グレーな日々

発達障害グレーの息子、自閉スペクトラムの娘の成長、療育等を綴っています

2017年10月1日 自閉症アバター

2017-10-01 19:57:34 | 発達障害全般
先週、EテレのハートネットTVで

「自閉症アバターの世界」という
特集をやっていて録画してみました


パソコンからアクセスできる

「セカンドライフ」という
仮想世界があり

そこで自分の分身(アバター)が
好きなことをする


その中に自閉症のメンバーが集う
コミュニティーがあり

そのコミュ二ティーに集うメンバー
が、実際の現実世界でどう生活を
しているのか

それを探るという内容で

とても興味深いものがありました



〈これは私の所感です〉

自閉症みんながそうとは言えませんが

セカンドライフに集う自閉症者は

日常生活の中ではコミュニケーション
が困難なのに、チャットではスムーズ
なコミュニケーションがとれている

これはどういうことかを考えてみた


これは多分、日常の中ではいろんな
刺激があってパニックになったり

会話をすぐに理解することが
難しいからだと思う


チャットなら、言葉が「視覚化」
されるから理解しやすい

自分の言葉も文字で「視覚化」
されるから、何を伝えたら良いかを

頭の中で上手に整理できるのかも


自閉症の人は「視覚化」すると
理解しやすいとはこういうこと
なのかな?と思う


口で~しなさいと伝えるより

文字や絵などで伝えた方が理解
しやすいと言われるのは

そういう脳の回路のせいなのかも
しれませんね


とにかく

とても興味深い内容でした


マイの脳の中は一体どうなって
いるのか?

どう感じているのか?

いつも疑問に感じていましたが
すこーしだけ分かった気がします


コミュニケーション(会話)って
本当に難しいですよね(^^;)


相手の言葉を聞いて理解し

相手の表情を読んで

その上で

自分がどう言葉を発するかを
考えて言葉にする


それを一瞬で処理していかないと
いけないのだもの


普通の人でも大変なのに

複数のことを処理するのが
苦手な自閉症者には難しいですよね


分かっていたようで、そこまでの
苦労を分かってあげていなかったな


自分なりに、発達障害について
もう少し勉強しないとな

というより

いろいろ知りたいなと思います
コメント