シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

2005-11-29 10:30:30 | 映画「は」行の作品
それぞれが変わっていく…新たな序章のような作品
 
今までの1~3作品と何が違ったと感じたか、というとまず映像の光のとらえ方。
それから音楽。

スケール感がもっと壮大にそして荘厳に。最初にポートキーでトリップするシーンなんかは本当に広大な自然を写し出し、陽の光に心奪われるくらいの映像とアングルですばらしかった。ワールド・カップのシーンには鳥肌立つくらいの盛り上がり。
今回は妙にリアリティを感じる特有の自然光の使い方の映像だったと思う。
トーンを押さえぎみに、クリアな感じではなくなんとなくぼやかした映像。より大人っぽくみえるキャラクター達。
個人的により表情等が自然に見え、かつCGも進化している今作品の映像は気に入っている。ヴォルデモート卿の顔はCGで鼻の穴を細長く処理してあるらしく、爬虫類「蛇」っぽくて、気持ち悪い~

音楽だけ聴いていても今までとは違った奥深きものも感じた。…と思ったら、テーマ曲以外はジョン・ウィリアムスじゃなかったのね。なかなか感動的に音楽が後押ししている。サントラ買うかな・・・


今回は特にストーリーもその核心に迫る流れで、心理描写もより深く笑える箇所も極わずか。ファンタジー路線よりもサスペンスに近い展開。
こうなってくると子供達も理解力がないと話についていくのに大変かもしれない。
根底に流れるテーマもより複雑化している。
 
原作をかいつまんで2時間半に収めた事に見事だと言わざるをえない。これ以上になってもこれ以下でも満足いくものになったかどうか。まあ原作のファンとしては少し物足りなさも感じる。もっと魔法対決のシーンは突っ込んで欲しかったし、クディッチワールド・カップももっと面白いはずなのにね。
ロンとハリーの仲たがいもあっけなさすぎてるし、クラムというキャラももっと訛ってておかしいのにな。

主役3人の恋愛感情も芽生える?ことも新たな展開。・・・成長したねえ・・・しみじみ。第1作目のダニエル君本当おさなくてかわいく思える。
原作読んでもいるけど、ロンとハーマイオニーはお互い気になる存在って事?喧嘩ばかりしているけど・・・その辺ちょっと理解不足。

三大魔法学校対抗試合に絡めてヴォルデモート卿の復活と、三人の恋愛感情と友情を描いていく。ラスト数分の展開はいつもながら手に汗を握る。原作読んでいてもすっかり忘れていたので(汗)結構緊張感を持って楽しめた。

根底に流れるのはやはりハリーの孤独と愛。その裏腹に友情があり複雑な人間関係の中でいつの間にか成長し、心も強くなっていくハリー。自分自身の手でその窮地を切り開いてきた。目には見えない愛に守られながら。
目に見える現実ではなく、目に見えない一見不確かな愛が彼を強くしてきた。
そしてその本の中のキャラクターに息を吹き込んでもう彼以外のハリーは想像するのが難しくなっているくらい熱演しているダニエル・ラドグリフの成長もめまぐるしい。そのほかお馴染みのキャラクター達に加え、新顔の登場も見逃せない。

おなじみのダズリー一家が出てこないので、嬉しいというか寂しいというか…
舞踏会シーンは、おめかししたロンのカッコが原作だともっとぼろぼろってイメージだったけど、クラシック的?!でまあまあ見られたわ(笑)
それとマッドアイ・ムーティのギョロ目の仕掛けをぜひ知りたい!


この映画の良さはキャラクター達の等身大の心情に共感でき、一緒にその冒険の世界を体験し、一緒に成長していける点で、原作にも近く映像化されることでそれらがより具体的となる所にあると思う。

変わっていく。見る側も一緒に





コメント (34)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« パッション byスターチャンネル | トップ | 次の記事へ »

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tara)
2005-11-29 12:12:40
TB&コメント、ありがとうございました。

>この映画の良さはキャラクター達の等身大の心情に共感でき、一緒にその冒険の世界を体験し、一緒に成長していける点

ほんとうにそうですよね。役者達もどんどん大きくなってしまうけど、最終シリーズまで現在の3人で作成して欲しいと思うのは、役者達の成長も重ね合わせているからでもありますよね。

私はコレを見て、Half-Blood Princeを買ってしまいました。どこまで理解できるか心配だけど・・

gooへのTBがなかなかうまくいかないのですがトライしてみます。
とうとう… (charlotte)
2005-11-29 13:01:41
taraさん、「Half-Blood Prince」買ったのですか?

う~ん、読みたい虫がまた出てきた…けど、活字読むと3秒で寝ちゃうので(爆)どうしよ~

オチも凄そうですよね。気になって寝れない

コメントありがとうございます。
成長 (kossy)
2005-11-29 13:42:12
成長できなかった未熟者のkossyです。

今回の映画はカット割が多く早い展開だったけど、次にくる映像が凄いものだから、休むひまがないほどのめりこんじゃいました。

欠点は登場人物と名前がいっぱいでてくること(単に前作までの復習をしなかったバツか・・・)。

「シリウス・ブラックって誰だっけ・・・」等々、おばかなkossyです。
忘れてばかり (charlotte)
2005-11-29 14:12:26
kossyさん

原作知らない方でも楽しめるような描き方だったら良いのですけどね~。既存作品を知ってるという前提があって作られた感じかも。

登場人物たくさんいすぎ!って感じは許してやってくださいませ。本を読んでいてもキャラクターや、ストーリーが思い出せなくて、忘れてばっかり…

エンドロールで名前を確認しよう!と思ってもその長さに早く終わってよ~とイラつきながらも、最後の最後まで曲を聴いて感涙していたあほなcharlotteです。
いよいよ佳境? (メビウス)
2005-11-29 15:23:27
こんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪



ホント、今作は今までのハリポタシリーズと違い色々変わってましたね。前3作は何だかすっきりする終わり方だったんですが、『あの人』も復活したせいか、今回は後味を残すような終わり方で、いよいよシリーズも佳境に差し掛かったような雰囲気を受けました。



次回作もやはり人が死んじゃうような、少し暗めなイメージを今から懸念しちゃってます(^▽^;)
いや、もっともっと… (charlotte)
2005-11-29 15:34:05
復活しちゃいましたね!

さらにダークな作品になってきて、いいのか悪いのかって感じですが。佳境になってきた感はありますが、もっともっと話はダークネス!!になっていくと思いますよ~(笑)これ以上はヒミツ
TBありがとうございました (ミチ)
2005-11-29 16:02:43
こんにちは♪

テンプレートが冬仕様になりましたね~。

ハリポタの映画は原作をちょっと忘れた頃にやってくるんですよね。

だから、私の頭に残っている部分はすべて映像化されていました。

それほど視覚的に訴える部分の多い第4巻だったんだと思います。

いろいろ端折ってあるのも思い出しましたが、しょうがないかな~。

あれもこれも入れるのは無理だもん・・・と妥協してほぼ満足です。
Tbありがとうございました (nicoco)
2005-11-29 19:39:10
楽しかったです。魔法って素敵です♪笑

原作もかなり気になります。。。。先がどうしても

気になって・・・!でも、その前に詳細に書かれた部分も知りたい気がしてしまっています♪



お返事 (charlotte)
2005-11-29 23:39:20
ミチさん

いつもありがとうございます!

ちょっとどころかすっかり忘れてました

う~、やはり色々盛りだくさんすぎるのも問題ありですかね…DVDに削除シーンとかあれば買おうかな

今回は心理的に訴える事が多くて、ちょっと見る側も脳内変換要求されている気分でした。



nicocoさん

魔法使えたら色んな事やるのにな、といつも思います(笑)先が気になりますよね!・・・はやく最新刊の日本語版出版されないかと待ちわびてます。

でも多分手元にあっても完読するのに凄い時間かかりそうな予感
2時間半 (たましょく)
2005-11-30 09:46:41
 TBありがとうございますm(_ _)m



 レビューを拝見して、しっかりと2時間半

楽しまれた~と感じました。たましょくは、

途中で集中力を欠いてしまって、なんかちょ

っとダレてしまいました。



 マッド-アイの目の仕組みは、ムックと同じ

じゃないでしょーかねw

コメントを投稿

映画「は」行の作品」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

40 トラックバック

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(11月26日公開) (オレメデア)
ご存じ,イギリスの作家J・K・ローリングのベストセラー小説の第4弾. 第1作目の「賢者の石」ではまだあどけなかったハリーも,もう14歳. 長期の休みにハリーは,魔法界スポーツ「クィディッチ」のワールドカップを観戦し,そこで事件に遭遇する. 「クィディッチ」って
ハリーポッターと炎のゴブレット (さぁ みんなで読んでみよう)
辞書の厚さの原作 作者のJ・K・ローリングさんは、すごいものを書いたものです。ま
映画館「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
ハリポタシリーズは「賢者の石」「秘密の部屋」は劇場で観ましたが「アズガバンの囚人」はまだ観ていませんでした。シリーズモノは、きちんと順序どおりに観るようにしているのですが、大丈夫かなと思って観てしまいました。しかし「アズガバン」というのが今回の作品にも...
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ネタバレ映画館)
 ボーバトン魔法学校の事務員でもやらせていただけませんか?ふ~♪  人種も増え、お笑いキャラも増え、その上フランス娘とロシア男の学校も加わった。国際色豊かになり、ホグワーツ校内も明るく楽しい雰囲気となった。その分一人一人の描写が希薄になった感もあったけど
ハリー・ポッターと炎のゴブレット(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】マイク・ニューウェル 【出演】ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/ロビー・コルトレーン/レイフ・ファインズ/マイケル・ガンボン/ブレンダン・グリー
映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★★ 先行ロードショーにて鑑賞。 ハリポタシリーズの第4作。原作もこの4作目から上下巻となり、質量共に膨大になった覚えがある。そして一番ワクワクしたのもこの第4作だったので、映画化を待ち望んでいた。 ストーリ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (まったりでいこう~)
上映時間を勘違いしていて危うく遅刻しそうになりました・・・。家を出る前、チケットで時間を確認してよかった。ほっ。 これまでの作品で一番ダークな?内容になっていましたね。確かPG-12でしたっけ? アズカバンのときのそうでしたけど、やっぱ子役達の成長っぷりに驚き
**ハリー・ポッターと炎のゴブレット** (CinemaCoconut)
ハゥ~~~~♪フゥハァ~~~~♪?・・・ その吐息にも似たボーバトン魔法アカデミーの洗練された美しい女性達だけで、満足♪
ハリー・ポッター 炎のゴブレット ジャパンプレミア (メルブロ)
ハリー・ポッター 炎のゴブレット 上映時間 2時間37分 監督 マイク・ニューウェル 出演 ダニエル・ラドクリフ エマ・ワトソン ルバート・グリント レイフ・ファインズ  特設HP 来日動画  ジャパンプレミアだが別に出演者や監督を来ない。多分国際フォ
気になる映画 ハリー ポッターと炎のゴブレット (名前の無い日記)
さてさて、昨日は映画を見てきました。話題の映画 ハリー ポッター 炎のゴブレット。 初日だけあって凄い人・人・人・で中にはコスプレさんもいましたよ。 と言う事でネタバレ無しで、ご紹介を。 まずはストーリーから・・・。 ストーリ ホグワーツ魔法学校の夏休み.
★「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (ひらりん的映画ブログ)
先行上映で観てきちゃいました。 PM11:10~なのに結構な入り。 もうチョイ遅かったら、前方で見上げる席しか残ってなかったみたい。 とりあえず、ひらりんの初ハリポタ劇場鑑賞でーーすっ。 (勿論、前3作はDVD鑑賞済みですが) 2005年製作のファンタジー・ア
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (何を書くんだろー)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 評価 ★★★★☆ (3.5) 『あらすじ』  ある朝、ハリーとロンは、無理矢理?ハーマイオニーにたたき起こされる。眠たい目を擦りながら ピクニックのような雰囲気で出掛けるロンの一家とハリーとハーマイオニ...
ハリー・ポッターと炎のゴブレット/ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン (カノンな日々)
ぶっちゃけ世間が騒いでるほど私は「ハリポタ」の映画にはワクワクしないんですよね。興味が無いわけじゃないんですよ。原作は映画化される前に読んでハマったくらいですから。映画は確かにこのハリポタの 世界観を創造力豊かに表現しているとは思うのだけど、本を読んで感.
ハリー・ポッターと炎のゴブレット・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
比べるのも失礼だが、「ロード・オブ・ザ・リング」三部作と「ハリポタ」の映画シリーズの一番の違いは、結局映画自体が物語っているか否かだと思う。 「ロード~」が映画単体でも物
ハリーポッターと炎のゴブレット (any\'s cinediary)
[闇の帝王]現る。 <ストーリー> ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)の
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」さよなら子供時代 (soramove)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント主演 マイク・ニューウェル監督、2005年アメリカ この冬一番の大作が いよいよ公開! 「ロード・オブ・ザ・リング」に うつつを抜かしていたので 「ハ...
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」さよなら子供時代 (soramove)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント主演 マイク・ニューウェル監督、2005年アメリカ この冬一番の大作が いよいよ公開! 「ロード・オブ・ザ・リング」に うつつを抜かしていたので 「ハ...
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (毎週水曜日にMOVIE!)
白状すると、今回は絶対当たらないけど絶対行きたいと思っていた、「ハリーポッターと炎のゴブレット」のジャパンプレミア。オークションで購入した途端、当選はがき到着。 ・・2日前でした。そして、昼の14時の会では、誰にも一緒に行ってもらえず、途方にくれました
ハリーポッターと炎のゴブレット (Enjoy Life♪)
14歳に成ったハリー。 今年はどんな事件が彼を待ちかまえているのでしょう ダズリー家から、早々とウィーズリー家へと出向いたハリー。 クィディッチのワールドカップが行われるので、 ロンのお父さんが、子供達を引き連れて 開催される場所まで、マルグの目をか...
映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (いもロックフェスティバル)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を観に行った。 ハリー・ポッター・シリーズの
ハリーポッターと炎のゴブレット (和日和)
なんと昨日(19日)原作読み終わって感想ブログ書いた後、ちらっと映画情報検索したら・・・ なんと!先行上映日でした! しかも地元の映画館でもやってる!!! え、もしやコレ
ハリーポッターと炎のゴブレット (利用価値のない日々の雑学)
昨年、前作では実現しなかったが、ここ数年このシリーズと「L.O.T.R」を家族4人揃って近所のシネコンに観にいくのが恒例となっていた。ついに今回からはそれも字幕になった。昨年、つまり、「ハリーポッターとアズカバンの囚人」でそれが実現しなかったのは、1.2作を観て、筆
試写会「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」。 (映画徒然日記。)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 本日は「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」ジャパン・プレミア試写会…という事で、仕事も休み、かなり勇んで行く気満々だったのですが、同行をするハズだった子が風邪で欠席する事となり、一気に肩の力が抜けてしまった私は、10時近く.
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (悠雅的生活)
成長したハリーに、ついにその時が訪れる
ハリーポッターと炎のゴブレット (Akira\'s VOICE)
ハリポタ,フォー! は,軽く眠たい・・・
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ぷち てんてん)
あ~、今年はこの時期、再びハリー・ポッターのシーズンになりましたね~。前作はアクシデントで公開が遅れたものね。先行上映を見てきました。ネタバレしないで(というかネタバレする事がないかも)感想を。☆ハリー・ポッターと炎のゴブレット☆(2005)マイク・ニュー...
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (まつさんの映画伝道師)
第287回 ★★★☆(劇場)  映画終盤、ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)はこんな台詞をハリー(ダニエル・ラドクリフ)に言う。 「苦難に立ち向かう時、正しい事と楽な事を選択しなければならない」と。  これは人間の本質を突いている奥深い格言の.
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (映画通の部屋)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」HARRY POTTER AND THE G
ハリーポッターと炎のゴブレット (Alice in Wonderland)
思い入れの深かった『ハリーポッターシリーズ』なんですが、実は今作はまだ原書を読んでないのです。読んでから見に行こうと思っていたんだけど、もう我慢できなくなって本日見ることにしました。一作目ではハリーにスクリーンで会えたってことで涙してしまったくらいのハ...
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』レビュー (西欧かぶれのエンタメ日記)
弟が宝物のようにそろえている原作本に、コーヒーのしみをつけてこっぴどく罵られたため、あまりいい思い出のない『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』。 今回の宣伝のされ方を見ていても、シリーズとしてはやや失速気味な感は否めないが、なんだかんだいって、やっぱり観
ハリー・ポッターと炎のゴブレット@品川IMAXシアター:日曜夕方 (KINGDOM OF KATHARINE)
ほとんど予備知識のないまま、いきなり今作のハリポタを見に行ったのが約10日前。 なかなか厳しい体験だったことは、前回のレビューに書いた通りである。(^_^;) とはいえ、映像の美しさや迫力には驚き、胸がときめいた2時間半だった。 そしてその時、映画を見終わって私が
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」さよなら子供時代 (soramove)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント主演 マイク・ニューウェル監督、2005年アメリカ この冬一番の大作が いよいよ公開! 「ロード・オブ・ザ・リング」に うつつを抜かしていたので 「ハ...
ハリーポッターと炎のゴブレット (toe@cinematiclife)
今年1本目の映画は、魔法の上手なハリーくん。 前作の「アズカバンの囚人」を見逃していて(^^;)、ちょっと不安だったんだけど、大丈夫だったみたい。 早いもので、少年だとばかり思っていたハリーくんも思春期を迎えたのね。 何も考えずに楽しみたいときには、いいかも
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ぐだぐだ日記)
観てきましたよ。先行上映。「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」。 もちろん原作は読んだんですが、実は内容あんまり覚えてなかったり… それと、カタカナを覚えるのが苦手なので、登場人物の名前が若干曖昧です。 ↓↓↓ネタバレします。↓↓↓ 今回はクィディッ.
『ハリーポッターと炎のゴブレット』・劇場 (しましまシネマライフ!)
今更ながら『ハリーポッターと炎のゴブレット』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 今日行っ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (Blossom Blog)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE 監督 マイク・ニューウェル 出演 ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン アメリカ 2005
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 06年97本目 (猫姫じゃ)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット ダニエル・ラドクリフ (DANIEL RADCLIFFE )って、1989年生まれ、17才?ルパート・グリント (RUPERT GRINT )が、1998年生まれ、18才エマ・ワトソン (EMMA WATSON )は、1990年生まれ、16才 もう無理yo、 ...
ハリーポッターと炎のゴブレット (Mon plaisir ☆)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る 『ハリーポッターと炎のゴブレット』公開初日に観に行きました{/hiyo_en2/} ハリー、もうすっかり大人だよ{/face_en/}凛々しい{/ee_2/} でも、個人的には、自分の魔法 ...
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版 CAST:ダニエル・ラドクリフ 他 ホグワーツ魔法学校の4年生になったハリー・ポッター。新学期を迎えた学校では、魔力を競い合う伝説のイベント「三大魔法学校対抗試合」が開催されることに。17歳以上と定め ...
映画・ハリーポッターと炎のゴブレットより、日常英会話抜粋! (英語の本を原書で読みたい!)
映画・ハリーポッターと炎のゴブレットから、日常英会話抜粋です。ハリーシリーズも4からは、翻訳では上下巻分かれるくらいのヴォリュームで、映画化は難しいようにも思えたのですが、多少忙しいですがよく出来ています。(ハリーポッターと炎のゴブレットより、 ...