山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
・・・・・・・ちょっとひと休みしていきませんか?

五段回りの一坪階段

2015年01月13日 | 東原のすまい
<東原のすまい>では階段の造作が完了しました。
今回、階段は一坪(1,820×1,820)の回り階段です。体の向きを変えながら上り降りするので180度回るところが重要な部分です。



回りながら歩くリズムが直線部分と変わらないリズムで「トントン…」とスムーズに違和感なく回っていけるようにするのが理想的です。
人は階段を昇り降りする時に、中心から30cm位のところを歩くようです。なので、ここの寸法を直線部分に合わせるとリズムが狂いません。
180度回るところを5段で割り付けるとちょうど良い寸法になります。6段ではちょっと狭く感じるようです。
ゆとりをみて4段で割り付けると歩幅が広くなってリズムが狂ってしまうようです。



この5段回りの階段は段板とケコミ位置が違うために割り付けがちょっと難しいようで・・・大工職には苦労をさせてしまいました。
そして今回は中心の柱を70mm角としましたが、もう少し寸法を小さくできるようです。

実際に昇り降りしてみると歩幅のリズムが一定で心地よく昇り降り出来ました。
うちの事務所のスタンダードにと・・・五段回りの一坪階段。(^^
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 春の七草 | トップ | 重要事項説明 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿