山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

ふたつの現場 その4

2014年12月02日 | 仕事

12月に入って冷たい雨に打たれて、すっかり冬模様となった宇都宮界隈。写真は蔵出し『イロハモミジ』GRデジタルⅢ トリミング。

と云う訳で蔵出しの紅葉の写真から始まる<ふたつの現場>シリーズ、回を重ねて4回目の始まり。

<小田林のすまい>では壁紙張りなどの仕上げ工事も完了して、木製建具工事、吊り込んだ建具の塗装工事真っ最中。
週末には、畳の搬入、床の養生シートをはがしてクリーニングの予定。外部では排水管の敷設工事、外構工事が始まっています。


建具の吊り込み、照明器具の取付も終わって、工程は最終コーナーを回ったあたり、完成時の雰囲気が出てきました。・・・と云った感です。


一方<停車場線のすまい>では明日の指定確認検査機関の完了検査を前にして、先週の内に床の養生が取り払われ美装、床周りの塗装工事が行われました。

玄関ホールに取り付けられた<鹿沼組子> 取り付け位置を散々迷いましたが付いてみると、なかなか!


玄関ポーチ うちの事務所ではすっかりおなじみ?となった『縁甲板フラッシュドア』ですが、今回はピーラー(米松)の縁甲板を使いました。
軒天の杉羽目板張り、梁の代りとなったスチールフラットバーで切られていますが羽目板の木目にご注目←見る人が見るとわかるんです。(^^)v
と云う訳で、見どころ満載の完成直前見学会です。実際にご体感頂きますように、皆様のお越しをお待ちしております。

コメント   この記事についてブログを書く
« 7年 | トップ | <停車場線のすまい>完成直... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事」カテゴリの最新記事