山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

来春へ向けて

2008年11月28日 | 家族
我が家のチビスケ、もとい次男坊も来春は晴れて<中学生>の予定?
まあ、中学校は義務教育ですから<?>マークはちょっと失礼!
中学校進学となれば、本人にとってこれまで経験の無かったことがいろいろと・・・
そんななかで、今日は<制服>の試着!

本人の感想は「ちょっと大きかったけど、うれしかった!」とのこと

制服の新調に大きなサイズを見立てるのは
<大きくなるんだよ>という願い?・・・それとも<3年間、使えるように>という希望?
まあ、どちらも切ない<親心>なのでしょう!
小学校入学時には<ランドセルが歩いている>という感じだったわが子
今度は<制服が歩いている>・・・なんて、迎える春が楽しみ (^^)




コメント

パソコンって?

2008年11月27日 | 仕事
今日は、仕事あいまの息抜きに見つけた記事から・・・軽めの話題で
パソコンって男なの?女なの?

仕事で毎日使っている<パソコン>って、男性?女性?どちらでしょう

設計業務では今や、必要不可欠ともいえる<CAD>は
<Computuer Aided Design> コンピューター支援設計・・・とのこと
支援して頂いているとすれば、私にとっては<女性>と考えたいところでしょうか?

ときどき、機嫌が悪くなったりする、気まぐれなところがあったりして
・・・やっぱり<女性>ということで (^^;


コメント

国道293号線 南進

2008年11月26日 | 仕事
打合せ、現地調査のため国道293号線を南進、目的地は<葛生町>
現在は、佐野市と合併したため旧葛生町と呼ぶべきなのかもしれませんが
待ち合わせの時間より若干早めに到着したため、しばし散策!

葛生町は嘗て<石灰>の町として栄え、現在でも大手石灰会社が工場を構えている町


街の中心部にあたる国道293号線沿いのポケットパーク<旧葛生町役場となり>
イチョウの<小金色>綺麗だったので・・・


葛生伝承館>は建築家 芦原太郎氏の設計
屋根を浮かせ表現した軒のラインがきれいです

当ブログ始まって以来、一日に2度の更新!・・・書ける時に書いておかなくちゃ・・・(^^)v




コメント

冬の歳時記<ゆず>

2008年11月26日 | 家族
毎年、今ごろの時期に我が家には<ゆず>が届く

友人のO氏の地元である上河内羽黒山神社で行われる<梵天祭>の時期にあわせて頂いています
『今年も持ってきたよ!』と昨夜頂いた<ゆず>
いつのまにか、我が家の歳時記になってしまったようで
妻と二人で、<今年も頂けるのかな・・・?>なんて話をしていたところでした

・・・<思い>は届くものなんですね・・・(^^)


頂いた<ゆず> さっそく深夜の撮影会・・・PENTAX Optio S40 適宜レタッチ

今夜は、さっそく<ゆず湯>で・・・香りを楽しみたいと思います・・・(^^)v
暖まりますよ!ぜひお試しを・・・
ただし、<ゆず>の入れすぎ、肌の弱い方は、<ヒリヒリ>しますので、ご注意を!

コメント

<夢だったんです!>

2008年11月24日 | 山喜
3連休の中日の昨日、しばらくぶりに訪れた<板室> 目的は<ONSENRYOKAN 山喜>へのご案内
ご一緒した方への案内役は、私でなくて山口さん!
出会いのきっかけから、設計依頼の経緯、打合せの状況、もちろん旅館の案内まで、設計者以上の的確なご案内ぶり
忙しい時間を割いてのご協力に感謝!感謝!(^^)


板室は、晩秋から初冬へ・・・

山口さんから見せていただいた雑誌<月刊ホテル旅館2008年12月号
あまり聞きなれない雑誌ですが、ホテル、旅館業関係者向けの雑誌、いわゆる業界誌
その業界誌の《特集》ホテル・旅館の建築デザインというテーマに<ONSENRYOKAN 山喜>がとりあげられたとのこと
山口さん曰く
<この雑誌に掲載されるような旅館をつくることが夢だったんです。テレビの取材よりも嬉しいです>
そんな山口さんの笑顔にしばらくぶりに出会えた、初冬の板室でした




コメント