シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

ブラック・スワン

2011-05-14 17:23:29 | 映画「は」行の作品
チャイコフ好き~♪

これはナタリーあってこその作品でしたね。
たとえバレエ経験者とはいえ、ブランクがある方にとってクラシックダンサーの体を短期間で作り上げるのって、想像を絶するご苦労があったと思います。それにしてもあの華奢な体のどこに彼女の爆発的なパワーがあるのかホントに不思議。
まさに女優魂炸裂。


・・・私がダンスの舞台に求めるものは、常々ここにも書いてるのだけどストイックな精神世界が生み出す「魂の躍動」なんだ。映画でも同じくそういうものにココロつかまれてしまう。
ただしバレエ好きな私はこれはバレエ映画だと思いこんでいたし、予告編全てシャットアウトしていた事もあり、こんなにホラーちっくなテイストがあるなんて思わずでして;
でもバレエダンサーの日常的なシーン…身につけるシューズや衣装、食事とか体の事などのプライベートに関する事や、バーレッスン風景やらバックステージでのダンサー達のリアルなやり取り等も綿密に取材されているのを感じ、そういう熱心さに感激して嬉しくなり。
見た目は高貴で優雅な世界だけど、あまり知る機会が少ない裏での苦労や競争社会である事の嫉妬等をたくさん認識すると、それゆえに舞台でのダンサーたちの輝けるプライドに目が眩んでしまうし、そういうものをもっときちんと受け止めて観れる自分にもならないといけないのねって改めて思うの。もちろん映画もね。

そして。
本作、映画とバレエ。
私にとって一粒で二度おいしいこのブラックスワンは、もうちょっと「白鳥の湖」の斬新な解釈を期待したのだよな。劇中でも“新しい「白鳥の湖」”という台詞も入ってる事だし。一言で「白鳥の湖」といっても振付師とバレエ団によって解釈や見え方が全然違って面白いんだ。本作はどちらかというと新しいものというより、とても古典的だなって。
言わずと知れた「王子の愛によって救われるはずが心変わりという裏切りで魔法は解けなくなり、しかし悪を葬り死を選ぶ事によって魔法を解き、永遠の愛で結ばれる」というらしきもの?

白鳥かぶれの私がこれまでに観てきた「SWAN LAKE」は多種多様な物語だった。パリオペラ座バレエ団で観たヌレエフ版などは、ラストで死んでも二人は結ばれず魔法も解けないというものもあるし、ニューアドベンチャーズのマシュー版のスワンレイクは現代の王室に見立てるような、王子とオス白鳥の物語で、ラストもかなり悲劇的なんだけど狂気に陥っていく王子の姿は本作にもつながる部分も垣間見た感じで一番似てるのかな、なんて思ったり。
…本作に協力してるのはニューヨークシティバレエ団とのこと。私はその白鳥は体感したことはないけど、同じく米国の、アメリカンバレエシアターのマッケンジー版白鳥の湖はヨーロッパのそれとは違い、とっても希望的だった。さらに悪とされるロットバルトを二人で演じわけ、ロットバルトにも人間的な心理を見てとれるような視点を持っていく面白い演出だったし、、、熊川哲也版の白鳥の湖ではオデットとオディールが違うキャストで踊るというものも観た事がある。だから全くの別人に見えるのも理にかなってるなって思ってその時すごく納得して観たもの。
一言でバレエ「白鳥の湖」っていってもこんなにたくさん色んなのがあるんだよ。なので、もうちょっと捻ったものを期待しちゃったかな。でも本作はニナ本人の心の闇とか抑え続けてきた自己欲求の「解放」をテーマにしてるようだったから、主人公ニナに注目してナタリーの演技を堪能し、それゆえに成り立っている作品としてとらえればイイ事で、作品賞としてよりも最優秀主演女優賞として評価されるのもすごく納得。

でもこういう派手な演出には気分が少し悪くなったかな。ある意味それは本作が目指したものに合致していてそれに上手く乗っかっていけた証なのかもしれないし、本作と共鳴できた事でもあるのかなって今なら思えるけど。
どうも天の邪鬼?wな私は、こんなにホラーちっくなテイストを入れられてしまったら逆に引いてしまったところもあったのよね;だったらもっと音にもホラー的要素をいれてくれたら、恐怖心も倍増でビビりまくったかもw
そうそう、音楽の事なんだけど、サスペンスものとかホラー映画とかって音にも醍醐味があるんだって思う。
基本的にチャイコの白鳥から抜粋された音楽が使用され、レッスン時にはそれらがピアノで弾かれるからオケと違ってとっても心地良かったには違いないのだけど。もう少し抑制された音使いであった方が個人的にはツボなんだな;…無音、というのも結構怖いって感じるのは私だけ?
どちらかというと視覚的要素で緊張感を高め、恐怖心を煽るって感じだったよね。まるで黒鳥まんま。でもあのメイクはデーモン閣下ちっくwで斬新。これこそ新しい黒鳥だ~

それと、冒頭でニナが舞台でオデット姫を踊る夢を見ている時のバレエシーンで、ロットバルトに白鳥に変えられてしまうところなんだけど・・・
あれ、とても白鳥と人間の違いが明確で私にはとってもツボだったの。
それまでの、オデットという人が表現される美しいハンドモーションからいきなり魔法をかけられて鳥になる瞬間の彼女を見たら、ホントに鳥肌がたったもの。まるで翼がみえるようだった。
本当に羽が体から生えてきたりしてリアルな鳥のようになっていくラストシーンとは全然違う演出なのに、私には最初のシーンこそ拍手を贈りたくなった。それとところどころに織り交ざる、魅せ場の32回転グランフッテアントールナンも実際にナタリーが挑戦してる?もし本当ならホントにブラヴァー。(勿論プロダンサーのダブルさんはいるんだけどね。)
私にとってはCGなど使わなくっても、十分「鳥」の表現が出来るという事の方に驚愕するし、その方が好きなんだよ。それだけこの役柄に入り込んでいるナタリーがとても怖かったし、そういうプロ意識が素晴らしかった。

ダンサー達がどこか「白鳥の湖」を特別なものとしているのって、技術的は勿論、心理的な表現も人間が内包するあらゆる感情を曝け出さねばならない難しさにあるのかなって本作をも観ながら考えてみたり…
特にクラシックのダンサーたちの 「自己抑制」って物凄いのだと思うのよ。犠牲の上に成り立つものって少なからずあると思う。

ニナが最後に自分で出した結論は「パーフェクト」なもの、だったけど、ラストに流したあの涙は、魔法が解ける「愛」を見つけたからだったのか、見つからなかったからだったのか、まだ私の解釈もままならない。
でも鳥な姿になってさえも、負の感情を爆発させたラストのニナこそが一番人間らしく見えたりもした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
後日談。一番人間らしく見えたってことは・・・魔法はとけたと思っていいのか・・・しかし誰かを愛するとか愛されるとかの「愛」によってではなく。では・・・「自己愛」で自己完結??
結局黒鳥そのもののエロスも最後には表現できていたのかどうか?
なんだかね、面白い映画には違いないんだけど白鳥の世界観のLOVEそのものは見えてはこない、というか思えないんだ、いまだに。精神的な「愛」の表現と肉体的な「エロス」の表現、ちょっと私の期待した、それとは違った作品で。
どちらかというと現場を追っかけたドキュメンタリーがあったら見てみたいかもー。DVD特典映像にメイキングを期待しようかw


(加筆修正あり)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2011/05/11
ジャンル サスペンス/ドラマ


監督: ダーレン・アロノフスキー

原案: アンドレス・ハインツ
脚本: マーク・ヘイマン アンドレス・ハインツ ジョン・マクラフリン

撮影: マシュー・リバティーク
衣装デザイン: エイミー・ウェストコット

振付: バンジャマン・ミルピエ
音楽: クリント・マンセル
音楽監修: ジム・ブラック ゲイブ・ヒルファー

出演: ナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ミラ・クニス バーバラ・ハーシー ウィノナ・ライダー バンジャマン・ミルピエ


ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の期待を一身に背負い、バレエに全てを捧げて厳しいレッスンに励む日々。そんな彼女に、バレエ人生最大のチャンスが訪れる。長年バレエ団の象徴的存在だったプリマ・バレリーナ、ベスの引退を受け、新作の『白鳥の湖』のプリマにニナが抜擢されたのだ。しかし、白鳥の湖では純真な白鳥役と同時に、奔放で邪悪な黒鳥役も演じなければならない。優等生タイプのニナにとって、魔性の黒鳥を踊れるかが大きな試練としてたちはだかる。対照的に、官能的にして大胆不敵な踊りで、芸術監督のルロイに理想的な黒鳥と言わしめた新人ダンサーのリリー。彼女の台頭によって、不安と焦りが極限まで高まってしまうニナだったが…。(allcinemaより)



コメント (16)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« メアリーとマックス~Mary an... | トップ | 2011年を振り返って… »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2011-05-15 02:09:49
TBさせていただきました。
またよろしくです♪
Unknown (mig)
2011-05-16 21:52:55
こんばんは~☆

>「白鳥の湖」の斬新な解釈を期待

ああ、なんかシャーロットさんらしい確かにその辺は薄かったかも。
私はちょっとホラーな雰囲気が好きでしたよ~やっぱり☆
この作品思った以上に皆べた褒めですよね(笑)
私も好きだしもう一度観たいなとも思うケド、パワー感じる「127時間」がやや上かなぁ
シャーロットさんの今後の感想もまた楽しみにしてますよ~
シャーロットさん♪ (mezzotint)
2011-05-17 11:51:28
コメントありがとうございました!
まさに女優魂炸裂。ナタリーあってのこその
作品、、、、。
本当にそうでした。
バレエについては全く
知らないもんで、シャーロットさんの記事を
読ませて頂き、、、。
奥の深さにう~ん唸るばかりです。
それはバレエに限らず、絵画、銅版画にも
言える事ですが。
けんさん (シャーロット)
2011-05-17 21:02:41
よろしく。
migさん (シャーロット)
2011-05-17 21:11:57
こんばんはー。
お久しぶりです。
いつもはストーリーラインなんて気にならないんですが、白鳥の湖ってバレエの王道だからこそ、何か斬新なモノが欲しかったかなあって。
ああいう漫画チックな演出ではなくね。
というか、そんなに皆さま褒めてるのね。
確かに素晴らしい作品だと思います。
わたし、嫌いじゃないけどもう大きい画面では見れないなあ;
そうそう、127時間、期待してます~♪
mezzotintさん (シャーロット)
2011-05-17 21:17:43
TB先ほどつけさせていただきましたよ。
ええっと、ゲイジュツや物事って奥が深いものですよね。
それを知れば知るほどわからなくなりもするし、もっと知りたくもなるし。
バレエの事はまだまだ私も素人ですから;
でもこういう作品のおかげでもっとバレエが人々の身近なものになってくれると嬉しいなって思います。
TB・・・。 (mezzotint)
2011-05-17 23:19:02
ありがとうございました。
また宜しくで~す!
mezzotintさん (シャーロット)
2011-05-18 14:48:22
よろしこ。
こんばんは (ノラネコ)
2011-05-18 21:49:35
これはシャーロットさんは外さないだろうと思ってましたが、さすが細かな舞台のディテールに着目してますね。
正に怒涛の2時間、あっという間でした。
ただ、正直私はバレエは門外漢ですが、アロノフスキーはあんまりバレエその物は好きじゃないんじゃないかなと思いました。
研究はしてるけど、あくまでも物語のモチーフという感じで、愛をあまり感じなかったんですよね。
その分素材としては使い切ったという感じで、圧倒的に面白かったのですが。
ノラネコさん (シャーロット)
2011-05-20 10:23:48
こんにちわん。
本作の公開はずっと心待ちにしておりました。なので、自分勝手な期待も膨らんじゃったんですよねえw
そうそう、バレエ独特の肉体の表現にはあまり関心がなさそうでした。
そこがないと肝心な「白鳥の湖」そのもの言わんとする精神世界もなんだかよくわからなかったし、別にそれはバレエじゃなくて他の話でもよかったわけですものね。
それにですね、ドキドキするようなエロスなかったしw白鳥はココ大事。爆

コメントを投稿

映画「は」行の作品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

ブラック・スワン (本と映画、ときどき日常)
監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ナタリー・ポートマン     ヴァンサン・カッセル     ミラ・キュニス もう全編に渡ってサスペンスがみなぎっています。 それに主演のナタリー・ポートマンがすごいイイ! これだけのバレエをするには大変な練習をしたん...
ブラック・スワン (Akira's VOICE)
羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。   
「ブラック・スワン」 (首都クロム)
 マシュー・ボーンの「SWAN LAKE」が大好きで、チャイコフスキーの曲を聴くだけで頭に浮かんでくるのはそちらの情景になってしまうので、これのサウンドにはかなり惑わされました。目はナタリーが踊っている(作中の演出家が振付けた設定だが)古典版を見ながら、脳に到...
ブラック・スワン / Black swan  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」...
ブラックスワン(2010)◆◇BLACK SWAN (銅版画制作の日々)
                        純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… MOVX京都にて鑑賞。話題作、ついに観ました。もうこれはナタリー・ポートマンの演技につきますね。 それにしてもスレンダーな身体、、、、。バレリーナって本...
「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタ...
ブラック・スワン・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ブラック・スワン」は、いろいろな意味で、ダーレン・アロノフスキーの前作「レスラー」の対になる様な作品である。 あの映画では主演のミッキー・ロークの人生を、主人公であるレスラーに被らせる事で、物...
ブラック・スワン  BLACK SWAN (俺の明日はどっちだ)
圧巻の演技というのはこういうのを指すのであろうナタリー・ポートマンの演技を超えた渾身の演技にすっかり魅せられたサイコ・ホラーの衣をまとった成長物語。 そもそも映画の大きな背景となるバレエ作品「白鳥の湖」は、チャイコフスキーの音楽はもちろん、代表的な場....
追いつめられて・・・ (笑う学生の生活)
22日のことだが、映画「ブラック・スワン」を鑑賞しました。 大役である「白鳥の湖」のプリマに選ばれた ニナ しかし 白鳥は完璧でも黒鳥が上手く演じられなくて・・・ バレエ映画ではあるが それ以上に 心理スリラーとして要素が強くて コーチの要求、ライバルの存在 ...
ブラック・スワン (Recommend Movies)
純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… アカデミー賞・主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン見たさに劇場へ♪ ナタリーの迫力の演技に主演女優賞の座も納得! 美しく、可憐なバレリーナ・ニ...
ブラック・スワン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...
ブラック・スワン;レビュー? (ゆるっとヴァカンスな日々)
「BLACK SWAN」 ≪アロノフスキー監督に完敗!(乾杯!!)≫ 何てことをしてくれたんだ・・・・・..
映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...
■映画『ブラック・スワン』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対...
ブラック・スワン (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ...
ブラック・スワン (to Heart)
純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...
『ブラック・スワン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ラ...
映画『ブラック・スワン』~アカデミー賞受賞作品を観て (kintyre's Diary 新館)
11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジ...
ブラック・スワン (こんな映画見ました~)
『ブラック・スワン』---BLACK SWAN---2010年(アメリカ)監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナ(ナタリ...
ブラック・スワン #38 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ 原題:Black Swan 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:マイク・メダボイ、アーノルド・W・メッサー、ブライアン・オリバー、スコット・フランクリン 原案:アンドレス・ハインツ 脚本:マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクロ...
ブラック・スワン 怖かった~妄想も女性も・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が....
映画「ブラック・スワン」 (itchy1976の日記)
ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ...
『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...
「ブラック・スワン」 自己抑制と開放 (はらやんの映画徒然草)
ダーレン・アロノフスキー監督自身が言っているように、本作は「レスラー」と対をなす
【DVD】ブラック・スワン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ダーレン・アロノフスキー 【出演】ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カッセル/ミラ・クニス/バーバラ・ハーシー/ウィノナ・ライダー 【公開日】2011/5.11 【製作】アメリカ 【ス...