山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

変わってゆくすまい

2015年02月22日 | 鶴田の家
昨日は<鶴田の家>Sさんのすまいへと・・・『子供の成長にあわせ相談したいことがあるので』
以前当ブログでも紹介させていただいた《すまいの教科書》で、

ワンルームだった家族のためのプライベートな部分を、お子さんの成長に合わせて<ちょっとだけ区切りたい>と・・・
実は、この<ちょっとだけ>というのが、とても重要なことで、もしも<住まいの教科書>なるものがあるならば、
『住まいは<ワンルーム>が理想的・・・』と、最初のページに書かれてあるようなことだと思うわけで。
きっちりと区切る時期が来たら、子供たちと話し合って決めていきます。その時は、またご相談を・・・


前回は小学校へ入学、そして今回はそろそろ中学校へ・・・ということです。


しばらくぶりにお邪魔してみると、竣工当時には想像もしていなかったくらい『いい色』に変わっていたラワン合板の天井、針葉樹合板の壁。 以下2点ともGRデジタルⅢ 適宜トリミング。
『ああ、当時はこんなふうに納めていたんだ』と、懐かしい感も。(^^)


前回、『ちょっとだけ仕切って・・・』と主寝室と子供室の間に設けられた書棚から、さらにもう少し仕切って、というように、少しづつ変えていくようです。
『あんまりきっちりと仕切りたくないんですよね・・・』と親と子供との関係はそれぞれの家族によって様々・・・
それは親子の関係だけでなく家族の暮らし方も時間の経過とともに少しづつ変わってゆくようです。
部屋に名前をつけて名前の通りに使おうとしてしまうと、家の形に家族の暮らしを合わせなければならなくなってしまうと・・・改めて感じました。

すまい考えるときは間取りを考えることになります。
間取りの「間」とは居間、茶の間、寝間などというときの「間」のこと。間取りを描くということは部屋の取り方をあれこれ考えて配置することなのです。

5年後の暮らしは
それでは、本当に欲しい間取りを手に入れるためにはどうしたら良いのでしょうか?
それは、「私たち家族はこんな暮らしをしてみたいな」というイメージをしっかりと固めることです。
「こんな暮らしをしたい」とイメージを固めるためには、近い将来、私たち家族の暮らしはどうなっているかな、などとある程度の予測を立ててみることが必要になります。
近い将来ってどれくらい先のこと?先のことなんてわからないよ・・・ケ・セラ・セラ・・・なんて言わずに
とりあえず5年後、さらに5年後・・・といった具合に。たとえば子供の成長を例に考えてみると変化の具合がわかりやすくなります
5年たつと、生まれたばかりの子供がもう幼稚園児、まだまだ小学生と思っていたらもう中学生。
それからは高校生、大学生と短い時間の周期でめまぐるしく状況が変化していきます。
この変化にともなって暮らしも、なんらかの影響を受けて変わらざるを得なくなるということは簡単に想像出来ますよね。

具体的には、子供の成長に備えて子供室という個室を用意しておくとか、将来、子供室を間仕切れるように見込んでおくとか・・・
ちょっと乱暴かも知れませんが、どうせ先のことなんかわからないんだからと、無理に部屋に名前を付けずに家のなか全体がどんな使われ方にでも対応できるような・・・なんて方法もあるようです。


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 東原のすまい 完成見学会 | トップ | 最後の一皿 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
でも ケセラセラ(^-^; (jkoma1)
2015-03-03 15:08:27
こんにちは!
私 わりと考慮する方ながら
ケセラセラ … (*_*;
高窓 どんどん設計ください!
格安でお掃除します(勿非押売)
近いうち 遊んでください (^^ゞ
Suji Quatro で
テンション高です …
ポスター下さい (^-^;
いい 夕刻を (^-^)

コメントを投稿

鶴田の家」カテゴリの最新記事