山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

洗い出し

2016年06月21日 | 南宇都宮のすまい
今日の<南宇都宮のすまい>は左官職による玄関土間洗い出し仕上。以下写真はすべてGR DIGITAL Ⅳ

大磯種石を練り合わせたモルタルを塗り、頃合いを見はからって表面のモルタルを洗い出して仕上げます。均質な工業製品にはない自然な風合いが魅力。
混入する種石の大きさや種類によって多彩なテクスチュアを得ることができ、プリミティブな質感と肌合いになります。

洗い出しに使う種石の砂利は、粒径(砂利の大きさ)や種類(色や形)によって様々です。

大磯の他にも種石には南部、金華(茶系)、桃山、錆御影(赤系)、那智(黒系)等などがありますが・・・
今回は、チョイシブ!落ち着いた風合いを狙って「大磯(おおいそ)砂利」を選び、粒径は2分砂利(6~7mm程度)大きすぎず小さすぎずのちょうど良い大きさ。











・・・そして、ここからはオマケ! この現場のすぐそばにも美味しい蕎麦屋を見つけたので・・・

少し太めの1分弱(2~3㎜)、少しザラついた舌ざわりは均質な工業製品にはない自然な風合いで←あっ、どこかで聞いたような。(^^;

・・・そして、さらにおまけ!! 

蕎麦の向こう側に写っているのは<野菜天> インゲン(緑系)、サツマイモ(茶系)、ニンジン(赤系)・・・さすがに黒系はありませんが。(^^;
オマケのおまけなので写真は小さめで。(-_-;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 建て込み | トップ | ほぼでき! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

南宇都宮のすまい」カテゴリの最新記事