engram 記憶の痕跡

日本の正しいお辞儀 反日左翼や似非日本人の撲滅 間接侵略の手先マスごみ糾弾

安倍叩き(健康面を腐す)後ろから撃つ卑怯者

2012-10-01 | no more 侮日(ぶにち)
__________________________________
【社会】「また病気が再発してもおかしくない」と
     安倍新総裁の難病完治報告に首をかしげる
     世田谷井上病院の井上毅一理事長★2
1 :春デブリφ ★:2012/10/01(月) 01:08:45.82 ID:???0
★安倍新総裁ストレスで「再発」の恐れ

 やっぱりおナカが痛くなる――。26日に行われた自民党総裁選で決選投票の末、石破茂前政調会長(55)を破り、総裁へ返り咲いた安倍晋三元首相(58)の重大不安が判明した。事実上、次期
首相の座を射止めたとみられているが、政権奪還の雲行きが不透明なうえ、6年前に政権を放り投げる原因となった難病も完治していなかった。おまけに党内からは三原じゅん子参院議員(48)が、公然と不満を爆発させるなど、とても喜んでいられる状況ではなかった。
「最近の安倍氏の顔色は確かに良いですが、これが総裁、首相の激務に再び臨むようであれば、また病気が再発してもおかしくない」と不安を指摘するのは、都内の世田谷井上病院の井上毅一理事長だ。
 総裁選に再登板した安倍氏のネックは、1年で辞任に追い込まれた潰瘍性大腸炎だった。難病で、腸内の粘膜にびらんや潰瘍ができることで、腹痛や下痢、食欲不振などを招く。政権末期には「1日に20~30回トイレに行く時もあった」(安倍氏)というほど悪化し
ていた。だが、2年前に発売されたメサラジンを成分とする特効薬「アサコール」の服用が功を奏し、安倍氏は「すっかり健康で回復した」と問題なしをアピールしていた。だが、この完治報告に井上氏が首をかしげる。
「潰瘍性大腸炎は、原因がストレス性なのか免疫異常によるものなのかハッキリしていない。安倍さんは首相を辞められてからはストレスがかかった生活をしていないが、今後はそうはいかないでしょう。一番の気がかりは、“次は、もう辞めるワケにはいかない”という
のが最大のプレッシャーになること」
 また副作用も懸念され「薬を使っても絶対とはいえないし、副作用で貧血や心臓への負担も出てくる」(同)という。要するに、今は症状が出ていなくても体調や環境次第では「ぶり返し」や副作用によるほかの臓器へのダメージが懸念される、決して逃れられない十字
架というワケだ。
(続く)
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/44158/
※前:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349012003/

2 :春デブリφ ★:2012/10/01(月) 01:09:27.23 ID:???0
(>>1の続き)
 懸案事項も山積みだ。野田佳彦首相(55)は「近いうちに解散」を約束しながら、すっトボケたまま10月にも内閣改造に踏み切り、次々と先延ばし戦法を
繰り出してくることは明白だ。
 また党内も一枚岩ではない。この日の総裁選決選投票で敗れた石破氏を陰で支え続けてきた三原氏は、本紙の直撃に「悔しいけれど自民党は変われなかった。民
意を裏切った!!」とブチ切れた。
 党役員人事について安倍氏は石破氏を主要ポストで起用する意向を示した。その背景には次の衆院選に向けて党員・党友が辞めていくことを阻止する狙いがある。
「安倍さんに総裁が決まった時点で、地方の県議の人が辞めるって言ってきています。党員の声が全く反映されない総裁選になってしまい、県議の人たちもこれじゃ
支援者に説明できません。決選投票という方式自体がおかしい。次の解散総選挙で自民党が第1党になると言われていますが、そんなに甘くないと思っています。総
裁選の結果がこれじゃ…苦戦するでしょう」と三原氏。
 次なる総選挙を戦う前に、自民党内がバラバラになるなら、安倍氏のストレスは青天井だ。
 一方、安倍氏の応援団を自負する山本一太参院議員(54)は「この厳しい総裁選の全国遊説をこなしましたし、総裁、首相が大変なのは健康体の人がなっても同じ。
過去の失敗を生かして、きちんと健康管理をしてもらえれば、ほとんど心配ないと思う」と話したが、不安をぬぐい切れないのは事実。

 安倍新総裁は、いくつもの爆弾を抱えたままの再出航となる。
(以上)
__________________________________

【政治】毎日放送ラジオで近藤光史
「下痢野郎!体の弱いヤツが総理なんて!自民党は私にとって最大の敵!」★3


1 :再チャレンジホテルφ ★:2012/09/30(日) 22:47:47.59 ID:???0
(抜粋)
安倍さんが当選して、また、体の弱い総理大臣が生まれるということですよ!
どこの国でもそうですが、「体弱いねんけど大丈夫」「お薬あるから大丈夫」そんなリーダーをいただく国は無いのだ!
なんぼ演説が上手くても、安倍さんが内閣の時に、さすが安倍さん!ということをやったかというと、そんなことはなかったんです!
なにをしてんねん!安倍は!だらしない!安倍はホンマに!とまで言われている時に、「おなか痛いからやめー」と言って辞めたんですよ!
なんぼ新薬が出てきても、キャラクターまでは変わらんだろう!
自民党というところも腰抜けの政党ですよ!
長老というのもクソの役にも立たない奴らばっかり!
おのれらの足の引っ張り合いばっかりで終わってしまう
国民のことなんかこれっぽっちも考えない
ぐうたら、ていたらく
勝ち馬に乗るっていうのは汚いやり方でね。尻馬に乗るって
こんなもん競馬でやったら八百長ですよ
演説の内容じゃないんですよ
私利私欲で投票
ばかやろう投票
腰抜けばっかり
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18981562
http://www.youtube.com/watch?v=qYT6pIRNJOo

前スレ(★1:2012/09/30(日) 20:54:39.89)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349009429/

コメント   この記事についてブログを書く
« 安倍総裁>改憲を次期衆院選... | トップ | いじめ撲滅に向け「子どもの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

no more 侮日(ぶにち)」カテゴリの最新記事