山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

開口部の役割って・・・?

2010年01月29日 | オープンオフィス
しばらくご無沙汰していた<オープンオフィス>ですが、思い出したように・・・
数回に分けて、開口部に関するテーマで。

開口部は、居住快適性と省エネルギー性の両立を図るうえで最も弱点となりやすい個所。
冬期にはダウンドラフト、結露、隙間風など、夏期には日射熱の侵入が典型的な例といえる。

その一方で、開口部には他の部位にはない特性がある。
直接温熱環境に関わるものだけでも、冬期の日射熱の取り込み、夏期の通風や夜間放射による冷却効果などが挙げられる。

住宅の熱損失量は、夏・冬ともに開口部が圧倒的に大きい。
このため、夏は日射を遮り、冬は室内の熱を外へ逃がさない開口部を選ぶことが、住宅全体の省エネに大きく寄与する。

開口部に求められる役割や性能は、
①断熱性能 ②日射遮蔽性能 ③通風 ④日射導入などがあげられる。
なかでも、断熱性能と日射遮蔽性能は、開口部が担うべき重要な役割といえる。

①の窓の断熱性は、サッシュの材質とガラスの特性に大きく依存している。

まず、サッシュの種類と特徴について、
サッシュに用いる材質としてはアルミ製、樹脂製、木製の3種類が一般的。
ただし、枠や戸の框部分の防露性を考慮すると、熱伝導率が大きいアルミ製には難がある。
最近になって「アルミ熱遮断構造」「アルミ・樹脂複合構造」といった、
ハイブリッド材質のものが加わり、製品のラインナップが一気に多様化してきている。
これらはいずれも屋外側に耐久性、耐候性や清掃性に利点をもつアルミを用い、室内側に熱伝導率が小さく、
断熱・防露性に優れる樹脂や木を併用することによって、それぞれの利点を併せもっている。

次に、ガラスについて、
ガラスの部分に断熱性をもたせるには、二重に配置して中空層を設けることによる。
さらに断熱性を高める方法としては、
①中空層の幅を広げる。
②中空層の数を増やす(3重ガラスにして中空層2層) 
③中空層に面するガラス面に低放射コートを施す(いわいるLow-E、ロウイー)
④中空層にアルゴンなどの不活性ガスを置換・充填する、などの方法がある。
北海道や東北北部などの寒冷地では、樹脂サッシュと③または④の併用ガラスの組合せが、
本州中部以南では、ハイブリッド材質製サッシュと①のガラスの組合せが主流となりつつある。

次回は、②の開口部の日射遮蔽について、お楽しみに!


コメント