スチャラカランナーの日々

運動部経験なし、40代マラソンランナーの趣味日記。ランニングも趣味のひとつですから。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カラス

2005年05月31日 | 走る&徒然日記
 公園で猫にえさをあげているとすぐ近くにカラスが寄ってきた。猫も人に慣れていて逃げない猫が多いが、カラスも同様のようです。
 公園内にはカラスに注意という看板もあるくらいです。
 
 今回は先日読んだ本に乳製品も良さそうなことが書いてあったので、今回はチーズを持っていった。あまり口に合わないのか、満腹なのかいくらか残して去っていくと、そこにカラスが。
 チーズを器用にクチバシでつまんで食べていました。
 
 間近で見ると爪は鋭いし、結構怖いものがある。
 カラスは何かと目の敵にされているが、公園で猫がエサを与えられボランティアの人が活動していることを思うと、多少かわいそうになる。
 ところで猫は結構食べ物には気をつけないといけないようなことが本には書いてあったが、カラスはどうなのだろうか?
 記憶に勘違いがるのかもしれないが、カラスは結構賢い生き物で言葉を教えると九官鳥のように覚えるらしい。また、長寿の生き物で80歳くらいまで生きるという話も聞いたことがある。
 
コメント

オフ会詳細が決まったようです。

2005年05月31日 | 走る&徒然日記
 多摩湖ラン&オフ会の詳細が決まったようです。
 このブログとあくびさんのブログはほとんど共通した方に見ていただいていると思いますが、関心のある方は上記のリンクからお問い合わせを。

 今日も出勤4キロ徒歩、帰宅ラン5キロ。5月は久しぶりにコンスタントに走ったなと思っていたが、それでも月間走行距離195キロ。足首を痛めていたのでまとまった距離を走ることができなかったことが、大きな要因。

 今週末は東京なので、皇居で土日は30キロ走のつもり。残念ながらまだ足首の調子が心配です。
 北海道マラソン約3ヶ月、直近の3週間くらいは疲労回復に当てるので、実質練習期間は後2ヶ月。練習のレベルが上がらないのはかなりまずい。
コメント (1)

なんと今日のイチオシフォトブログ! になっている。

2005年05月31日 | 走る&徒然日記
 気付いたのは会社から帰って来て、一つ記事を上げた所でコメントをコメント・トラックバックをチェックしたところでだった。
 率直にうれしい。
 一押しブログになった記事はこちら→花バスが行く 名古屋まつり

 ところで写真は市役所の本庁舎の向かいにある西庁舎前の生垣です。市役所の出口を出たところにこんなモリゾーキッコロがあるというのはブログの通りですが、こんなところにも。
 今まで気付かなかったのが不思議なのだけれど、モリゾウとキッコロだらけです。













コメント (2)

映画「クローサー」マイク・ニコルズ/監督

2005年05月30日 | 映画
 小雨が降っていて何となくまともな雨になりそうだったこと、足首がチクチクと微妙に痛むので、帰宅ランを止めてレイトショウでクローサーを観てきました。観客は4名、アベックと男2人だった。

 脚本のパトリック・マーバーは演劇をメインに活動している人のようで、この人自身の作品の映画化、舞台はかなりいろいろの賞を取るなど話題の作品のようです。
 監督のマイク・ニコルズは何と「卒業」の監督です。
 私はそういった話題にはほとんど関心なく、ジュリアロバーツの出演作なので観に行っただけです。ジュリアロバーツの写真家というと「グッドナイトムーン」以来ですね。

 舞台の映画化らしく、それなりにいろいろな場所が出てなきますが、動きが少ないというか基本的に2人だけの会話で構成されています。主要な登場人物(名前が出てくるキャストは4名のみで他はその他大勢の扱いで実質的に台詞なしです。)は4名ですが、この4名が2人づつで会話をして話が進みます。

 意図的なものか時間的な経過が分かりにくくなっていて、場面が切り替わると1年後だったりします。最近の映画では字幕が出ていて、1年後とか表示される事が一般的かと思いますが、この点も舞台を意識しているものでしょう。

 ストリッパーの役をナタリー・ポートマンが意欲的に演じていますが、大人の女と子供の入った女の対比で役柄を振られているのだと思いますが、その点ではナタリーポートマンは適役だったという気がします。体型を含め成熟という感じがないこと、容貌の清潔さというかエロチックさを感じさせないこと(この点ではジュリアロバーツも今回の作品では同様という気がします)で考えようによってはただれた男女関係を描いたといえるこの作品が、内容にもかかわらず無機的な印象を受けます。
 この点がいいものなのか悪いものなのかは評価する人によりけりといったところでしょう。

 話の落ち着きどころといい、嘘がつけないと突然に告白しだして一瞬で破綻していく展開など全体に不思議なムードの作品でした。
 私にはよく分からない映画でした。R指定がされていますが、恐らくナタリーポートマンがストリッパー役を演じていることが主な原因かと思いますが、全くエロチックさの感じられない出来で指定の必要な全くないのではと思います、まさか男女のただれた関係を描いていることが原因ということはないですよね。
 
コメント   トラックバック (4)

再会

2005年05月29日 | 走る&徒然日記
 コースに走りに行くと、着替えをするコインシャワーの前でどこかで会ったような気がする方を見かけた。
 何しろコースには多くの走友会の人が走っているので、すれ違っている人かと思いそのままシャワールームに入り着替えをしていたら、はたと思い出した。

 お恥ずかしい限りだがロッテルダムマラソンで一緒だった方である。まだ1月半だというのに。
 コインシャワーのドアを開けるとまだいらっしゃったので、挨拶をした。ロッテルダムでシャワーがあるので便利ですよと、このコースの話をしたので走りにきてみたとのこと。
 私は走り始めるところだったので、とりあえず挨拶だけ。

 ロッテルダムマラソン関連記事はこちらです。

 いつもどおりハートレイトモニターをつけてLSD、今日は2時間。結果的には26キロ程度だった。最後の一周だけ、ペースを上げて1キロを3分40、動きの確認をした。


 アジサイが咲き始めました。


コメント

お犬様? 名古屋まつり

2005年05月29日 | 走る&徒然日記
 ところで三英傑の家康隊の行列の中には「お犬様」がかごに乗っていました。
 お犬様というと綱吉かなと思ってしまうのですが、家康にも犬にまつわるエピソードがあるのでしょうか?
 かごの中には犬の人形が置いてあるようでした。


 写真は名古屋市市役所です。
 建物のあちこちに白いものが見えますが、名古屋市の市のマークのついた旗です。名古屋まつりということで飾っているものでしょう。
 また、建物の時計ですが現在修理中だそうです。
コメント

今週の白鳥

2005年05月29日 | 走る&徒然日記
 今日も暑い日でした。白鳥は依然卵を温めています。白鳥の卵はどのくらいの期間で孵化するものなのでしょうか?また、1度に何個くらいの卵を産むものなのでしょうか?
 先日いなくなっていたと書いたもう一羽の白鳥もいました。前回はえさか何かをとりに行っていたものと思われます。

 白鳥の右、水の中の影は亀です。お堀の中を何匹かの亀が泳ぐのが見えました。こうしてみているとのどかな風景なんですが。


 残念ながら画像の解像度が低くてほとんど分かりませんが、別の池で甲羅干しをする亀と鴨です。池の中にある木の橋のようなものがありますが、その右端に亀、真ん中辺りに鴨です。
 亀はどうやってあそこに上がるのでしょう。
コメント

三英傑 名古屋まつり 家康隊

2005年05月29日 | 走る&徒然日記
 家康隊では、千姫(孫ということになりますね)が行列には参加。奥さんの知名度がないので。
 山車には家康だけでなく譜代の大名も乗っています。この辺りになるとよく知らない(苗字は井伊だとか聞いたことある)
 大久保彦左衛門は周りの囲われていないかごに乗っていましたが、写真を撮れませんでした。携帯で撮影していたので、メモリが一杯になり、保存画像のいくらかを消している間に通過してしまいました。






 後方に千姫の山車


 千姫


 家康と譜代大名



 このブログの名古屋まつり関連の記事
花バスが行く
名古屋まつりパレード
信長隊
秀吉隊
家康隊

 唐突に話が変わりますが、今日の練習は名古屋まつりを見た後に名城公園に回り、何か疲れていたので、結局10キロ。前半5キロはほぼキロ4分ペース。後は適当。 
コメント

三英傑 名古屋まつり 秀吉隊

2005年05月29日 | 走る&徒然日記
 秀吉隊です。伊達政宗なども従っていますが、信長隊のときとは違い毛利も伊達も歩きです。
 また、ねねの知名度が高いこともあってねねの前後に女性の隊がついていました。秀吉は信長と違い、山車の上でした。




 秀吉


 伊達政宗など、大大名も歩き


 後ろの山車がねねの乗る山車






 このブログの名古屋まつり関連の記事
花バスが行く
名古屋まつりパレード
信長隊
秀吉隊
家康隊
コメント (1)

三英傑 名古屋まつり 信長隊

2005年05月29日 | 走る&徒然日記
 メインの三英傑です。
 ちなみに三英傑とは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康のことで、郷土の生んだ英雄ということになります。
 ところで面白かったのは、織田信長の行列の中には、羽柴秀吉、徳川家康の2名がいたことです。もちろん、豊臣秀吉、徳川家康はそれぞれの隊を組んでいますから、この2名だけは2人いるということになります。
 
 行列は信長隊、秀吉隊、家康隊という順で進んできます。








 信長






 濃姫


 この辺りが信長隊最後尾、信長だけあってマントを着た洋風というか何語言うかという格好もあり。

 このブログの名古屋まつり関連の記事
花バスが行く
名古屋まつりパレード
信長隊
秀吉隊
家康隊
コメント

名古屋まつりパレード その1

2005年05月28日 | 走る&徒然日記
 名古屋まつりのパレードを待ち、伏見の交差点近くで待機。花バスに続いて続々といろいろな団体が行進していきます。それにしても蒸し暑い日でした。

 パレードの先頭に、何故か有松絞りメイツ。
 続いて名古屋消防音楽隊、バトントワラーに続いてブラスバンドです。ところでこの人たちは普段は消防士さんなんでしょうか?その後山車につづいて、三英傑です。
 
 名古屋まつりを撮影するつもりで見に行っているのにこの辺りでデジカメのバッテリーが切れてしまい、消防音楽隊以後は携帯の写真。130万画素でも意外といけました。
 比較的天気がよく、明るい屋外という条件のよさはあります。これは機種によると思いますが、少々保存に時間が掛かるのが気にはなりました。撮影に使った携帯はこちらNOKIA703です。


 先頭。名古屋まつりのペナントを持って行進。


 有松絞りメイツ。


 名古屋消防音楽隊1


 名古屋消防音楽隊2


 名古屋消防音楽隊3


 名古屋消防音楽隊4

 続いて山車(といっても車ですが)がつづきます。

 このブログの名古屋まつり関連の記事
花バスが行く
名古屋まつりパレード
信長隊
秀吉隊
家康隊
コメント

花バスが行く 名古屋まつり

2005年05月28日 | 走る&徒然日記
 今年で最後になる花バスが行きます。先導していたパトカーから今回で花バスが最後になる旨がアナウンスされていました。
 名古屋まつりのパレードの先頭を切って進んでいきます。花バスは2台でした。

 以下花バスの写真をご覧ください。




















 このブログの名古屋まつり関連の記事
花バスが行く
名古屋まつりパレード
信長隊
秀吉隊
家康隊
コメント (9)   トラックバック (2)

ありました

2005年05月28日 | 走る&徒然日記

スポーツ店へ行ってみました。ミズノには足の甲に当たる部分のべロのないモデルがありました。
軽量化と通気性のためと思われます。
後は実際に走ってみてフィーリングを確認する事ですね、本番でいきなり使う事はないですが。
コメント (2)

おかしい。ミズノオーダーシューズ

2005年05月28日 | グッズこんな物使ってます、買いました
 長野マラソンでオーダーしたミズノのレースシューズが届いたことは先日ブログに書いた。
 その際、「甲に当たるベロがない!?」と書いたがその時も何か違和感を感じていたが、今日長野から帰ってきてソックスを履いて初めて靴に足を入れてみた。
 上の写真をご覧いただくと、隙間から青いソックスが見えると思います。

 実際にはいてみるとマジックテープ部分に挟まれるというか、角に皮膚が触れる為、何となく違和感がある。
 最初に靴を見たときには隙間を多くして足を冷やそうという意図なのかなと思ったのだが、甲の上に来るベロがないので、甲に当たる部分が硬い。
 実際にレースでこの靴で走ったら、すれて甲が血だらけになりそうな気がする。
 よくよく考えると、甲に当たる部分は大抵の靴でスポンジが入っているなどクッション性を持った素材を使っている。
 またレースシューズの場合は靴紐を足首に近い部分まで結ぶことが普通で、このマジックテープの状態だと、かなり足首から遠いところで固定されることになる。

 まさか付け忘れているのでは・・・、考えずらいケアレスミスなのでちょっと考えずらいと思っていたのだけれど、足を入れてみてより疑惑が湧いてきた。

 実際のところ、同なのだろうか。どう思いますか?

 ともかく月曜にでもミズノに電話してみよう。
コメント (3)

「交渉人」五十嵐貴久/著

2005年05月28日 | 
 長野への出張の電車で読んだ。交渉人、著者は五十嵐貴久、このブログでもFAKEという作品を取り上げております。
 たまたま先日本屋へ行ったところ、この本があり、映画「交渉人 真下正義」のヒットもあり当て込んでの作品かなと思いつつ買いました。
 読み終わって、本の奥付をみると発行は2003年でした。

 話としてはコンビニ強盗が病院に立てこもり、そこにアメリカ仕込の警察の交渉人が来て交渉を進めるが・・・、という話です。

 話としては小説ながらの予定調和という面もありますが、まずは楽しめる作品かなとも思います。
 それにしても読んでいくうちにどんどん知っている展開になり・・・、しばしば読んだことを忘れて買ってしまい、思ったとおりの展開で話が進むなあと思いつつ、最後のところで昔(というか単行本で読んで文庫で読んでということが結構あります)読んだことに気付くというパターン家と思いつつも、今回は読んでいないという確信だけはあって不思議に思いつつ、このブログを書いている途中、リンクを貼るURLを探していたら、オリジナル・ドラマ・プロジェクト=「ドラマW」を見つけた。
 ドラマを見ていました。
 文庫も多分遠からず出ると思いますので、文庫が出たらいかがでしょうか?


 またしてもFree@D安定していません。繋がったり切れたりが、めまぐるしく変わり画像のアップ、投稿などでサーバーが見るからないがいろいろなプロセスででてしまう。
 PHS事業を止めるということで新規投資はないのだろうとは思うが、何でこんなに安定しなくなるのだろう。それと最近気付いたが「シグマリオン3」はいろいろ設定が制限がかけてあって、ネットにつなげられるのはFree@Dだけではないか。
 おいおい。
コメント (2)   トラックバック (2)