司法書士のオシゴト

会社にかかわる登記を中心に素朴なギモンにお答えします♪ 

改正会社法施行後の責任限定契約の登記 その2

2015年07月24日 | 商業登記

おはようございます♪

早速先日の続きデス。

管轄の法務局は、23区内の出張所。。。だったんですが、会社の数は多くなさそうなトコロでした。
ワタシ自身もここ数年はその出張所に申請したコトはございません。
(申請する法務局は、かなり偏ってマス ^_^; )

ま、でも、普通の発起設立ですしね。。。
な~んにも気にしていませんでした。

ところが、外出中に法務局から電話がかかってきた。。。という。
内容は、責任限定契約のコトらしい。。。

何だろ~。。。? 普通の設立だしな。。。。あ!あれか?
改正前の文言にしたから、「改正後の規定で登記しなくっていいんですか?」。。。みたいなハナシかな~^_^;
なんて思っていたのです。

でも、そんなカワイイ話ではありませんでした。。。(-_-;)

「会社法が改正されましたんで、旧法の規定による文言では登記できないコトになってるんですよね。」

はぁ!?

待って待って。。。。!
新法では責任限定契約を締結できる対象者の範囲が広がっただけで、会社がそれを狭くするのは勝手ですよね!?
大体、既存の会社だって、責任限定契約の変更は任意なんだし、新会社だから新法で登記しなくちゃいけない理由はないでしょ~っ!!!

「でもですね。。。社外取締役とか、社外監査役って、会社法改正で条文から削除されてますから、これからは新法で規定された文言でしか登記できないんですよ。」

はぁぁ~。。。(^_^;)。。。。それは知ってマスけどね。。。「削除」されたワケじゃないのよぉぉ~!!!!
???ど~も話が噛み合ってないような。。。(;O;)

。。。その後も、しばらく粘っていたら、「じゃあ、本局に相談してみますんで、また後でお電話します。」
となりまして、だったら、もうダイジョウブね♪。。。。って思っていたら、「やっぱり、改正法施行後に設立手続きを始めてますから、新法の文言じゃないと登記できないって言ってマス。」。。。という。。。(-_-;)

そんな馬鹿なっ!!!
そんなの変じゃないのっ!!
と思いましたケド、本局までがダメだと言うのなら、ダメなんでしょう。。。
そんな話、聞いたコトないケド。。。

で。。。どうやって補正するか。。。ってコトですけどね。。。
公証役場で定款の誤記証明(紙)ってモノを出してもらう必要があるらしい。。。

とにかく、会社にはその旨のお詫びと修正する定款の文言についてご連絡をし、公証役場にも電話をいたしました。
すると。。。
公証人のセンセイが「僕はモンダイないと思うんですケドねぇ。。。でも、他の公証人の案件でも同じように補正になっているモノがあるそうですから、法務局はダメなんでしょうかね??。。。誤記証明は出しますから、訂正する文言を連絡してくださいね。」と仰る。

ぇえ~っ!? そうなんだ。。。
同じようなコトになってるケースがあるってコトは、やっぱり、ダメなんだ。。。ガックリ。。。(-_-;)

。。。というワケで、致し方なく補正をするコトにしたのですケド、親会社(=発起人)の方は大騒ぎになってしまったようです。
担当役員に説明をしなきゃいけなくて、上の方のヒト達に了解を貰わないと訂正内容が決まらないから、チョット時間がかかります。。。というコトでした。

ワタシ自身、「法務局がダメだと言ってるので。。。」としか説明できなくて。。。

「あ゛~っ!!!モヤモヤするっ!!やっぱり納得できないっ!!!」 状態(~_~;)
法務局で「登記できません!」って言ってるだけなのであって、ワタシ自身が何故ダメなのか全く分からないのですから、キモチが悪いったらない。。。(;O;)

。。。で、どうしたか。。。は、次回へ続く~♪

 

 

追伸
同じような方がいらっしゃるかも知れませんので、結論を先にお知らせしますと、補正は必要ありません。
コレを書いてしまうと、次の記事はあまり意味が無くなってしまうんですが。。。^_^;
とにかく。。。補正しちゃダメですよ~~!

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 改正会社法施行後の責任限定... | トップ | 改正会社法施行後の責任限定... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お互い気をつけましょう (金子登志雄)
2015-07-25 13:46:23
 たいへんでしたね。しかし、新保さんの対応ミスでしょう。あわてずに、本局の人の名前を聞いて問い合わせるとか、私などにも情報収集して、理論武装してから再度対応すべきでした。
 まず、法務局の言うとおりでしたら、既存会社は定款変更が必要だったはずですが、していない会社が多数です。のみならず、改正法施行後にも「社外取締役、社外監査役」で定款を新規に定めた会社が多数あります。
    http://www.yonden.co.jp/corporate/ir/tekijikaiji/pdf/2015_05_20_01.pdf

 人事異動で商業登記に詳しくない方が調査官になったのか、最近、あちこちで、こういう話を聞きます。お互い、気をつけましょう。
Unknown (charaneko)
2015-07-27 11:17:36
金子先生、コメントありがとうございました。
今回の件は、本当にイロイロ反省しました。確かに、ちょっとパニくってしまっていたんだろうなぁ~と思います。

いつもお気遣いいただきありがとうございます。
今度は(あまり、こういうコトは頻繁に起こって欲しくありませんケド)、遠慮なく相談させていただきます。

話は全く変わりますが、先週の土曜日に仙台にお邪魔して、T先生にご挨拶させていただきました。
マジメで好感の持てる方ですね。
大変良くしていただきました。

コメントを投稿

商業登記」カテゴリの最新記事