山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
・・・・・・・ちょっとひと休みしていきませんか?

杉羽目板

2020年03月18日 | 豊郷台のすまい
穏やかな春の日となった昨日、午後から<豊郷台のすまい>の現場へ・・・

現場では外壁の杉の羽目板張りが進んでいます。昨日の時点で『一枚目』がほぼ張り終えるかなぁと云ったところ。

羽目板の張り方は竪張り・・・板巾120mmの杉板です。

本実(ほんざね)加工であれば既製品があるのですが今回は実(さね)加工無しの別注品です。
羽目板の間隔は2~3mmのすき間をあけてあります・・・エッ、これじゃぁ?
ご安心ください!・・・この後すき間をあけたところに押縁(おしぶち)と呼ばれる杉板をもう一度張ります。
『一枚目』と書いた理由はそれです。まあ、外壁材を2回張る?といった感です。(^^
塗装も一枚目を張って一度全面を塗装し、押縁を張ってからもう一度と云うように、大工職、塗装職も
2回分の工事をしてもらっています。

足場やシートが撤去され外観の全貌がその姿を現すのが今から楽しみな<豊郷台のすまい>です。

-山形建築研究所-ウエブサイト
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 59 | トップ | 開花 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿