司法書士のオシゴト

会社にかかわる登記を中心に素朴なギモンにお答えします♪ 

会社違い (>_<)

2020年02月07日 | 商業登記

おはようございます♪

今日は、つい先日のお恥ずかしいハナシ。。。(ノД`)・゜・。
こういうのって、ホント~は隠しておきたいコトではありますが、反省と懺悔の意味を込めましてご紹介したいと思います。

 

昨年の暮れに、ある会社さんから「取締役と監査役が今年いっぱいで辞任することになりましたので、お手続きをお願いします!」とのご連絡がございました。
機関設計は、「取締役会非設置で監査役は設置」でした。
ただ、監査役は一人だけでしたんでね。。。「監査役は廃止したいデス。」ということになり、年末にバタバタ書類を作りまして年明けに書類をご準備いただいて登記を申請いたしました。

ちなみに、この会社さん、ある大企業の完全子会社でして。。。株主は一人。
なので、株主総会は株主提案の書面決議(=みなし決議)としました。

最近は、この方法がとても良く使われるようになりましたよね~。。。
株主さんが提案し、ご自身で「うん分かった♪」と思えば「株主総会成立!!」なので、一瞬にして終わります(^^♪
しかも、親会社の代表取締役が子会社の代表取締役を兼務していらっしゃいますんで、子会社の役員さん(←業務執行機関)に対する意思表示も兼ねる。。。という具合デス。

で、押印作業もサクサクと進めていただきまして、年明けまもなく登記申請いたしました。

登記申請書は、基本的に以前使ったオンラインのファイルを再利用しているのですけれどもね。。。
ただ、この会社さん、前回管轄外から本店移転をしてきたんで、前回の登記申請ファイルの商号・本店部分は手入力でした。
なので、念のため冒頭の会社の表示は登記情報のデータをダウンロードし直したのでございます(←オンライン申請システムを使わない方には、ちょっと意味が分からないと思います(~_~;)。。。申し訳ないデス m(__)m )

そして、申請書類を提出した日(=登記申請日)の夕方。
法務局から電話がかかってきました (>_<)

 

「今回の申請書、全く内容が合わないんですけど。。。"(-""-)" 会社を間違ってません? 最新の登記事項証明書確認してますか??」。。。と。

「えっ? 間違ってないはずですよ!! 大体、この前使った申請書を再利用してるんですからっ!!」(←ちょ~強気 (^^;))
登記内容を確認せずに登記申請するわけないじゃないっ!!  何言ってるんだかさっぱり分からんっ"(-""-)"

「う~ん。。。でもね~。。。(~_~;)。。。。一つも内容が合わないんですよね。。。会社番号とかも合ってます?」

「合ってるにきまってるでしょ~!? 登記情報をダウンロードしてるんだからっ!!!。。。って。。。ん???? んんんっ???。。。あれっ??」

会社番号が。。。違う!?(>_<)。。。よね??

つまりですね。。。この会社は別の管轄から本店移転してきたので、会社法人等番号の先頭の4桁は旧本店所在地の登記所コードのハズなのです。
なのに、申請書は現管轄の登記所コードになってる。。。??
え??ど~して??

あぁ~~~っ!!!!!!

何とっ!!
登記情報の検索でヒットした会社のうち、同一商号で本店がちょっとだけ違う(一丁目と二丁目)別会社を選んじゃった。。。のでした (;一_一)
わぁぁぁ~っ!!!
わざわざ登記情報をダウンロードしたのに、それで間違えたんだ。。。。何てことだっっ!!! が~ん。。。。(;O;)

で、状況は分かったんですけどね。。。別会社の登記記録にロックがかかってしまっているんで、一旦取り下げをせよ。。。とのことで、取下げ、再申請いたしました。
添付書類は、取下げして戻ってきたモノを再申請した添付書類として添付しなおし。。。でございました。



まぁ、再申請の登記申請日は変わらなかったし、登録免許税も代理人に還付して貰えますので、会社サンに直接的なご迷惑はお掛けしていない。。。とは言えるかも知れませんが、ちょっと疑問だったのは、本当に取り下げないといけなかったのか?。。。というコト。

だって、もしこれ、紙申請だったら、単なる補正でしょ?
申請書の冒頭に書かれている本店と会社法人等番号が違うだけなんですよ??
そもそも登記記録にロックがかかっているのは、紙の場合だって同じなのでは???(◎_◎;)

添付書類は一切間違えていないんだし、申請書の末尾の申請人欄の記載は正しいのよ。。。?
むむむ。。。オンライン申請の場合は自動的にロックがかかり、紙申請の場合は法務局の職員さんがロックする。。。くらいの違いなんですが。。。(◎_◎;)
それなのか??

ちなみに、以前、手入力をした際に会社法人等番号だけを間違えたコトがございまして。。。(~_~;)
そのケースは、補正でやってもらえたんですよね。。。
え~っと。。。ものすごく怒られましたが。。。(*_*; 。。。またしても、スミマセン m(__)m

 

モチロン、間違えたワタシが悪いんで、今回の取り扱いについては仰る通りにしたワケだけど。。。しかしなぁぁ~。。。ホントに取下げしないといけなかったのかしら???

何だかね。。。もやぁぁ~っとして気持ちが悪いデス(-_-;)

それにしても、こんな近くに同一商号の会社があるなんて。。。え~ん (ノД`)・゜・。
反省しております m(__)m 今後は絶対に間違えませんっ m(__)m ごめんなさいっ m(__)m

。。。という、新年早々、本当にショッキングな出来事でございました。はぁぁ~。。。。
皆さま、お気を付けくださいマセ m(__)m

コメント   この記事についてブログを書く
« 支配人の選任 その6 | トップ | 取締役全員を代表取締役に選... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

商業登記」カテゴリの最新記事