司法書士のオシゴト

会社にかかわる登記を中心に素朴なギモンにお答えします♪ 

区制施行による支店所在地の変更登記(!?) その2

2019年10月08日 | いろいろ

おはようございます♪

今日のハナシは、またまた愚痴が入っておりマスが。。。えへっ(^^;)
愚痴がお嫌いな方は読み飛ばしてくださいまし!

え~。。。前回ご紹介した以前の記事を読んでいただくとお分かりかと思うのですが、区制施行後の住所というのは、自動的に職権で登記される場合もあるんですよね。

例えば、本店所在地が政令指定都市になったとしますと、それ、区制施行後の「●区」が職権で登記されます。
支店所在地で区制が施行された場合には、本店管轄で登記されている支店所在地の住所は変わらず、支店管轄で登記されいる支店所在地の住所は、職権で区制施行後の住所が登記される。。。ということなんです。

なんで取り扱いが違うのか??。。。ということですが、商業登記規則42条1項で「登記官は職権でその変更があったことを記録することができる」との規定が根拠になっていまして。。。。
地元?当該登記所の管轄地?の場合には、もちろん、区制施行の事実は分かりすぎるくらいに分かってますし、もちろん、正式な表記に変更するのが好ましいワケだから、職権登記をするのでしょう。
しかし、その取扱いを全国どこでもやらないといけない。。。ってことになると、法務局の負担が大きい(昔はコンピュータじゃなかったしね)ので、それ以外の地に関しては「申し出があれば職権で登記する」。。。つまり「職権で登記できる」とされたのではないかな??と思います。

ただ、「登記されているハズ」でも、現物を確認しないとね!!。。。と思い、支店登記の登記情報を取得してみましたら、ちゃ~んと登記されておりました。

つまり、現在、本店管轄における支店の住所は「●県●市××●番地」、支店管轄における支店の住所は「●県●市●区××●番地」となっていて、本店管轄と支店管轄では支店住所の表示が一致していないってことです。

 

で、余談なんですけども(^^;)
例えば、商号変更によって、支店登記も行わないといけない。。。という場合、支店の住所ってどっちを書けば良いのでしょうかね???(◎_◎;)

本支店一括申請だったら前者、支店単独で申請するなら後者なんだろうか??? 読み替えってことは、どっちでも良いのか???
この会社では、そういう申請がなかったので、今回ふとギモンに思いました。

 

え~。。。話は戻りまして。。。(^^;)

今回の支店所在地の変更登記ね。。。これ、本当のコトを言うと「変更登記」ではありません (◎_◎;)
じゃあ、何なのか???。。。というと、前述の「職権登記(商業登記規則42条1項)の申出」というモノなんです。
(なので、お題に「!?」が付いてるのです(#^.^#))

つまりね、そのまんまでも読み替えられるんだけど、それだとキモチが悪いんで正式な表記に登記し直したい。。。という場合には、「申出によって、職権登記をしてもらう」ことができる。。。ワケです!(^^)!
ということなんですが、その方法としては「変更登記に準じる」ことになっております。

法務省HP http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/content/000131025.pdf

 

さて、これを踏まえまして。。。(~_~;)。。。今回の登記の添付書面としては何だと思いますか?
(あ、委任状は必要ですよ。)
ま、一般的には「区制施行の証明書」ってことになるのでしょうケドもね。。。
だけども、「職権登記の申出」ですからね、「登記申請と同じじゃない」でしょ? だったら、正式な証明書は必須じゃないハズなんですよ。
本来の変更登記だったら非課税証明が必要になりますが、「変更登記に準じる」だけで変更登記じゃないですからね。
添付書類も「これ!」って決まっているわけじゃなくて、「それらしければ良い(←準じる)」のだと思っておりますが(~_~;)。。。どうでしょう?


しかも、今回は支店管轄ですでに登記されているんだから、支店の登記情報とか、支店の管理番号などを提供することによって、市役所(又は区役所)で証明書を取得しなくても良いんじゃないかな?と思ったのです。

支店が職権で登記しているなら、同じように登記すれば良いだけのハナシじゃないの??
それを信じないってことはないでしょう!??

区制施行の証明書は、確かタダですけどね、取りに行く手間だってあるしね~。。。(^^;)

というワケで、管轄法務局に聞いてみたのですよ。

そうしたらね!!!
「相談票を出せ」って言うんですよ!

そんなの、協議するような話なんでしょうか?
相談の記録とか要ります???

そこまでしたら、結局、普通に証明書を取ってきてもらった方が安上がりになっちゃいますからね~。。。(-"-)
もう相談するのはやめました。

個人的には、明確に証明できれば良いハズじゃないかと思うんですよね。
大体、「公知の事実」だから読替えられるんでしょ?
とはいっても、突然申請されたって、全国すべての内容が即座に分かるワケじゃないので、何等かの書面を添付する必要があるってことは分かるんですよ。
だったら、変更年月日と内容が分かれば良いんじゃないでしょうか?

とは思いましたが、まぁ、わざわざ試すというほどのコトもないんで、今回は無難に証明書を取ってきていただくことにしました。

「準じる」ってトコロがミソでしょうか?

やっぱり、支店の登記情報でやってみればよかったかなぁ~。。。今更ちょっと後悔しております。。。(-_-;) 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 区制施行による支店所在地の... | トップ | 株主リストに記載する株主の... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
官報の謄本とかでもいいようですよ。 (みうら)
2019-10-09 19:28:33
はい。

コメントを投稿

いろいろ」カテゴリの最新記事