山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
・・・・・・・ちょっとひと休みしていきませんか?

配筋検査は晴天!

2021年06月19日 | 仕事
現場での打合せと云うと雨模様になってしまう現在進行中の現場。でも昨日の配筋検査は晴天!・・・もしかして雨男じゃないかなぁ?と・・・(^^;)

この現場では建物の規模、用途、形状などの条件から基礎底版の配筋オーダーはD13(異形鉄筋、太さ13㎜)をタテヨコ共に100㎜ピッチで配置。
整然と細かく組み立てられて鉄筋は、さながら「餅焼き網」のようです。(^^  写真はGRⅢ ノートリミング

以前にも書きましたが、検査のポイントとして・・・配筋の詳細を確認することは当然なんですが、全体を眺めてみて綺麗に見えるかどうか・・・
鉄筋がキチンと組まれていれば美しく見えますから、まず直感的に全体を眺めて見ることも重要ポイントです。

鉄筋組立に欠かせないハッカー(結束線を締め付ける道具)も今は電動式になっています。写真はGRⅢ ノートリミング カメラ内現像(露出補正)

配筋検査は大きな指摘事項もなく無事合格!週明けにはアンカーボルトを据付けて、いよいよ底版のコンクリート打設へと
天候に恵まれますように・・・(^^)v


-山形建築研究所-ウエブサイト

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 楽より楽しみ | トップ | 雲の隙間から »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿