山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

5年目

2019年06月13日 | 東原のすまい
約一年ぶりに<東原のすまい>へ・・・とはいっても、決しておめでたい訪問(?)ではなく、雨漏りへの対処のために、だったのでした。

<東原のすまい>階段ホール 壁、天井共にローラー塗の漆喰<フェザーフィール>仕上。 GR DIGITAL Ⅳ ノートリミング。
天井部分に見えるスリットは、天井裏に仕込んだ送風機のための吸い込み口。この循環システムで四季を通じて快適に過ごされているとのこと。
『なかなか掃除が行届かなくって・・・』とおっしゃるすまい手Tさんですが、5年目を迎えたとは思えない様子には頭が下がる思いです。

で、ここからが本題。
一緒に行った施工工務店の担当大工職と共にすまい手Tさんからお話しをお聞きして・・・
どうやらモルタル塗りの外壁と屋根水切り板金の取り合いが怪しい、と推測。
外壁部分にカッターを入れ、水切り板金を確認して、どこで漏っているのか見極め、適切に補修する運びとなったのでした。

と、まあ、こういったネガティブな話題までブログに書く設計事務所や工務店は少ないのではないかと思います。
原因は何にせよ、当たり前の如く漏れてはいけないわけで、そうならないよう設計段階ではディテールや素材・工法を詰め
工事にあったっては職人さんたちの経験則も活かしながら細心の注意を持って施工するわけですが
住まい手の方々には申し訳なくも、それでも完璧に施工できていなかった、という事態が生じる場合もあります。
ただ、そんな時は可能な限り迅速に対処し、住まい手の方々が抱くストレスを一刻も早く取り除く事が大切だと思います。
おごっているとお叱りを受けるかもしれませんが、それが新たな信頼といったものにもつながって行くのでは、と思ったりもするのです。
もっとも、時に雨漏りの原因が特定できない場合があり、その時は大変なのですが・・・。


カラッと晴れた梅雨の合間、久しぶりの見上げ写真で・・・(^^)v GR DIGITAL Ⅳ


-山形建築研究所-ウエブサイト
コメント   この記事についてブログを書く
« 太陽活動 | トップ | しっとり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東原のすまい」カテゴリの最新記事