップ」)。
『イースタン・プロミス』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
ビターな大人の世界。これが人間の肉体だ。 クリスマスの近い12月のロンドン、助産師のアンナは出産して亡くなった少女のロシア語の日記を手がかりに彼女の身元を探そうとする。さわやかな騎士の姿を全世界に印象づけたヴィゴ・モーテンセンが、裏社会で生きるロシアン...
イースタン・プロミス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
      = 『イースタン・プロミス』  (2007) = イギリス、ロンドン。 助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院で、ロシア人少女が出産直後に死亡した。 アンナは、少女が遺した日記を頼りに、孤児となった赤ん坊のために身元を調べ始める。 ...
「イースタン・プロミス」:勝どき駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここから死体を捨てれば、潮の流れに沈んだまま浮いてこないかな。 {/hiyo_en2/}なに、物騒なこと言ってるのよ。 {/kaeru_en4/}だって、「イースタン・プロミス」では、そんなことを言いながら死体を捨ててたじゃないか。 {/hiyo_en2/}そしたら、計算と違っ...
イースタン・プロミス (小部屋日記)
Eastern Promises(2007/イギリス=カナダ=アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン/ナオミ・ワッツ/ヴァンサン・カッセル/アーミン・ミューラー=スタール 果たすべき約束がある たとえ、あなたが何者であってもー ...
イースタン・プロミス (映画通の部屋)
「イースタン・プロミス」 EASTERN PROMISES/製作:2007年、イ
『イースタン・プロミセズ(EASTERN PROMISES)』 (不良老年のNY独り暮らし)
デヴィッド・クローネンバーグ監督の新作『イースタン・プロミセズ(EASTERN
映画 『イースタン・プロミス』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、ロンドンに暗躍するロシアン・マフィアを描いた犯罪バイオレンス。出産と引き換えに死亡した少女の日記をきっかけに、非情なマフィア...
イースタン・プロミス (5125年映画の旅)
助産師・アンナが勤める病院に妊娠した14歳の少女が運び込まれる。少女はそのまま息を引き取るが、赤ん坊は一命を取り留めた。少女の残した日記からアンナはあるレストランに辿り着くがそこはロシアン・マフィアの拠点だった。そこでアンナは、マフィアの運転手・ニコ...
イースタン・プロミス (AL+ViのわんわんLIFE)
旅行の前の日、アジサイを庭に植える予定が雨だし、アルヴィパパが仕事に行っちゃうしで、雨じゃ散歩も行けないし。 で観に行きたかった映画に行ってみた。 イースタン・プロミス 舞台はロンドン。 いきなり、床屋の客がのどを切られ、殺される場面から始まる。 そ...
イースタン・プロミス EASTERN PROMISES (JUNeK-CINEMA in the JUNeK-YARD)
雨が降る陰鬱なロンドンの闇世界。 かつては貧しくとも普通の世界に生きていたウクライナの少女が この暗黒に飲まれ、傷ついた体で必死で救いを求める。 この少女を偶然看護することになる看護婦がいた。 やはり普通の生活を営んでいた彼女だったが、 少女の日記を読み...
『イースタン・プロミス』 (2007) / イギリス・カナダ (NiceOne!!)
原題:EASTERNPROMISES監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、シニード・キューザック鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>病院で働くアン...
イースタン・プロミス (ダイターンクラッシュ!!)
6月27日(金) 20:10~ 109シネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:売り切れ ※パンフレットからプログラムと表記を改める 『イースタン・プロミス』公式サイト 近年、芸風が変わったデヴィッド・クローネンバーグ先生の新作。前作と連続し...
真・映画日記(2)『イースタン・プロミス』 (CHEAP THRILL)
JUGEMテーマ:映画 (1から) 1時間ほどの休憩を挟み、 『イースタン・プロミス』を見る。 お客さん、超満員。 やっぱり個人的には超満員の方が気分よく見られる。 『JUNO/ジュノ』と真逆の作品ながら、 ロンドンのロシアン・マフィアのキナ臭さが存分に...
Eastern Promises もろもろ私的雑記・駄文 (cinemaholic)
えー、平日のシャンテシネでしたが水曜日・レディースデイということで、けっこう席は埋まってまして。早めにチケット購入しておいて良かったかと。 夫と一緒に観に行ったんですけどね、鑑賞後「渋い、渋いよヴィゴ!」と絶賛。こっちがちょっとびっくりするくらい褒めて...
「イースタン・プロミス」 t.A.T.u. (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
変態SFX映画でハードコアでバイオレントなデビッド・クローネンバーグの映画やのに、妙齢の女性一人客が多いなぁ~と思ったけど納得! しかも隣席をなるべく等間隔に空けて座ってた理由にも納得! 生ツバを飲み込む音を聞かれたくないのね!(←そこまで考えてないよ!...
コレぞ男の色気です【イースタン・プロミス】 (犬も歩けばBohにあたる!)
デヴィッド・クローネンバーグ最新作『イースタン・プロミス』を見てきました。 ここ
『イースタン・プロミス』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イースタン・プロミス」□監督 デヴィッド・クローネンバーグ □脚本 スティーヴン・ナイト □キャスト ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニ...
イースタン・プロミス “ロンドンの裏社会”とは・・・・? (銅版画制作の日々)
  裏表の世界を生きる男女  出会うはずのなかったふたりを運命が引き寄せる   7月14日、京都シネマにて鑑賞。度肝を抜くシーンから始まる。殺人シーンなのだが、かなりえぐくて、のけぞりまくり  マフィアの首を切り裂くこの親子は一体?切り裂いたところ...
【2008-168】イースタン・プロミス (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 果たすべき約束がある たとえ、あなたが何者であっても──
デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観た! (とんとん・にっき)
「イースタン・プロミス」を観ようと日比谷の「シャンテ・シネ」まで行きながら、突然主旨を変えて「幻影師アイゼンハイム」の方を観てしまいました。そのリベンジということで、デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観てきました。この作品は、
【イースタン・プロミス】 (日々のつぶやき)
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル 「助産婦のアンナは救急車で運ばれた身元不明のロシア人の少女の手術に立ち会った。少女は死亡、生まれたばかりの娘とロシア語の日記が遺された。 何とか
イースタン・プロミス (Diarydiary!)
《イースタン・プロミス》 2007年 イギリス/カナダ映画 - 原題 - EAS
イースタン・プロミス■暴力の中の異形の愛 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画に登場する街、つまり舞台のロンドンであるが、常に曇天のどんよりとした空模様。そして冷たさを感じる。この空気感がこの作品のムードを支配している。そういえば、「告発のとき」もまた、曇り空と寒色系の街中の色が、戦争による哀しみと残酷さに彩られた社会と...
「イースタン・プロミス」と「闇の子供たち」が描く経済格差社会の闇 (映画と出会う・世界が変わる)
病院に妊娠した少女が運び込まれ、赤ん坊を産み落とし、息をひきとる。その少女が残した日記などを手がかりに少女の遺族を探すが、そこには現代のロンドンの闇の世界が待ち受けていた。ここにあるのは貧しい人々が餌食になる社会の仕組みである。貧困から逃れ、経済的な裕...
映画『イースタン・プロミス』を観て (KINTYRE’SDIARY)
62.イースタン・プロミス■原題:EasternPromises■製作年・国:2007年、イギリス・カナダ■上映時間:100分■字幕:石田泰子■鑑賞日:7月12日、シャンテ・シネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:デヴィッド・クローネンバーグ□脚本:ス...
【映画】イースタン・プロミス…「フリチン」と「フルチン」ってどう違うのかね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}から3月ですねぇ。 1月は行く、2月は逃げる(※以下、この話は何度もしているので略{/face_ase2/}) 夜勤明けの土日な現在なのですが、 以前夜勤をやっていた頃に比べると体調が戻りにくくなっているようです{/face_hekomu/} 昨日も今日も寝てばっかり...
イースタン・プロミス (Addict allcinema 映画レビュー)
ここでしか、生きられない。
イースタン・プロミス (こんな映画見ました~)
『イースタン・プロミス 』 ---EASTERN PROMISES--- 2007年(イギリス/カナダ/アメリカ) 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ 、ヴァンサン・カッセル、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック ロン...
映画評「イースタン・プロミス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年イギリス=アメリカ=カナダ映画 監督デーヴィッド・クローネンバーグ ネタバレあり
イースタン・プロミス/Eastern Promises(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワードイースタン・プロミス(原題:Eastern Promises)キャッチコピー:ここでしか、生きられない。製作国:イギリス/カナダ/アメリカ製作年:...