スチャラカランナーの日々

運動部経験なし、40代マラソンランナーの趣味日記。ランニングも趣味のひとつですから。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京マラソン2007コース歩いてみました。(半分)

2006年05月07日 | 東京マラソン
 東京に用事があり来たので、東京マラソン2007のコースを歩いてみました。雨が降っている上、風が強く途中買ったビニール傘の骨も折れ、横からの雨でかなり塗れたので、とりあえず品川を折り返し、有楽町あたりまで。
 (新宿-市谷-飯田橋-水道橋-神保町-日比谷-内幸町-田町-品川-田町-内幸町-日比谷)半分くらいでしょう。

 それにしても当日の風向きによってはことによると、世界最高の高速コースなのではと言える位上りがない。スタート地点が都庁で、ゴールはビックサイトらしいので、世界新の認定のコースの規定は満たしていないかもしれません。(現在はスタート地点とゴール地点の直線距離、高度差などで規定があったと思います)マラソンではたいした問題だと思いませんが。

 都庁から新宿のガードをくぐり、市谷に向かうあたりでは軽い下り、市谷あたりで東京国際マラソンのコースに合流。飯田橋、水道橋、神保町と抜けます。ホームページの地図が大まかな表示なので少々違っているかもしれませんが、このあたりは少々国際マラソンのコースとは違っているようです。

 皇居のコース(普段の練習コースの逆走状態)で日比谷公園まで、ここから再び東京国際のコースに合流すると後は品川までは全く同様。

 品川駅前で折り返して日比谷公園まで行きと同じコース。

 少々違うのは、東京国際などで使用の時は左側通行になっていますが、今回は品川で折り返し、日比谷公園まで折り返したところで、右折して銀座方面へ行きますので、コース上で交差しないため右側通行になっています。

 それにしてもアップダウンといえるのは、ここまで(20キロ程度)新宿から市谷までにある部分の下りのみです。

 銀座から先も浅草や東京湾の埋め立て地域なので、橋くらいしか上りの箇所はなさそうな感じです。これまで走ったベルリンやロッテルダム以上に上りが今の所ありません。

 ところで一つ気になったのはスタート直後。都庁前からスタートするようですが、走り出してすぐに(多分200メートルから300メートル程度)右折があります。また、その後も500メートルから600メートルの東郷青児美術館で左折です。

 正確なスタート地点が分からないのでなんとも言えませんが、渋滞が発生しそうな気がします。

 コースの写真は画像が多いので後日。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「メルニボネの皇子」マイク... | トップ | パリの夜景 パリマラソン旅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東京マラソン」カテゴリの最新記事