山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
ちょっとひと休みしていきませんか? 勝手口からどうぞ・・・

山形建築研究所-BLOG-休憩室へようこそ!

山形建築研究所-BLOG-休憩室にお越しいただきありがとうございます。 私たちは、首都圏北部の中核と言われる宇都宮市に事務所を置き、栃木県全域をはじめ、関東近県を設計業務範囲の核として、住宅設計を主として行っている建築設計事務所です。 このブログは山形建築研究所の休憩室です。 イベント情報や現在進行中の建築現場のレポートをはじめ、住まい、建築にまつわる諸々の話、事務所や我が家での出来事等、日々感じた事などを趣味の写真を交えながら気の向くまま、勝手気ままに綴っていきます。 よろしくお付き合い下さい。

もみじ?カエデ?

2008年10月17日 | 我が街
秋の気配を感じる・・・といえば<紅葉>
事務所の窓から見える樹木・・・もみじ?カエデ?・・・どっち
という話をしていると・・・<もみじ>という種類の木は無いんだよ!・・・
エッ!ということで、さっそく調べてみることに

  もみじの語源は秋に葉が色づき、変わっていく様子を<紅葉づ(もみづ)>
  といった動詞から転じた事が由来している
  赤ちゃんの手のようなイロハモミジ葉を代表して<もみじ>と呼ばれるようになり
  カエデは<蛙手(かえるて)>から転じたものといわれ
  切れ込みの浅い葉を<カエデ>と呼ぶようになったといわれている
  このような区別は園芸上のことで、植物学的には<もみじ>も<カエデ>も
  カエデと言い、どちらも分類上はカエデ科のカエデ属の植物という事
  もみじという科や属は無い・・・

やっぱり、<もみじ>という種類の木は無いんだ!



事務所の窓から見える樹は・・・カエデ!

でも、赤や黄色に色づいた赤ちゃんの手のような葉は<紅葉・もみじ>と呼びたいですね
なんとなく、日本的な風情があるように思います

コメント