カリフォルニアレコードの世界

デザイン事務所カリフォルニアレコード社長チャーハン・ラモーンによる細腕繁盛記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カリフォルニア長屋にノムさんが!!

2006年06月30日 | Weblog
カリフォルニア・レコードam (ポッドキャスティング)の録音で井田貴仁さんinカリフォルニア長屋。
ついでに飲み会ということでメロメロ桂さんも合流。
井田さんのネタは「ノムさんのノリノリミッドナイト!!」。
深夜ラジオの人気DJという設定。
以前、井田さんがジャングルの一人芝居でやっていた問題作の続編。
過激ではない下ネタがいい湯加減。
サクサクっと録音。
あとは3人でベロベロ。
サッカーの話やら、サイバラの話やら。

伝説のDJ、ノムさん登場!!!カリフォルニア・レコード amへはこちらから



コメント (2)

本多真理さんと。

2006年06月28日 | Weblog
昆虫PEG.という劇団の本多真理さんと。
カリフォルニア・レコードam (ポッドキャスティング)の打ち合わせ。
めずらしくよく動いてます、チャーハン・ラモーン。
ビール片手に、はっぴぃえんどの事やらコントの事やら。
本ちゃんもイロイロアイデアがあるみたい。
お楽しみに。
「脚本が書けてないんですよ~、みんなにおこられてるんです~」
でも、本ちゃんすごく生き生きしてた。
すばらしい!


そんな本ちゃんもそのうち登場!!
カリフォルニア・レコード amへはこちらから




コメント

第3回目の放送は「片岡百萬両の今日の一句」。ゲストは石原正一さん。

2006年06月27日 | Weblog
歯医者で親知らずを抜かれてフヒフヒなチャーハン・ラモーンです。
このフヒフヒな状態はいつなおるんだ?
スピーカーからはトッドラングレン。
さて、コーヒーでも入れて。
なんの話でしたっけ?
あ、トッドラングレン。
ミックスは1曲30分で終わっちゃうらしいです。
あのヘンテコなサウンドは録音時に決定してる。
頭の中でなってる音なわけですね。
コーヒーが出来ました。
やっぱりコーヒーは一杯目がいいです。
え?あ、そうそうカリフォルニア・レコードam
その話がまだでしたね。
第3回目の放送は「片岡百萬両の今日の一句」。
ゲストは石原正一ショーの石原正一さんです。
お楽しみください。

カリフォルニア・レコード amへはこちらから





コメント

朝、野球のユニフォームに身を包んだ桂正樹が目の前に。

2006年06月25日 | Weblog
 梅田のタワレコへ。タワレコのフリーペーパーbounceによると以前ブログで書いたコステロ&トゥーサンの「What Do You Want The Girl To Do?」は曲順の流れを考え収録されなかったのこと。謎がとけました。
 メロディアスメロン稽古終わりの飲み会 in 銭屋に合流。桂さんや井田さんとカリフォルニア・レコードam (ポッドキャスティング)の打ち合わせ。のちに古谷さんも合流、ベロベロ飲み会。そのまま桂邸へ。ベロベロ。朝、野球のユニフォームに身を包んだ桂正樹が目の前に。とりあえずひと笑い。“日曜日は朝から野球”というジャパニーズスタンダードな親父の生き方を覚えたのか。この人は楽しく年を取っている。いいな、うらやましいな。
 帰宅後、メール確認。ジャングル・インディペンデントシアターの相内さんから「締め切りしぎとるよ」メール。すみません、今から書きます。


カリフォルニア・レコード amへはこちらから

コメント

プロデューサールームへ古谷さんを訪ねて

2006年06月24日 | Weblog
 プロデューサールームへ古谷さんを訪ねて、久しぶりに森ノ宮 プラネットステーションへ。これからプラネットでやる事業の相談をされる。ある場所が余っており、それの有効活用が議題。なかなか魅力のある場所。ただ、資金はゼロ。考える。その後、僕が始めたポッドキャスティングの相談。いろいろ面白い事を教えてもらう。演劇界ではないけど、編集界では僕と同じ考え方の人がいるらしい。ポッドキャスティングはインディーズなフリーペーパーという発想。なるほど。結局、二人で相談会。この関係は高校生のころから続いている。僕には数少ないちゃんとした先輩だ(笑)
 古谷さんとの写真を撮り忘れたので、長屋で暴れてるチャーハン・ラモーン。

そんなこんなで相談したぜ!そんな俺様のフリーペーパーカリフォルニア・レコード amへはこちらから


コメント

グッときました。

2006年06月23日 | Weblog
 ごまのはえ×竹内佑×山口茜「77年企画」の 『マリコの悪縁教室』 を観劇。同い年の役者が集まって芝居を作るのは、演技力にもよるんだろうが年齢幅が作りにくいのが難点なんだろうな。そこでタイトルに“教室”って持ってきたから「なるほど、全員同学年の設定なんやね」などと勝手に考えていたら中身は全然ちがった(笑)おっと、これ以上は語れないぜ、まだロングラン中やからね、やばいやばい。山口さんの情念の原作を、ごまさんが男性の視点を入れつつソフィスケイトしたものを、竹内さんが丁寧に壊していった感じなのかな・・・あくまで予想ですが。観た人にしか分からないけど、所詮、僕もブヨブヨのデブでございます。グッときました。帰り道、iPodでムーライダーズ聴いて帰ったら、傷口に塩を塗り込んだような感情におそわれた。おそるべし相乗効果。それにしても、開演前にプロデューサーの金田さんと会えてよかった。小劇場の雰囲気に圧倒されてて、挙動不審になっちまってって・・・。金田さんと話せてなんか落ち着きました(笑)。金田さんを頼りにしている人多いんだろうなぁ。
 ・・・それにしても、「天然の美」ってあんな曲やった?(笑

武信貴行さん(映像作家)とメールのやり取り。
猫の近況報告とカリフォルニア・レコード amポッドキャスティングについて。ポッドキャスティングは映像も配信出来るので、なにか面白い事できないか相談。ラジオでパントマイム教室やラジオで映像教室などが上がる。確実にコントやん。それやし、映像ちゃうやん(笑)あとは細かい配信用映像のスッペックの確認。さて、どうなりますやら。

田所草子さんとメールのやり取り。
「猫の写真よこせ」「ト社の稽古遊びに来たらんかい、ボケ」など。ここぞとばかりにカリフォルニア・レコード amのDJのオファー。「わし、しゃべりへたやさかい、いやや」「それでは、ショートショートのドラマとかはいかがでしょうか?」「どないな?」「例えば、とあるBARでの男女の会話とか」「わし、それならやったてもええで」「ありがとうございます」・・・どなたか“とあるBARでの男女の会話”の脚本書いていただけないでしょうか?(笑)5分~10分がありがたいです。

 それにしても、ブラジル強いなぁ。そんな興味ないけど。

カリフォルニア・レコード amへはこちらから

コメント (3)

そんなこと愛しの年清さんの前では言えるわけもなく

2006年06月22日 | Weblog
カリフォルニア・レコード amの反応が面白い。
だって聞けてない人からも反応があるんだから(笑

・井田貴仁さん(psycho6)とメールのやり取り。
一度、ジャングル・インディペンデントシアターの一人芝居祭りの時に、井田さんが上演してた「ノムさんのノリノリミッドナイト」をカリフォルニア・レコードamで流したいとオファー。この作品は観劇していた年清由香さんに「とても不愉快だった」と言わした作品。ちなみに僕はアドバイザーとして参加してたが・・そんなこと愛しの年清さんの前では言えるわけもなく、「そんな作品あったんですか、最低ですね。」などと適当にやり過ごした事を思い出す。今週の土曜に打ち合わせ。

・片岡百萬両さん(ミジンコターボ)とメールのやり取り。
ポッドキャストについて書いた先日のブログに反応がかえってきたので、とりあえずなんかしてくれとオファー。彼自身がコントもしてるのでそれでもいいし、ヒャッ君のフリートークも聴きたい気がするなぁ。僕の認識ではヒャッ君は尼崎のヤンキーだから(笑)。ヒャッ君+αで一つの議題で5分ほどのトーク。赤鬼の行澤孝さんとかとグダグダしゃべってるヒャッ君はいいかもなぁ。どういう形になるかわかんないけど、ヒャッ君もノリノリなのでお楽しみに。

・本多真理さん(昆虫PEG.)とメールのやり取り。
変な縁で一度コント脚本を提供させてもらったことのある本ちゃんへオファー。他人とは思えない劇団昆虫PEG.。本ちゃんもノリノリのよなので(気を使われてるのか?(笑))、どんな作品になるのかな。僕と違ってベタを愛している女の子。最近の活動を見ているとPM飛ぶ教室やら劇団☆世界一団に出演・・・本ちゃん、完全にオッサンキラー(笑)。来週の28日に打ち合わせ。
    

 そうそう、行澤さんのフルネームわかんなかったから赤鬼のホームページいったら土照さんが「土照社長に聞け!」というブログをしてた。更新状況から見てやる気ないんだけど、面白かった。


カリフォルニア・レコード amへはこちらから


コメント (3)

盗み聴きできる媒体

2006年06月21日 | Weblog
 「第2回放送チャーハン・ラモーンのモーニングコーヒー」をポッドキャストカリフォルニア・レコード amで配信開始。「なんでそんなことするの?あんたデザイナーでしょ?」メール数通。もともとスネークマンショーやラジオヘブンが大好きな僕にとっては自然な流れなわけです。昔から興味はあったのだけど、“素人の声をスピーカーを通して聴く”という作業はとてつもなく恥ずかしい作業なわけで、あきらめていた訳です。ところが最近、iPodを始めとするポータブルMP3プレーヤーが普及しだした。パソコン→MP3プレーヤー。スピーカーから聴くのではなくて、ヘッドフォンで聴けるようになった。これが重要で、“ヘッドフォンで聴く”という作業は盗み聞きしている作業に近いと思うのです。“ヘッドフォン=個人=こっそり”な訳です。移動中に盗み聴きできる媒体・・・寺山修司なら飛びついていたことでしょう(笑)。  
 きっと関西演劇界の各劇団のホームページにもこの風はやってくると思います。おそらくは安直に宣伝媒体として。ただ、一劇団がポッドキャストで自身のホームページで自身の宣伝をしても、どれほどの効果があるのか?(もちろん、ラジオドラマなどの作品などを自身のホームページに載せるのは有効だと思います。)おそらくポッドキャストの有効な使い方としては、“一つのホームページをプラットホームにして、多くの劇団がポッドキャストで自身の劇団をアピールする。”ことだと思います。きっとそんなホームページが・・・って誰が作るのか(笑)一年ぐらい先には出来てるような気がする。
 それにしても、猫ってすごい表情するな。

カリフォルニア・レコード amへはこちらから



コメント (4)

ポッドキャスト始めました。

2006年06月17日 | Weblog
カリフォルニア・レコードamというブログを立ち上げました。ポッドキャスティング配信用です。第一回放送はカリフォルニア長屋スタジオからお送りする「チャーハン・ラモーンのモーニングコーヒー」。ゲストは劇創ト社の和田哲也さん。2003年にジャングル・インディペンデントシアターでおこなわれた一人芝居「ひんやり温泉」の音源を聞きつつ振り返ります。

カリフォルニア・レコードamへはこちらから
コメント

ほったらかしにしていたバトンシリーズ。

2006年06月10日 | Weblog
ほったらかしにしていたバトンシリーズ。
タケさんからの映画バトン~。


1. 所有してる映画の本数は何本ですか?

そんなないなぁ
・・・dvdで10本ぐらいです。

2. 最後に買ったDVDは何の作品ですか?

ビッグフィッシュかな。
某劇団さんでグルグル回っていて帰ってきません(笑

3. 最初に劇場で見た映画はなんですか?

親父がB級映画が大好きなので・・・
おそらくスーパーマンとかスターウォーズだったとおもいます。

4. 最後に劇場で見た映画はなんですか?

う~ん。
メゾン・ド・ヒミコかなぁ。
ロスト・イン・トランスレーションかなぁ。
両方とも細野晴臣関連ですね(笑

5. よく観る映画 または思い入れのある映画を5作品

パッと思いついたのを。
「あなただけ今晩は」・・・ジャック・レモンとシャーリーマクレーン。この時のシャーリー・マクレーンは奇麗だなぁ。
「ブルース・ブラザーズ」・・・ダン・アークロイドのファンなんです。一番好きなシーンはローハイド歌ってるとこだったりするんです。あ、トースト焼いてるシーンもいいな。
「ゴーストバスターズ」・・・ダン・アークロイドとビル・マーレー。ビルが歌えたらまた違ったブルース・ブラザーズになれたと思うんです。
「ドラグネット」・・・ダン・アークロイドとトム・ハンクス。ダンがトムさんに与えた影響はすごいと思うんです。
「小早川家の秋」・・・小津です。あまりにもコメディーばかりあげすぎたので(笑。パッと思いつくのはコメディーばっかりだなぁ。あと大災難とか面白かったよなぁ。

6. 心に残り続ける作品は?

「あなただけ今晩は」
ビリー・ワイルダー作品にしては脚本が甘かったり荒かったりするんだと思うんですが、そういうとこも含めて好きです。それは前に書いた「小早川家の秋」にも共通してると思うんですけど。完璧主義者が肩の力抜いた感じというのは完璧主義者にしか作れないんです。そういう作品が好きだったりします。

7. 愛する人と一緒に観たい映画は何ですか?

昔、恋人と一緒に部屋を暗くしてパゾリーニの「ソドムの市」を観ました。
いろいろ勉強になりました(笑

8. 震え上がったホラーは何ですか?

「バトルヒーター」
いろんな意味で。
・・・そんな観ないのよ、ホラー。
作ってみたいけど。
高校の先輩がマッド・ジョージさんだったりするし。

9. バトン回す人・・・

お好きな人、どうぞ。
コメント (2)