司法書士のオシゴト

会社にかかわる登記を中心に素朴なギモンにお答えします♪ 

代表取締役の辞任 その1

2010年02月09日 | 役員
先日、役員の辞任届けのことを話題にいたしましたので、ちょっと関連したことをば。。。

代表取締役を兼ねている取締役が辞任する場合、取締役としては当然「辞任」ですが、代表取締役はどうでしょう?
バカなこと言ってらぁ~。。。と思われるかも知れませんね。
そりゃあ、もちろん、前提資格である取締役という地位を喪失したことによる「退任」です。

それはそうですが、会社によっては「取締役も代表取締役も辞任にしたい。」というご要望も結構あったりします。
代表取締役の地位についても辞職する意思を表示したことを明確にしたい。。。ということでしょうか?

そこで、代表取締役も辞任するには、「代表取締役および取締役を辞任します」という意思表示をしていただくワケです。理論的には代表取締役を先に辞め、次に取締役を辞めるという順番になれば、それもおかしくはないのだろうと思います。

結局のところ、代表取締役としての地位を「退任」するか「辞任」するかは、同時に起こることですから実質的には変わらないのでしょうが、登記の原因は異なってまいります。
ですから、形式的であるにしろ、一応、「代表取締役は辞任ですか?それとも退任ですか?」と、必ず確認するようにしています。

登記実務でも、そういう辞任届けであれば、代表取締役の登記原因は「辞任」で登記されます。辞任届けに記載される順番は特にこだわらなくても大丈夫だし(取締役が先に書いてあっても)、辞任届けを取締役と代表取締役別々に分ける必要もありません。

あまりこだわらない会社さんも、そう言われると悩んでしまう会社さんもありますが、訊いてみると、圧倒的に「代表取締役も辞任します!」といわれるケースが多いです。

「退任」という登記原因は、通常、任期満了の意味を指しますが、代表取締役の場合は任期がありませんので、取締役という資格を喪失したことによる退任の意味になります。それが何となくピンとこないからかもしれませんね。

では、取締役会を設置していない会社の代表取締役の場合でも、同じ結論になるんでしょうか?
細かいことですが、すこ~し考えてみたいと思います。
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 3ヶ月に1回の取締役会 | トップ | 代表取締役の辞任 その2 »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
取締役及び代表取締役の辞任 (カポタン)
2014-03-03 23:30:43
今日は銀治さんの命日との事。
徐々に記憶が薄れるでしょうが、今日ばかりは沢山思い出してあげてくださいね。
 
さて本題ですが、この度取締役及び代表取締役を辞任することになりました。
法務局で聞いても正直頭に???と並ぶばかりで、あれこれとネットで検索しているうちにこちらのサイトにたどり着いた次第でございます。 
 
お聞きしたいのはズバリ、辞任の際に法務局に提出する書類についてです。
あるサイトでは「辞任届だけ出せばよい」とありました。 
法務局等のサイトを見ると添付書類に「議事録」とあるのです。が、後任の代表取締役選任がどうとかという事ばかり書いてあり、肝心なことが載っていない。実に不親切。さすがお役所仕事…ここまで言うと言いすぎか?
 
当社の状況をお話しすると現在取締役は3人
代表である私が7割出資、あとの二人が1.5づつになっています。
1人は遠方に住んでいるため、何をするにしても委任状での対応になります。 
 
 

Unknown (charaneko)
2014-03-04 09:45:50
カポタンさん、コメントありがとうございました。
銀のこともお気遣いいただき、嬉しいです。

さて、お問い合わせの件ですが、前提として、貴社は取締役会を設置しているということでオハナシを進めさせていただきます。

取締役会設置会社の場合、取締役は3人以上必要になります。貴社は現在、取締役3人ということなので、カポタンさんが取締役を辞任する場合は、後任の取締役を株主総会で選任し、さらにその後、取締役会で後任の代表取締役を選定しませんと、実質的には辞任するコトができません。これ、一般的に権利義務取締役と言って、後任の取締役が就任するまでは従前どおり、取締役の職務を執行しなければならない、とされております。
辞任の登記の際は、添付書類は辞任届だけで良いのですが、取締役会設置会社であることは登記事項ですので、取締役の員数が3人未満となる辞任登記は後任の取締役と代表取締役の就任の登記と同時に申請致しませんと、受理されないのです。

そのため、後任者を選任した株主総会議事録や取締役会議事録も必要。。。ということになっております。

ちなみに、取締役会を設置していない場合は、会社法上、取締役は1人以上で足ります。ただし、定款で取締役の員数や、代表取締役の選定方法が規定されているでしょうから、どのように規定されているかによって結論は異なります。

例えば、単純にカポタンさんが辞任して、他の取締役に自動的に代表権が付与されるような定款規定なのであれば、添付書類はカポタンさんの辞任届だけで足りますが、改めて代表取締役を選定し直さなければならないような規定であれば、やっぱり、議事録は必要です。

いずれにしましても、前提条件によって添付書類は変わって参ります。
単に辞任と言っても、割と奥が深いのですよね。。。^_^;

。。。というワケで、少しは参考になりましたでしょうか?
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。 (カポタン)
2014-03-05 00:37:15
新保先生 丁寧に回答して頂きありがとうございました。
定款を見ないことにははっきりしたことが分からないのですよね。 
時間を作って早急に確認したいと思います。
 
とっても参考になりました。 
またわからないことがありましたら相談させてくださいませ。
Unknown (charaneko)
2014-03-05 10:56:06
カポタンさん、コメントありがとうございました。

取締役会設置会社かどうかは、登記事項証明書を見れば分かります。定款は、実のトコロ、最新の内容にバージョンアップされてないコトもあり、それだけでは分からない可能性もございます。

登記事項証明書と定款を持参して、法務局にもう一度相談に行かれると、具体的なコトが分かるんじゃないかと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
株式会社の解散 (カポタン)
2014-03-17 12:11:13
新保先生 いつもありがとうございます。
 
その後 法務局や社労士さん、法人を立ち上げた時にお世話になった司法書士さんに相談し、会社を解散する方向で話しを進めています。
 
その為には臨時取締役会を開き議事録を作り、法務局に会社解散の手続きをし、清算後再度登記をする…?
と言うような事を言われたと思います。
仮に他の取締役が欠席だとしても、出資総額の7割を私が所有しているので、私の一存で決められるのだとか。 
それにしても清算というのがなかなか厄介ですね…。
例えば、ここだけの話、会社の備品、商品をリサイクルショップなどに引き取ってもらい清算したとします。 
その商品を私が改めて購入するなんてことは可能なのでしょうか?
それとも、清算となると 私の意見を無視して全く関係のないところに引き取られたりするのでしょうか?

登記からわずか2ヶ月ちょっとの会社ですが、作るのと壊すのでは大変さが違います(;´・ω・)
手探りではありますが ちょっとづつ前進していきたいと思います。
 
これかもアドバイス頂けると嬉しく思います。
宜しくお願い致しますm(__)m
Unknown (charaneko)
2014-03-17 14:37:51
カポタンさん、コメントありがとうございました。
会社が解散されるとのコト、せっかく作ったのにもったいないような気がしますが。。。
とにかく、手続きは概ねご理解のとおりです。

会社の資産は、清算人が売却し現金化して株主サンに分配するのが一般的ですが、現金化せず現物のまま株主サンに分配することもできます。
ただし、株主サンが他にもいらっしゃるようなので、株主ごとに分配される財産が異なることになってしまいますから、その辺の調整は必要になると思います。1人株主の場合は、現物のまま分配するケースもありました。

もちろん、カポタンさんが会社から直接(時価で)資産を購入することもできますし、いったんどこかへ売った後、そこから購入することもできます。
(第三者を通すコトに、大きな意味はないような気がします。)

実施の際は税務のモンダイが絡みますから、税理士サンに相談されると良いと思います。
解散・清算はホント、大変です。
ありがとうございます。 (カポタン)
2014-03-17 18:10:00
新保先生 スピーディーな回答ありがとうございます。
 
現物分配できるんですね。知りませんでした。
 
清算人は取締役でよいとのことですが、これも一度登記しないといけないんでしょうか?
 
何するにしても登記と手数料の繰り返しで、なんとか一度にぱっと終わらせるなんて簡単な方法ないですかねぇ…。
 
無駄を省くには徹底した下準備と制度の理解が必要のようですね((+_+))
Unknown (charaneko)
2014-03-18 18:19:41
カポタンさん、コメントありがとうございました。

清算人は、解散の登記と一緒に申請します。そして、最後に清算結了の登記をします。
登記としては2回なので、そんなに面倒でもないような気がしますが、清算は結構面倒な手続きですし、時間もかかりますから、一度にパッと終わらせるのは難しいでしょうね。
役員報酬に関する議事録 (カポタン)
2014-04-20 13:33:13
新保先生 いつもありがとうございます。
 
今回の相談は、役員報酬の議事録についてです。
社会保険事務所より、社会保険脱退申請の書類として「解散登記の写し」と「役員報酬0円」の議事録が必要だと言われました。
解散登記は明日にでもするので提出可能ですが、役員報酬の議事録は改めて役員会を開く必要がありますよね?
この場合、開催するのは「取締役会」か「株主総会」のどちらでしょうか?
株主総会なら私に70%の議決権があるので話は早いのですが、役員会となると他の2人は出てこないので会そのものが成り立ちません。
困ったことに提出期限まであと1週間しかありません。
「株主総会」で片づけてしまっても大丈夫でしょうか?
Unknown (charaneko)
2014-04-21 12:00:42
カポタンさん、コメントありがとうございました。
ご質問の件ですが、う~んと。。。。スミマセン、前提が良く分からないので、何とも言えないデス(@_@;)

取締役会は設置されている(いた?)のか?
既に解散しているのか?
役員報酬って、どなたの分なのか?

具体的に社会保険事務所に確認なさった方がハナシが早いような気がしますが、いかがでしょう?

仮に、すでに解散していて、これから決議するというコトなのでしたら、「取締役会」はもう存在していませんし、取締役も退任してしまっていますんで、「清算人の決議(または決定)」というハナシになるような気がしますが。。。(~_~;)

お役に立てずにスミマセン。

コメントを投稿

役員」カテゴリの最新記事