スチャラカランナーの日々

運動部経験なし、40代マラソンランナーの趣味日記。ランニングも趣味のひとつですから。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガイドブック買いました。 ロッテルダムマラソン準備1

2005年03月31日 | 走る&徒然日記
 今日オランダのガイドブック買って来ました。「地球の歩き方 オランダ ベルギー ルクセンブルグ」です。
 いつもは違うシリーズの本を買っていたのですが、ロッテルダムの情報のページが手に取った中では一番多かったので。何しろそもそもガイドブックそのものが3国(ルクセンブルグ3国)一緒の上、中身の大半がアムステルダムにページを割いてあるので、ロッテルダムについてはどれもあまり載っていない。

 オランダは全人口が1600万人で最大の都市であるアムステルダムでも70万人程度の人口とのこと。してみるとロッテルダムマラソンは日本なら中都市でのマラソンということになる。つくばマラソンとかそのくらいか?
 オランダといってもチューリップと風車くらいしかイメージありません。

 高速コースということで春のマラソンではステイタスの高かったロッテルダムマラソンですが、近年はコースの見直しなどで高速化が他のマラソンでも進む中でその規模(約1万5千人くらいのようです)から、ロンドン(約3万人)パリ(約3万5千人)へトップランナーの参加が移っているようです。(多分アピアランスマネーの問題ではないでしょうか)また、同じオランダのアムステルダムマラソン(秋開催)も台頭しているようです。
 今年はロンドン、ボストン、びわ湖毎日がケニアの世界選手権の選考大会になっているということもあり余計にそのメンバーは格落ちになる気がします。
 実際ロンドンマラソンのメンバーはリアル世界一決定戦という感じで、世界選手権で勝つよりもロンドンで勝つ方が価値があるような気がするほどです。

 ロッテルダムマラソンのオフィシャルサイトを見ても所謂招待選手は載っていないし、コースもないようです。
 コースはどうも街中を8の字に2周するコースのようです。デジカメを持って走るつもりですが、これは非常に都合がいいです。元気な1周目は撮影しながら走り、ぼろぼろになった後半の1周は走りに専念できます。

 ガイドブックを見ていたら、ハーレムという町がオランダにあったけれどもニューヨークのハーレムはここから来ているそうです。そういえば、ギャングオブニューヨークでもディカプリオはアムステルダムという名前だった。

 ところで、ロッテルダムマラソンテレビ東京で放送されるようです。(放送未定とホームページにありました)

<今日の練習>
帰宅ラン5キロ。 
コメント (2)

映画「ナショナル・トレジャー」監督 /ジョン・タートルトーブ.

2005年03月30日 | 映画
 例によって「ナショナル・トレジャー」監督/ジョン・タートルトーブ」をレイトショーで観た。
 何故か大作感のなさそうな印象だったんですが、その通りアクション小作でした。出だしは北極、思ったより大掛かりな作品と思わせましたが、絵としては余り映えず、今時のアクション映画としてはニコラスケイジがキャスティングされている割に地味なものでした。
 展開はいくつかのアメリカの歴史ある建物の周辺を中心に進み、正直なところ手に汗握を握る場面もなく、悪役が小物というか極悪でなくて、ほとんど死者も出ないハッピーエンドで後味は悪くありません。これは良くも悪くもという所でまあ映像的にも、演出的にも平板なつくりなってしまっているといえるでしょう。
 果たしていまどきのハリウッド映画でこれほど、リアルなアクションも豪華なCGもない地道な映画ができることがある意味驚きです。

 それにしてもこのオフィシャルサイトは見難いな、私のような遅い環境だと。

コメント

人気の大会ベスト10 ランナーズにて

2005年03月30日 | 走る&徒然日記
 ランナーズ5月号で全国ランニング大会100撰が発表になっている。
 こうしてみると当たり前といえば当たり前だが、参加の多い大会が徐々に上に来ている。顕著なのは萩往還ウルトラマラソンを筆頭にウルトラマラソンが健闘しているということである。コアなファンを層を確実に捕まえているということなのかもしれません。ウルトラはまだ走ったことがないので分かりませんが、それだけ完走の感動も大きいのでしょう。
 意外なのが、かすみがうらマラソンの健闘で、印象的にはつくばマラソンの方にむしろメジャー感を感じていたので、毎年かすみがうらマラソンはベスト10に入っているには少々驚く。実は私の初フルマラソンもかすみがうらマラソンで、これまで3回走っています。
 京都シティハーフや北海道マラソンなどの大都会開催型のマラソンは思ったより上位に来ていない。長野マラソンよりもむしろ上に来ていそうなものなのに。長野の場合はNHKの生放送があることも大きく影響していると思われる。
 それにしても京都や北海道、青梅はエントリーが参加枠に早々に達して、間に合わなくなることもある大会なのだが。

2004年結果
総合1位  東京・荒川市民マラソン (東京・3月・フル他)
総合2位  長野マラソン (長野・4月・フル他)
総合3位  宮古島100kmウルトラ遠足 (沖縄・1月・100km他)
総合4位  青島太平洋マラソン (宮崎・12月・フル他)
総合5位  しまなみ海道100kmウルトラ遠足 (広島・6月・100km)
総合6位  かすみがうらマラソン (茨城・4月・フル他)
総合7位  山口100萩往還マラニック (山口・5月・250km他)
総合8位  NAHAマラソン (沖縄・12月・フル)
総合9位  手賀沼エコマラソン (千葉・10月・ハーフ)
総合10位  青梅マラソン (東京・2月・30km他)

2003年結果
総合1位 東京・荒川市民マラソン (東京・3月・フル他)
総合2位 福知山マラソン (京都・11月・フル他)
総合3位 長野マラソン (長野・4月・フル)
総合4位 宮島クロスカントリー全国大会 (広島・11月・10km他)
総合5位 青島太平洋マラソン (宮崎・12月・フル他)
総合6位 山口100萩往還マラニック (山口・5月・250km他)
総合7位 かすみがうらマラソン (茨城・4月・フル他)
総合8位 しまなみ海道100kmウルトラ遠足 (広島~愛媛・6月・100km)
総合9位 サロマ湖100kmウルトラマラソン (北海道・6月・100km他)
総合10位 いぶすき菜の花マラソン (鹿児島・1月・フル他)

2002年結果
総合1位 山口100萩往還マラニック (5月・山口・250km他)
総合2位 青島太平洋マラソン (12月・宮崎・フル他)
総合3位 宮島クロスカントリー・全国大会 (12月・広島・10km他)
総合4位 長野オリンピック記念・長野マラソン (4月・長野・フル)
総合5位 福知山マラソン (11月・京都・フル他)
総合6位 東京・荒川市民マラソン (3月・東京・フル他)
総合7位 いぶすき菜の花マラソン (1月・鹿児島・フル他)
総合8位 仏の里くにさき・とみくじマラソン (11月・大分・30km他)
総合9位 かすみがうらマラソン (4月・茨城・フル他)
総合10位 いびがわマラソン (11月・岐阜・フル他)

2001年結果
1 山口100萩往還マラニック 5月・山口・250km他
2 福知山マラソン 11月・京都・フル他
3 青島太平洋マラソン 12月・宮崎・フル他
4 宮島クロスカントリー全国大会 11月・広島・10km他
5 東京・荒川市民マラソン 3月・東京・フル他
6 仏の里くにさきとみくじマラソン 11月・大分・30km他
7 四万十川ウルトラマラソン 10月・高知・100km他
8 かすみがうらマラソン 4月・茨城・フル他
9 いぶすき菜の花マラソン 1月・鹿児島・フル他
10 小笠・掛川マラソン 4月・静岡・フル他


<今日練習>
帰宅ラン5キロ。凄くゆっくり。
コメント

証明写真風 公園の猫

2005年03月30日 | 公園の猫
 こちらはこの転がっている猫を正面から撮影したものです。こうして見ると結構賢そうです。

 
 写真を撮っていたら近づいてきたので、少々ぼけ気味になってしまいました。


他の公園の猫の写真はこちらでご覧ください。

 どアップ
 ネコ オブ ジョイトイ
 ころがる (動画)
コメント (1)

「賢く走るフルマラソン」田中宏暁/著 読みました。

2005年03月29日 | 
 賢く走るフルマラソンを読みました。もともと要領よく少ない練習量でタイムを伸ばすという考え方で走っている私なので、この本のタイトルはそれだけでグッと来るものでした。
 基本的な考え方はほとんど共感できるものでした。私もLSDを週2,3回を3ヶ月程度で3時間ちょいまでは行きましたし、LSDだけでかなりのレベルまでいけるということは考え方の基盤にありました。
 年齢的にも追い込んで走るような練習では故障と綱渡りになり、リスクが大きすぎるし、またそもそも楽しみで走っているのに苦しいのはちょっとという気持ちがありました。
 
 こうして同じような考え方が、科学的な形で検証されたり、理論付けされているとちょっと安心します。
 調整という面では、あまり自分なりのノウハウがなかったので、ロッテルダムにはこの調整法を参考に調整をしてみたいと思っています。

 ステップの練習はあまり走らないことが多い私ですので、取り入れてみたいと思います。雨の時もやはり走りませんし。私は大腿部後ろ側の筋肉を使う走り方が正しいと考えているので、その点でもスクワットよりもこのステップを使った練習は効果的に大腿部後ろを鍛えることができると思います。
 一つだけ違和感がるのがフォアフットで着地すると部分で、これは単に表現と求める結果の認識の問題なのかもしれないが、私は所謂フラット着地が正しいと思っているのでこの点では多少認識の違いがあるような印象を持ちました。いずれにしても踵で着地と考えていないという点では同じですが。

 ところでこの本の中の1万メートル、ハーフマラソンから導き出したマラソンのタイムを見ると、1万のタイムの割にはマラソンは速く、ハーフのタイム割には遅いということになります。

 ただ理論的には納得するものの、体重を落とせばという面ではこれ以上落とすのは勘弁という感じです。ただでさえ痩せていて貧相なので。

 この本は、初心者のマラソンを目指す方や若くないタイムを狙って走っている方には絶対のお勧めができる本です。
 この本とコアライントレーニングの本はほんとに役立つと思います。


<今日の練習>
休養。

 心拍計(ハートレイトモニター)とLSD

 DVD「コア・ライントレーニング」をやっと見た。
コメント (15)

練習まとめ 3/21~27

2005年03月29日 | 走る&徒然日記
 gooブログまた不安定になっていませんか?保存された記事が記事一覧で出なかったりします。

練習まとめ

 21日 中日豊橋マラソン翌日 公園にてLSD1時間半 10キロくらい
 22日 
 23日 
 24日 
 25日 
 26日 名城公園ビルドアップ 20キロ
 27日 名城公園 インターバル走など 15キロ
 今週の合計
    45㌔

 ロッテルダムマラソンに備え疲れをあまりためないように。
 名城公園の土のコースをインターバル走のときアディゼロRCで走った。足型は最高に合うのにどうにもアスファルトではアウトソールが気にいらない、残念です。
コメント

長野マラソン招待選手発表

2005年03月28日 | 走る&徒然日記
 長野オリンピック記念 長野マラソンの招待選手などが発表になった。

 私のようなミーハーランナーは残念ながら男子の招待選手は正直よく知りません。
 ただ、女子マラソンにはシモン選手が参加します。ロバ選手は今回参加しないようですが、ツル選手が参加します。
 陸連登録の方はアップの運動競技上でシモン選手と走りましょう。

 ホームページにはかなり詳細なコースの攻略が乗っています。多少ネガティブな部分なども正直な形で紹介していて、好感が持てます。

 ところで今回は3時間のペースセッター(長野マラソンではペースメーカーといわず、ペースセッターと表現しています)今回はカトリンドーレ選手と早田俊幸選手の2名を用意。
 チェルピンスキー、ワキウリといまいち成果を出せなかった反省なのかもしれません。
 長野マラソンはミズノが後援しているので、ミズノランニングクラブからも4時間と4時間半のペースランナーが出るようです。ちなみに以前紹介の通り、長野で現在使用のオーダーシューズは注文しました。
 個人協賛案内のページ

 そういえば、今日知人からホテルが取れないというメールが来ました。実は長野マラソンの宿泊案内の分で随分とホテルを押さえているようで(多少高くなっています)今日現在は分からないけれども、先日私が宿泊予約をした時は通常の予約ができないところも長野マラソンの案内ということでは予約が取れる状態でした。もちろん数千円ですが高くなっていました。
 今年は随分予約の様子が早いなと思っていたけれど、要するに長野マラソン枠であらかじめホテルが押さえられて空き部屋がなくなっているということなのでしょう。
 グッズもネット販売を行っていますし、地元への経済効果を最大限にということでしょう。
 公道を占拠してしまうので、ある程度はしょうがないかなという気もするのですが・・・。

 沿道の応援も途切れませんし、熱心な応援をもらえる大会です。先日のランナーズの人気の大会の2位にもなりました。地元の方には心から応援をしていただきたいという気持ちもありますので、それなりに地元に貢献ができるような面もないと、という気持ちもあるので微妙な感じです。

 昨年からの新コースもかなり平坦なコースになって、応援の後押しとともにとても走りやすい大会です。楽しんで走りましょう。ベストタイムも狙える大会になってきています。

 私は1週前にロッテルダムマラソンを走るので、この大会はデジカメを持って楽しんで走ります。

 しかし、ネットではオリジナルグッズの販売があったり、なかなかやりますね。変な形で長野県の予算が投入されるより気持ちよく、地元に貢献できるのもいいとおもいますね。

<今日の練習>
今日は朝から終日雨。休養。
コメント (3)

ネコ オブ ジョイトイ

2005年03月28日 | 公園の猫
多少片脚は甘いかもしれませんが、M字に近いと思うのですが。

 

 

 
 やっている猫はこのネコです。

 
 私の脚に体を摺り寄せてきました。
コメント

どアップ

2005年03月28日 | 公園の猫
 さらにアップの写真です。癒されてください。それにしてもこれが野良猫とは。
 デジカメの接写モードでないと撮れなくらい近づいても平気です。
 この猫、ハムをあげると手からは食べますが、取り損ねて地面に落ちたりすると食べたがりません。この日は天気がよかったので、ピクニックの人たちから食べ物をもらい多分満腹です。

 
 この状態から近づいていきます。

 
 接写の画面からはみ出し始めました。

 
 ほとんどカメラがくっついた状態です。
 
コメント (11)

猫、ネコ、ねこ 公園紹介3

2005年03月28日 | 公園の猫
 26日は天候が不順で、曇ったり、小雨が降ったり、日が出たりという日でした。27日は猫たちの様子です。
 人になれきっていて、デジカメの接写モードでないと取れないくらい近くからも取れます。度アップは別に載せます。


 まずは1匹目です。26日デジカメを持って走っていたら、コース脇にいたので撮影していたら、突然お腹を向けて転がって、脚にまとわりついてきた。
 コース内側の広場に猫が集まって日向ぼっこをしていた。
 芸を見せてくれたので走り終わった後、公園の近くにコンビニを探したが見当たらず、ケンタッキーフライドチキンがあったので、フィレサンドとえびかつバーガーを購入、フィレとえびかつは猫が、私はパンとレタスを食べました。

 

 

 
 転がっている一瞬

 この猫が最古参の猫という話でした。片目を傷めているようです。
 

 ここからは27日

 
 体をする寄せてくる猫、26日とは別の猫です。

 



 

 

 
コメント

ころがる  (動画)

2005年03月27日 | 公園の猫
 公園には紹介したように猫がたくさんいます。人から食べ物をもらって丸々と太っている猫がたくさんでほとんど痩せている猫はいません。
 あまりにも丸々としているので、結構飼い猫が遊びに来ているものかと思っていたんですが、ボランティアの人たちがいてえさを定期的にあげているようです。
 これから春に掛けて桜が咲くと、花見客。気候が良くなれば芝生の広場などもありますので、多くの人が来ます。今日3月27日もとても気候に恵まれた日でしたので、いつになく大勢の人出がありました。これから花見になったら走れないくらいになりそうです。これは皇居も同じですね。

 さてとにかく人になついている猫たちなので平気でお腹を見せたりします。この猫はこのあと、私がしゃがんで猫を撫でていると私の体に上ってきて、脚の上で寝ていました。
 
 それにしても画像関連のデータ容量が3GBあるといろんなことができます。こんな動画を載せても上限は240KBですから、どの道一生使い切れません。

 

<今日の練習>
昨日の20キロ走で疲れた状態でスピードをつけるということで、インターバル。
ジョグでアップ4キロ
インターバル 1キロを5本3分30秒 つなぎを330メートル
ダウンで5キロ
        合計約15キロ
コメント (4)

コインシャワー 名城公園コース紹介

2005年03月27日 | 走る&徒然日記
 ありがたいことに、コインシャワーとコインロッカー(荷物を出すときにお金が返ってきます)があります。
 クロカンコースの方はあまりにも人がいないので、適当に水道の水でタオルをぬらしてほとんど裸で体を拭きます。もちろんロッカーもないので、やはり余り人がいないので、適当に園内に点在してる休憩所に荷物を置いています。初めはデイバッグに荷物を入れて背負って走っていましたが、小銭しか持って行かないようにして荷物は休憩所に置くスタイルになりました。

 一回50円でシャワーをありることができます。お金を入れるとコインシャワーの鍵が出てきて、シャワールームに入り、鍵を入れるとシャワーが7分間出る仕組みです。

 

 
 扉はこんな感じでつっかい棒をしています。鍵で扉は開けられますが、シャワールームが蒸れるので。換気の能力があまり高くないです。

 
コメント

花 ランニングコース名城公園

2005年03月27日 | 走る&徒然日記
 公園には植物がたくさん。花が咲いています。3月26日と27日の様子。26日はパンフォーカスデジカメのカシオの「EXLIM EX-S20」で27日はキヤノン「IXY DIGITAL L」で撮影。IXYのほうがかなりレンズが明るいです。オートフォーカスですが一応ピントもあわせていますので、多少見栄えがする気がします。

 

 

 

 




 以下が27日の花の様子。27日はとても暖かい日でした。

 

 

 
コメント

名城公園紹介1

2005年03月27日 | 走る&徒然日記
 前回練習コースということで皇居についで、名城公園内の周回コースを紹介した。 練習コース紹介 名城公園周回コース  3月17日のブログです。

 前回の紹介は距離表示の辺りの写真ばかりで、見た目にもあまり面白くなかったので今回はコースだけでなく周辺も紹介します。ロッテルダム、長野の練習を兼ねてデジカメを持って走りました。(3月26日)
 赤が周回コース約1.33キロ。ピンクが名古屋国際女子マラソンのコースになる道路です。

 公園の横を南北に走る道路、ここから名古屋国際女子の上り坂が始まります。
 

 公園の正面入り口
 

 公園広場上に名古屋城が見えます
 

 昨日気づきましたが、風車(止まっています)がありました。4月にはロッテルダムで本場の風車を見れるか?
 

 コース脇の池の上の名古屋城 左半分の色味がおかしくなっています。
 

 同じくコース脇の池
 

 この公園には野良猫がたくさんいます。しかも丸々と太っています。人からえさをいつももらっているので全く人を怖がりませんどころか、なついてよってきます。(あとのブログで掲載)
 

 鳥もたくさんいます。鳩だけではなく、池がありますので渡り鳥も来ますし、もちろんカラスはたくさんいます。
 

 走友会の人々、いろんな団体がきています。 
 

 コーススナップ
 

 

 
 コース内側の野球場

 
 スタート地点の時計、このしたあたりの縁石に水を置いています。

 
 スタート地点のところにはレンタサイクルが。

 

 

 
コメント

映画「ローレライ」監督/樋口真嗣

2005年03月26日 | 映画
 映画「ローレライ」監督/樋口真嗣を観て来た。「ローレライ」のサイトはこちら

 久しぶりに映画です。樋口監督は何か聞いたことのある名前だと思ったら、ガメラでの特技監督でした。
 原作は福井晴敏さん。原作ではこの潜水艦の奪還からスタートするようですが、映画では潜水艦で出発するところからになっています。

 潜水艦の映画ははずれがないという説があって、この作品もまあまあの面白さの作品ではあるかと思います。
 潜水艦を舞台にする場合、敵との戦いだけでなく水圧空受けるプレッシャーなど困難というか緊張感を生み出す要素が多いのでいろいろな形で切迫感を出すことができためでしょう。
 また、敵の姿が見えないことでサスペンスを演出することもできますし、静かな中に響くソナー音も緊張感を高めます。
 残念ながらこの作品ではそういった意味での切迫感は余りありません。
 一発一発が緊張感を生み出した、映画Uボートなどと比べると恐ろしい数の爆弾が投下されますが、直撃しないながらも水圧や衝撃などでの例えば、浸水などは今思い出してみると一度もありません。(バルブを片手で閉めて浸水を止めるシーンはありました、そういえば)
 その点では、死に対する切迫感があまりない演出、脚本にはなっています。戦争映画なのに。
 実際戦闘ではなく、乗っ取りというか(ネタばれっぽくなるのでこれで)そういった部分の方がまだ、緊迫したシーンにはなっています。
 意外とブログを書いていたら作品の評価が落ちてきました。
 何と言うか手に汗を握らないというか、作品の緊張感が軽いというか、気楽に面白いといえば走なのですが、疲れているときには気楽に観れていい作品でしたといっておきましょう。
 原作を読んでいないので何とも言えませんが、映画のローレライというシステムというか兵器は、兵器として機能していないような気がするのですが、人が死ぬと機能が停止しかねない兵器って・・・。

 原作の福井さんはガンダム作家といわれているそうですし、監督の樋口さんはガメラの特技監督、何か人間の描きが浅いというか軽いというか象徴的な感じがします。
 ガメラの特技演出はすばらしかったと思いますが、映画全体(怪獣映画とは違う一般作での?)の演出とはやはり違うということでしょうか。
 CGはさすがのうまさですが、作品全体がCGっぽいとでもいう作品です。
 でも気楽に観る煮は疲れなくていい映画だと思います。最近結構疲れているので、ビデオもアクション物とかあまり考えずに見れるものばかり見ています。

 ところでローレライ役?の香椎由宇さんですが、この作品での神秘性を保つために映画公開までいろいろなメディアでの露出を控えるという契約だったと聞きます。大変ですね。
コメント