司法書士のオシゴト

会社にかかわる登記を中心に素朴なギモンにお答えします♪ 

医療法人の理事の就任承諾書 その2

2019年10月21日 | 役員

おはようございます♪

早速前回の続きでございマス!!

え~。。。今回のハナシを聞いて、「あぁ~。。。なんだか合同会社みたいだわ。。。(~_~;)」と思いました。
合同会社も、業務執行社員でない社員は登記事項じゃありませんからね。。。ただ、実のトコロ、「平(?)社員」というのは、そんなにいないみたい。。。なので、実務上は登記されない社員はあんまりいないような気がしております。
もっとも、この前、すごいコトをやった会社がありまして。。。また改めてご紹介しますね。。。ふふっ (#^.^#)

で、医療法人です。

医療法人っていうのは、原則として「理事会を設置」することになりましたよね!?
なので、3名以上の理事と1名以上の監事がいらっしゃる(医療法人には、「社団」と「財団」がありますケド、今回は「医療法人社団」ということにしましょう♪)。

そして、理事長は1人だけですので(医療法第46条の6)。。。通常は、登記されない「理事」がいる。。。ってことになっております(◎_◎;)

さらに、医療法の改正によって、理事の任期は2年を超えられないとされましたんで(医療法第46条の5第9項)、株式会社の代表取締役と同じように、理事の任期満了によって理事長も退任し、改めて理事長を選び直さないといけない。。。というワケでございマス。

(社団である)医療法人の役員(今回は、理事と監事)は社員総会で選任することになっておりまして、選任された理事が理事会を開催して、理事の中から理事長を選定する。。。ということです。

 

さて!!
この場合(改選の場合ね(^^;))、理事長の改選の登記の添付書類はなんでしょう???

まぁ~ねぇ~。。。(~_~;)。。。改選の場合はわりと分かりやすい気がするんですケド、基本的には取締役会設置会社の代表取締役と同じ。。。と考えれば良いと思います。
すなわち!!
理事が選任(改選)された社員総会議事録、理事長が選定された理事会議事録が必要なんでございマス。

他の法人もそうなんですが、役員の全員が登記されるワケじゃなくって、一部だけが登記事項になっていることが多いんですよね。
これは、持分会社も同じなんだけど。。。

理事は登記事項じゃないのに、ど~して社員総会議事録が添付書類なんだよぉ~っ!!!"(-""-)"。。。と思いますよね?
だけどですよ?
そもそも、理事長の前提資格は「理事であること」ですからね。。。前提資格があることを証明しなさい!!。。。ということのようです。

そして次。
ここが今回も問題なんですけれどもね。。。(~_~;)

就任承諾をした書面がどうなるか???

なんですが、次回へ続く~♪

コメント   この記事についてブログを書く
« 医療法人の理事の就任承諾書... | トップ | 医療法人の理事の就任承諾書... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

役員」カテゴリの最新記事