シャーロットの涙

☆映画と音楽、その他、芸術鑑賞記録と残しておきたい日々の雑記☆

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

2008-06-04 15:30:10 | 映画「な」行の作品
ファンタジーなのになぁ・・・ . . . 本文を読む
コメント (17)   トラックバック (16)

ノーカントリー

2008-03-25 23:07:40 | 映画「な」行の作品
追われるから、逃げるのだ。 . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (20)

眠れる美女

2007-12-21 01:23:05 | 映画「な」行の作品
香り立つ究極の美。熟れすぎた果実が枝から落ちる前の、最期の至福のひと時・・・ . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (3)

ナオミ・ワッツ プレイズ エリー・パーカー

2006-11-15 23:32:20 | 映画「な」行の作品
ナオミ・ワッツの幻の初主演作品。 「ザ・リング」や「キング・コング」などでヒロインを演じるようになった彼女。無名時代、ハングリー精神いっぱい明日のハリウッドスターを目指して奮闘する様を描いていく作品。 フィクションだったはずなのに途中で本当にハリウッドスターに登りつめてしまっって、嬉しい誤算?のようなドキュメンタリー風にもなっている。 根性あるのよ、これが・・・。 車には全てのオーデションで役 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (2)

ナイロビの蜂

2006-05-18 22:15:31 | 映画「な」行の作品
第28回アカデミー賞 助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 脚色賞、作曲賞、編集賞ノミネート 第63回ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 作品賞・ドラマ部門、監督賞ノミネート アフリカの空気がのどの渇きを激しく助長してくる。 水という愛情で潤したいと思いつつオアシスを探し歩き、たどり着いた果ては…妻との愛だけが男の帰る家だった。 活動家だった妻と趣味がガーデニングの夫。 . . . 本文を読む
コメント (43)   トラックバック (92)

ニュー・ワールド

2006-04-27 13:04:18 | 映画「な」行の作品
抒情詩的な映像美と音楽にしびれた作品。 作品に惚れる…という事が少ない私ですが、惚れました 言葉が通じない二人が心を通わせていく様の繊細な表現と、それを取り巻く自然を映し出した映像の壮大さに圧倒され、心揺るがされた音楽に鳥肌がたつ思い。 まさかこんな作品だと思いもせず激震・・・ 監督はわずか2本の作品で伝説になったテレンス・マリック。 ディズニーアニメでも有名なポカホンタスとジョン・スミスの . . . 本文を読む
コメント (33)   トラックバック (59)

ナイトウォッチ

2006-04-07 00:08:54 | 映画「な」行の作品
う~ん、感想が沸いて出てこないの。 一応鑑賞記録として残しておこうかなとは思ったけど、ちょっと苦労してたら日がたってしまった… この作品は体調万全にして、PCなんかとにらめっこするのもやめて、騒音の中からもしばらく身を避けてから見たほうが良かったかもなあ どうも記憶能力がずんずん落ちかけているこの頃に加え、日々五感を酷使する私としてはちょっときつかった作品・・・ 見終わって非常に疲れた・・ . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (20)

ナルニア国物語~第一章ライオンと魔女

2006-03-04 15:41:28 | 映画「な」行の作品
夢と魔法の王国、ディズニーの正統派ファンタジー作品 指輪物語ともかなりだぶる世界観の中、どうも見る気がしなかったけれど期待しなかった割には、かなりお話には引き込まれた。 ファンタジー作品もこのごろVFXの技術も物凄く進歩していて、リアルな映像が再現できるようになってきている。 個人的には映画に現実逃避しているので、あまりにリアルだと困惑してしまう。 でもどこか現実の自分にリンクしないと、感 . . . 本文を読む
コメント (36)   トラックバック (81)

ナイト・オブ・ザ・スカイ

2006-02-19 03:01:12 | 映画「な」行の作品
原題・・・「LES CHEVALIERS DU CIEL」 しいていうならフランス版の「トップ・ガン」←1986年に公開されるもっと以前に同作の原型ともいえるフランス人気コミックの、30年もの時を経て映画化された作品 ←ブノア・マジメル・・・お髭フェチの私から言わせるとまだ生やすお年ではないでしょう~!?!笑 もうちょっと年をとってからのほうがお似合いですわ。 でも、なんだかんだといって . . . 本文を読む
コメント (16)   トラックバック (35)

博士の愛した数式

2006-01-26 01:44:01 | 映画「な」行の作品
数字に込められた神秘的な世界を、温かい心で魅せられてしまった。博士の愛した数式の意味は完全には理解していないけど、確実に感じる事ができた。これは本当に見てよかったと思えた唯一の邦画作品。 交通事故で天才数学者の博士は記憶が80分しかもたない。何をしゃべっていいのか混乱した時に、言葉の変わりに数字を持ち出す。 相手を慈しみ無償で尽くし常に数字のそばから離れない… 彼の記憶は10年前で止まっていた。 . . . 本文を読む
コメント (29)   トラックバック (42)

Finding Neverland

2005-06-17 02:07:21 | 映画「な」行の作品
「ネバーランド」…2回目の鑑賞記。 男の子をもつ母として、とっても共感してしまう部分。男の子…じっとしてない、デリケート、面白い、優しい。繕い物が多いってケイト・ウィンスレット演じるシルヴィアが愚痴めいた事を言う。なんだか自分を見ているみたいで、ほっとする(?)… この4兄弟演じる、ピーター③(フェレディ・ハイモア)、ジョージ①(ニック・ラウド)、マイケル④(ルーク・スピル)、ジャック②(ジョー . . . 本文を読む
コメント