シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

エリザベート

2008-11-15 11:59:35 | ミュージカル・演劇・舞台
14日 13:00~帝国劇場 . . . 本文を読む
コメント (8)

舞台 フラガール

2008-08-06 00:25:53 | ミュージカル・演劇・舞台
赤坂ACTシアターにて 8/2 . . . 本文を読む
コメント (2)

レベッカ

2008-06-12 17:42:36 | ミュージカル・演劇・舞台
6/8 シアタークリエにて ミュージカル「レベッカ」 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

ミュージカル ウーマン・イン・ホワイト

2007-11-23 22:08:18 | ミュージカル・演劇・舞台
22日 青山劇場 . . . 本文を読む
コメント

ヘアスプレー

2007-07-23 01:24:19 | ミュージカル・演劇・舞台
7/22 渋谷オーチャードホール カラフル、パワフル、ハッピー、ダンスショー♪ . . . 本文を読む
コメント (15)   トラックバック (13)

エリザベート

2007-07-17 01:46:46 | ミュージカル・演劇・舞台
7/14 東京宝塚劇場 雪組公演「エリザベート」 お前は俺と踊る運命(さだめ)・・・ . . . 本文を読む
コメント (6)

METライヴビューイング「始皇帝」

2007-04-09 16:23:52 | ミュージカル・演劇・舞台
タン・ドゥン作曲の新作オペラ司馬遷の「史記」とルー・ウェイの映画「異聞 始皇帝謀殺」を原作とした、愛と権力、背信をめぐる一大叙事詩。 . . . 本文を読む
コメント (2)

タイタニック TITANIC the musical

2007-01-18 14:48:07 | ミュージカル・演劇・舞台
2007月1月17日 東京国際フォーラム ホールC 13:30~ 公式サイトはこちら 1997年に大ヒットした映画「タイタニック」があまりにも有名だけど、こちらは映画の公開8ヶ月前にブロードウェイで上演開始され、ロングラン公開。そして、’97年のトニー賞最優秀作品賞、作詞・作曲賞、脚本賞、編曲賞、衣裳デザイン賞の5部門で受賞を果たしたとの事。 キャスト陣はかなり期待させるものがあったので見て . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (2)

RENT

2006-11-19 01:23:00 | ミュージカル・演劇・舞台
ブロードウェイミュージカル「RENT」 11/17 14:00~新宿厚生年金会館 映画でこの作品を初めて見たので、これまでの舞台と比べようもなく映画との接点を探して見ていたような気がする。映画「RENT」の私の感想記事はここで なにぶんそういう見方をしていたので、セットや演出なんかが個人的な判断基準になってしまうんだな。 もちろん、歌は本場のミュージカルとくれば上手いであろうと予測はできたし、 . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (3)

マリー・アントワネット

2006-11-06 23:53:58 | ミュージカル・演劇・舞台
11/6 帝国劇場 13:00~ 激動のフランス革命に揺れ動く18世紀フランスを舞台にして、最後はギロチンの露と消えた王妃マリー・アントワネットとその対極に位置する貧しい境遇の女性マルグリット・アルノーの二人のM.Aを縦糸にして、この二人の周囲に集まる権力者、政治家、革命家、そして市民の行動がいかに歴史を変え、また、歴史が一個人の運命にいかなる変転をもたらしたかを、ダイナミックに描いたもの・・・ . . . 本文を読む
コメント (22)   トラックバック (1)

ダンス・オブ・ヴァンパイヤ

2006-07-28 23:05:13 | ミュージカル・演劇・舞台
7/27 「ダンス・オブ・ヴァンパイヤ」帝国劇場 18:30~ クロロック伯爵・・・山口祐一郎 アプロンシウス教授・・・市村正親 アルフレート・・・浦井健治 サラ・・・剱持 たまき 公式サイト     原作は1967年に公開された、ロマン・ポランスキー監督・出演(アルフレート役)の「吸血鬼」をベースにしている。(ポランスキー・・・戦場のピアニストや、オリバーツイストが記憶に新しいかな) . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (2)

エリザベート

2006-05-07 12:32:01 | ミュージカル・演劇・舞台
. . . 本文を読む
コメント (5)

ベルサイユのばら

2006-03-12 09:28:56 | ミュージカル・演劇・舞台
 星組 フェルゼンとマリー・アントワネット編 今回は筋金入り宝塚ファンのお姐さまにチケットをお取りいただいて、A席最前列で鑑賞。ここがチープだけどすごく見やすい席!こんな席私じゃ絶対取れません~ さすが~です。感謝感激 まあ以前にやはり星組の稔幸さんのオスカル編を見てしまって(DVD)、原作ファンでもかなりうなるほど感激したので今回は別物だと思って鑑賞しました。 星組は歌があまり得意ではない . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (2)